屋久島で孤立の登山者らは自然発生的に集団PTSD予防

鹿児島県

屋久島町で

大雨による土砂崩れのため孤立して

一夜を明かした登山者の大半が

19日

下山を始めました。

「生きた心地がしなかった」というのは

PTSD発症リスクですが

自然発生的な

(専門家が邪魔しなければ

自然治癒力が働く)

PTSD予防の実際が

あきらかになりつつあります。

「怖かった。

暖房を入れてもらったが

みなびしょぬれで

口々に寒い寒いと言っていた。

カッパを車内で干した。

バスの中でチョコレートを持っている人がいて

みなで少しずつ分け合って食べた」

「みんなで背中をさすり合って

寒さをしのぎました」

それぞれが気持を表明し

それを共感しあいながら

助け合い

分け合うこと

(Wifiが加わったのが新しい🆕)

いつも大事ですね。

同じPTSD問題で

被害者が情報を共有し

助け合うのではなく

「公認心理士」の画像検索結果

エテ公・猿の軍団にからめとられるのは

集合的無意識における

異常気象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です