豚コレラじゃないPTSD解離性ひきこもりと殺人の予防法

川崎市の事件から

「カリタス事件」の画像検索結果

ひきこもり男性が児童殺傷

負の連鎖した

自分の子どもが

同じ事件を起こしたらと考える

恐怖心から解離

東京都練馬区の事件ですが

容疑者である父親(76)は

農水事務次官というエリートでした。

普通には敷居が高い

厚労省等にひょいと出掛けて

相談することもできそうな地位にありましたが

「公認心理師」の画像検索結果

注目される

最新の情報がこれではどうしようもありません。

PTSDに関してはみな平等です。

合格率80%で占い師まで受験しようとするようなものを

国家資格にし

病院で働かせようとするのですから

呆れて何も言えません💦

農水省と言えば

「岐阜農林水産省...」の画像検索結果

豚コレラの話題で持ち切りですね。

「笹山登生」の画像検索結果

豚コレラ問題に

ご執心の元衆議院議員

「ツェネズミ」の画像検索結果

次は

ネズミ禍についての言及もお願いしたい。

家畜なら

畜舎全体を守るために

病気の家畜を迷いなく殺傷します。

父性原理ですが

「注文の多い料理...」の画像検索結果

普通はこころが痛みます。

日本の学校では

PTSDの子どもが

(発達障害と呼ばれています)

支援教室に行くことでも

適応できない場合

「コンサータある...」の画像検索結果

クスリを飲ませて調整しますから

(教室の規律を軍隊式に維持)

家畜扱いで

実はあまり変わらないのです。

エリートのお父さんを追いつめ

歪んだ父性を発揮させたのは

カリタス事件のようなことになって

一族が差別され離散するよりは

自分が殺人者になることを選ぶ。

こういう仕組みです。

2つの事件には

同情心も集まり

(もちろん犯罪は擁護できません)

みんなやっと気づき始めました。

このような哀しいことを繰り返すのはやめましょう。

PTSDについて学習するのが

王道であり

早道だと私は思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です