西日本豪雨でPTSD発症し克服後に臨床心理士目指す高校生の次なる試練

西日本豪雨から

半年が経ち

 

愛媛県大洲市で

川の氾濫を目の当たりにして

心的外傷後ストレス障害(PTSD)となった

高校生(16)は

 

バレーボール部に復帰し

臨床心理士になる

新しい目標もできたそうです。

 

 豪雨でPTSDとは珍しいタイトルですが

正しいです。

「PTSD予防」の画像検索結果

 

PTSD克服の過程で

心理職を目指そうと思うのは

自然なことですが

 

現実問題として

こういう問題にぶつかり

「公認心理士20...」の画像検索結果

臨床心理士資格は紙くずと化したが

公認心理士を取得すると

今考えているような仕事はできない。

人間としての良心も問われる。

 

純粋な気持ちが試されるのもまた

もれなくついてくる試練でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です