住所も出張も架空の阪大教授(63)9200万円不正受給のPTSD解離性虚言癖

大阪大は

大学院高等司法研究科の教授(63)が

出張費の虚偽請求などで

約9195万円を

不正に受け取っていたとして

返還を求め

刑事告訴を検討

教授は

裁判で争う姿勢を示しています。

岡山在住ということにして

架空の賃貸借証明書を提出

住居手当と

通勤手当計1473万円を受け取り

実際は

学内施設に宿泊し

東京の知人宅などに滞在した場合は

東京―大阪間の交通費を

出張費として申請しながら

タクシー乗車券には

虚偽の業務内容や場所を記入したが

これは認められず💦

知的財産権の研究をしていたなら

なかなかですね。

「ジキルとハイド」の画像検索結果

多重人格の始まり二重人格と

虚言癖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です