被災地は今も『夜と霧』読書会でPTSD予防教育

岩手には

第二次大戦の

ナチスドイツによる

強制収容を生き抜いた

精神科医・フランクルの

夜と霧」の読書会を主宰し

PTSD予防教育をしている人がおられるそうです。

いろんな読み方があると思われますが

「夜と霧」の画像検索結果

人間は

絶望しても生きなければならなくて

生きるために

絶望の中に光を感じるには

現在を

二度目の人生と捉え

簡単な方を選んでしまったり

長いものに巻かれてしまった

一度目とは違う人生を生きるというのは

重要な視座だと思います。

(精神分析のトラウマ治療の原理です)

予後を決める

創造・態度・体験は

ユング自伝の

思い出・夢・思想とも

なんとなく重なります。

「ユング自伝」の画像検索結果

苦難のなかにあっても

夢が創造されるように

哲学的忍耐力を維持してゆくことは

(装置ができれば夢見が変わる)

とても大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です