心愛さん虐待死事件もDV被害のPTSD否認からの負の連鎖

野田市の

栗原心愛さん(当時10)虐待死事件で

夫による虐待を止めず

食事も与えていなかった

傷害ほう助の罪に問われている

母親の初公判がありました。

心愛さんが

毎日が地獄だと語るまでに

虐待は激しかったのですが

「夫の暴行を止めても無駄だと思った」と

感じていたなら

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSDを発症し

まともな判断ができなくなっていたのでしょう。

自らがDV被害に遭いながら

「旦那からされていたことはDVとは違うと思い

旦那のことが好きだった」と語るところから

負の連鎖したものと思われます。

こういうことで

PTSDの否認は

大問題なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です