ジョンベネ殺害事件の真犯人とされるPTSD解離性倒錯者

1996年12月に

コロラド州ボルダーで起きた

ジョンベネ・ラムジーちゃん(6)の殺害事件について

「アメリカ美少女...」の画像検索結果

性犯罪者として登録されている

児童ポルノ所持で収監中の男(54)が

友人への手紙の中で

ジョンベネちゃんを「誤って」殺害したと認めたそうです。

「ジョンベネは

私を完全に変え

私の中の悪を消し去った。

ジョンベネの美しい顔

輝くように美しい肌

女神のような素晴らしい体を

一目見て

他の子どもたちを殺害した私が間違っていたことを悟った。

しかしアクシデントによって

ジョンベネは死んだ。

それは私の責任だ」

近所に住み

被疑者の1人としてマークされたこともあったけれども

証拠がなく

自宅で発見された身代金を要求する脅迫状の

筆跡が一致しないこともあり

起訴されなかったそうです。

フロイトが

リビドー理論のなかで

LGBTは病気だというような発言をしたことは

「LGBT」の画像検索結果

「性的倒錯」の画像検索結果

時代錯誤となりましたが

子どもへの性的倒錯だけは

今でも否定されないでしょう。

最近まで

この問題に寛容だったローマ法王も

「ローマ法王LGBT」の画像検索結果

聖職者による子どもへの加害のひどさにオカンムリ…

教会には近づくな!とまで言い放ちました。

「ビリーミリガン」の画像検索結果

性別も容易に超え

言葉遣いまで変わる

人格変容ぶりですから

筆跡はあてにならないですよね。

「池田小事件」の画像検索結果「アメリカ美少女...」の画像検索結果

見かけ上は全然違いますが

美少女コンテストも

お受験のようなもので

加害者には

子どもを支える

操り人形とも揶揄されていますが

家族関係がまぶしすぎるということも

あるような気がします。

ジョンベネ殺害事件の真犯人とされるPTSD解離性倒錯者」への13件のフィードバック

  1. ドラゴン🐲

    こんばんは

    トランスジェンダーに関して….

    最近、気になってたのが「トランスジェンダー」用のトイレ/バスルームが存在している事

    身近では 長男の親友の元男子が弁護士試験に合格後に親の同意を得て法的に女子になった事ー近日中に手術を受けて身体も女子になる予定らしいー男子時代の衣類など長男が譲り受けて来た時はドラゴン🐲はとっても複雑な気持ちでしたー中学校からずっと見てきたので….ご両親や弟&妹はもっと複雑な心境のようですーでも、ご本人はずっと苦しかったのだからそうする事で苦痛が無くなるのかな….?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      人類が与えられた新しいテーマで、1つ1つの事例がこれから常識になってゆくのでしょうね。
      今の計算されたドラマと違って、本当の意味での新作ドラマです。

      気になるのは、PTSDでトランスジェンダーと勘違いしているケースです。
      トランスジェンダーの有名人には、トラウマで脳内転換したと言っている人もいますからね。
      後で気がついて苦悩したケースもあるので、長い目で見ると、もっと複雑な思いが起きる可能性だってあると思われます。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        ドラゴンは 性に関する自己不一致はどれもトラウマから来るものと思ってますーCPTSDの一症状だと…..

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          多様性として認めるようにとしか期待されていないので言いにくいですが、そういうことなんですよね。

          返信
          1. あ*=franoma

            傍から失礼します。

            個人的な感想ですけど…
            「多様性として認める」こと自体がダメとは思いません、それが蓋しCPTSD症状であっても。それが当人の人生という意味で。

            ただし、女装するくらいなら別に構いませんけど、《カウンセリングの足りない性転換手術》は、新たなPTSDを生み出してしまうので極めて問題だと考えます。《カウンセリングの足りた性転換手術》とは、当人だけでなく身近な人が全員、両手を挙げて賛成するような状態になるまでトラウマディールを行うことです。《性転換手術》は歴史的身体への侵襲性が大きな介入であり、一度行うと《なかったことにする》ことも不可能ですから。

            アナルセックス強姦恐怖PTSDを
            同性愛フォビアなどと言って誤魔化してはならないのです。

            Отправлено с iPhone

          2. 翠雨 投稿作成者

            私も同じ個人的感想を持っています。
            多様性を認めることはダメではないけれども、その背景にあるものを不問にすることは予想外に大問題ではないかという意味で書きました。

            結局は、発達障害の流行と同じなんですよね。
            いじめPTSDを発達障害と信じるのは自由ですが、それでは根本的な問題がなかったことにされてしまうという弊害が多そうだという予測です。

            しかし、多様性を認めないのか!とバッシングされる可能性があるので、ひとこと書いておくのが無難だとは思います。

  2. ドラゴン🐲

    近日中に転換手術を受ける長男のお友達は11歳で初めて会った時から悩んでいた様子ー実際、カウンセリングは頻繁に受けていたようすですーですから、試験に合格したら♀になって良いという親との約束があったみたいですーしかも、皮肉な事(?)に彼の母親は性転換に纏わる案件を専門とする弁護士さんなのですー法的に女性になってからはホルモン剤を服用しているのでオッパイ大きいし、今、会社へは女性姿で出勤してます(とってもSexy🖤)ー中高大学と長男と一緒だったのでよくウチに泊まりに来てたときは長男のパジャマやバスローブを貸してましたが、これからはピンクのバスローブを用意するべきなのかな…..

