弁護士懲戒請求に加担したPTSD解離ネットストーカーたちの集団ヒステリー性格

ネット上で

社会活動する弁護士に対し

全国の弁護士会に

大量の懲戒請求が寄せられた問題で

出る杭は打たれる式の

法難ですね。

保身風見鶏の

公認心理師なんかは安全圏にある話です。

対象とされた弁護士2人が

請求は業務妨害などにあたるとして

請求者712人を相手取り

横浜地裁に提訴しました。

一方で

提訴され

過ちに気づいて

弁護士(左)にわび

裁判前に和解した

60代の男性(右)は

記者会見に応じ

「退職で、取引先も仲間もなくなって疎外感がある中

正しい運動をしているという正義感や高揚感があった」と

話しています。

よく考えずに

懲戒請求すれば

弁護士に対して

住所と名前が開示されるとは知らず💦

正義と勘違いして

便乗してしまうのは

ヒステリー性格ですね。

なかなか治療的で

意義ある

教育的な提訴だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です