講師が病気と虚偽報告し講演会中止にした横浜市のPTSD解離職員

横浜市南区は

2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックの

車いすテニスに出場した

二條実穂選手(38)を講師として

昨年10月29日に

横浜市南区の南公会堂で

講演会を開催する予定でしたが

担当の20代の女性職員が

会場の予約を忘れ

それを隠すために

「講師が体調不良になった」と

上司に虚偽報告し

中止になっていました。

事実が判明し

市は職員の処分を検討しています。

こういう嘘つき職員は

案外いるもので

公になるまで悪行が温存されますから

なかなか大変です。

パワハラやいじめの隠ぺいにも

よく利用されるテクニックですね。

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSD予防教育を徹底して

致命的なイメージダウンを防止いたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です