    返信
    1. あ*=franoma

      Q:中高大学と長男と一緒だったのでよくウチに泊まりに来てたときは長男のパジャマやバスローブを貸してましたが、これからはピンクのバスローブを用意するべきなのかな…..
      A:ご長男のバスローブで良いと思います。もとから女の子が泊りにきてもバスローブなんかはニュートラルでしょ?ご本人に何色がいいか尋ねてあげたら親切ですけどね〜もともと女子でもネイビーブルーを纏いたい人もいるわけで…。カラーセラピーにも関係しますし。

      それで思い出しました…長女はブルー、次女はピンクとか何気なく色違いを買うことにしているご家庭もあるようですね。悪気のなさは明白ですけど…差別&刷り込みで、あまり良い家庭教育ではありません。

      返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      ありがとうございます。
      事例を与えていただくと、連想が広まります。

      この問題も、実は、その昔の「醜貌恐怖」かなと思いました。
      自分の顔が苦痛を伴うくらい受け入れられないので手術で受け入れられるようにするのですが、自然な造形のなかに人工が入り込むので、永遠に不自然と感じられ(これは正しい認識)、苦痛が増します。今は技術(実は弊害があるようですが)が進み、安価になったので、歯止めがかからず罪な話です。

      この事例ですが、何か原因があったとして、PTSDにはいろんな表情があるのに、わざわざお母さんの職業意識を問うような症状を無意識が選んでいます。
      バスローブは女性用というよりは、そのあたりにビビッと来る(あるいは刺激しないため「来ない」)バスローブを選ぶのがよいかもしれません。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        私もそう思いました

        母親の専門分野の問題を自分が呈する事でママのアテンションを自分に向けたかったのかなぁ?って…..

        そして、その家はお父さまも弁護士、おじいちゃまもおばあちゃまも弁護士と一族弁護士なのですーAさん(長男のお友だち)は法律を専攻しロースクールへ行ってめでたく弁護士さんになりましたが、弟さんや妹さんは大学ではエンジニアリング、国際政治を専攻していらっしゃる様子ーAさんだけが一族のプレッシャーを感じながら今まで生きて来たのかもしれないですね

        トランスジェンダーという結果を生み出すまでのプロセスにはママとのアタッチメント問題が大きいのかもって想像してるドラゴン🐲です

        バスローブは私の花柄バスローブを貸して差し上げますー嫌がるかな….

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          やはりそうでしたか。
          表面的な現象に気をとられると、トラウマという本質を見失うということですね。

          バスローブ続報をお待ちしております(^_-)-☆

          返信
      2. あ*=franoma

        「この事例ですが、何か原因があったとして、PTSDにはいろんな表情があるのに、わざわざお母さんの職業意識を問うような症状を無意識が選んでいます」という点に同感です。

        母親に限らず、親や養育者が自分のトラウマに向き合う勇気を持たず、
        (1)親の都合で、お子さまをネグレクトしたり心理操作をしたりして思いどおりにしようとしたり(←PTSD症状)、
        (2)お子さまに「八つ当たり」(←PTSD症状)したり、
        (3)「昇華を焦る気持ち」を病巣(←PTSD症状)にして陰陽混乱を起こして(© 翠雨先生)お子さまの人格を無視してセルフネグレクト強要を受容させようとしたりしていたら、
        「親の存在が耐えがたい」のは、お子さま側からしたら当然ですが、
        「対決」=単なる「反抗期」では対処できません。相手は、加害者支援を行う「専門家」に相談して総攻撃をかけるばかりでなく、睡眠中に殺害を図ったりしてきますから、縁を切って「安全確保」をしなければ、どうにもならないわけです。

        それゆえ、「対決」というより、まずは、
        (a)親の側のネグレクト
        (b)心理操作
        (c)八つ当たり
        (d)昇華を焦る気持ちを病巣とした陰陽混乱
        (e)他者の人格を無視する特権があるかのような振る舞い
        すなわち理不尽な扱いにアサーティブに抗議するだけで良いのです。

        被害者側のアサーティブな抗議に対して、
        上述のような「理不尽な扱いは、やめよう」と心に決め、
        暴言、暴力、人格を無視した心理操作など加害行為をやめるのは、
        加害者が行なう課題です。加害者本人のみが、自らのトラウマに向き合うことで、「トラウマの影」たる解離言動(© S先生)を止めることができます。そのためには、加害者本人が加害行為を解離性健忘で逃げ切ろうとしてはダメです。

        加害者型PTSDの治癒は、加害者本人が加害行為を解離性健忘で逃げ切ろうとするかぎり不可能ということは断言できます。若さは無関係です。

        お邪魔しました。
        ===コメント内容おわり===

        一般論として、サイバーストーカーさんも
        加害行為をおやめになる課題は、
        サイバーストーカーさんご自身の課題ですね。以前、コメント
        http://ptsd.red/2016/08/12/%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%9c%e8%ad%a6dv%e7%9b%b8%e8%ab%87%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%a5%b3%e6%80%a7%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e3%81%a7%e4%ba%a4%e9%9a%9b%e3%81%aeptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e7%94%b7%e9%80%ae%e6%8d%95/#comment-9620
        に書いたことです。
        Отправлено с iPhone

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です