死亡した栗原心愛さん(10)両親逮捕&学校も共犯というPTSD解離児童虐待驚愕の現実

千葉県野田市の

小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が

死亡し

父親の栗原勇一郎容疑者(41)が

傷害容疑で逮捕された事件で

心愛さんの母親(31)も

傷害容疑で逮捕されることになったそうです。

最初は

夫の自分へのDVで

被害者だったわけですが

恐怖で身動きが取れなくなっている間に

子どもも

【面前DV】の被害者として

警察に事件としてカウントされる状態になっており

父親の攻撃性が子どもに向かうようになれば

それを放置した母親は

暴行を止めなかった加害者という

存在に移行するわけです。

厳しいようですが

法的にも

PTSD予防が

如何に重要になってきたかということでしょう。

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校のいじめ

会社のパワハラでの

傍観者も

被害者が

PTSD解離自殺したと認められるようになれば

そのうち

罰せられるようになるかもですね。

蚊帳の外の

スクールカウンセラーって

脅されて加害者とタッグを組んだ

学校って

「安談」の画像検索結果

何なのかという話でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です