PTSD患者の脳内「自殺願望」バイオマーカー発見

PTSD患者の

脳内をスキャンすれば

「自殺を考えている」かどうか

mGluR5を調べる。

グルタミン酸や神経伝達物質などに反応する受容体

学習や記憶、睡眠、認知機能などの幅広いプロセスに影響を与えているものらしい

わかるようになり

さらには

治療介入の標的としようと

目論まれているようですよ。

今のところ

時間の経過によって

mGluR5や自殺念慮がどのように変化するのかはおろか

mGluR5の発現レベルが

自殺念慮の強さと結びついているか否かすら

判明していないし

エテ公実験では

「🐵」の画像検索結果

直接mGluR5を標的にすると

不安を増大させてしまう可能性が

指摘されています。

要するに

WAISを持ったエテ公が

洗脳されて

見ざる聞かざる言わざるの

公認心理師になることを

得テ公と呼ぶ。

「公認心理師」の画像検索結果「WAIS」の画像検索結果

検査結果から

安直に発達障害と決めつけ

エテ公=黄色いサルくらいの大雑把な分類

心療内科に送り込んでは

薬漬け人間をつくるシステムの応用です。

サルじゃないので

ワナにかからないようにしましょうね。

「タヌキ胸算用」の画像検索結果「撮らぬ狸のタヌ...」の画像検索結果

相手はタヌキか…?

2 thoughts on “PTSD患者の脳内「自殺願望」バイオマーカー発見

  1. ドラゴン🐲

    おはようございます

    正にエテ公測定ですね
    嘘の基準で測定された人間が更に薬物で黙らされて脳が破壊され人間ではなくなって行く…..Toxic Japan ですー日本で流行ってる言葉と組み合わせれば、Toxic spiral 🌀 とでも言うのでしょうか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「エテ公測定」と呼ぶことにします(^_-)-☆
      用語辞典の編纂にも着手しないと💦

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です