いしだ壱成 もPTSD世代間負の連鎖性「うつ病」治療中

3才の時に両親が離婚してからは

母親との2人暮らしで

 

16才で父親と再会し

芸能界入りしますが

父親の所属事務所の経営は火の車で

売れっ子だった壱成の稼ぎはすべて借金返済へ

億単位なので

裏切られたというショックから

PTSD発症

薬物所持で逮捕されました。

親子関係のわだかまりをそのままに

自己実現様の見かけをつくると

無意識は黙っていない💡

 

「ぼくはうつ病になって治療中で

表に立つような活動から距離を置いているんです」とのことですが

これは

明らかにPTSDですね。

 

家族に依存されるのは

中森明菜タイプかも。

 

「中森明菜自殺会...」の画像検索結果「中森明菜自殺会...」の画像検索結果

家族や恋人にたかられたあと

体調不良が何十年も続く。

 

2 thoughts on “いしだ壱成 もPTSD世代間負の連鎖性「うつ病」治療中

  1. ドラゴン🐲

    こんにちは

    パワーゲームの真っ最中はPerpetratorsの悪が見えて来ないですから、PV関係に気がついた時のショックは計り知れないものがありますよね

    その感情をどうやって処理すればいいか….
    良いセラピストに巡り会えると良いですね

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      これも前記事と同じで、時間が経つと、こういうことだったのかと腑に落ちます(^_-)-☆

      結婚され、お子さんが産まれてて東北あたりで普通の生活をされているようです。
      父親とは違う次元で、親子関係を越えようとしているのが治療的かなとは思います。
      なかなか理想的なセラピストには巡り会えないし、そもそも世間でそういう発想がないのは残念ですが、こういうかたちで治るなら、それが理想だとも思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です