吹田市の交番強盗殺人事件で体調不良(PTSDの幻覚)の元自衛官(33)逮捕

前記事の

16日午前5時40分ごろ

大阪府吹田市の交番で

巡査(26)が包丁で複数箇所を刺され

実弾5発入りの回転式拳銃が奪われ

犯人逃走

容疑者は

関テレ重役の父親からの通報で

「農林省殺人」の画像検索結果

解離事件は少しずつリンクするんですよね。

東京都品川区在住の33歳と発覚

今朝

箕面の山🐒🐒🐒で発見されました。

11日から体調不良で仕事を休んでいて

幻覚が強まることがあり困っていたらしい。

『思い出のマーニー』現象だから

治療に入るところ

放置した主治医の判断ミス⚠

14日から

現場の交番から約2キロ離れたホテルに宿泊

15日には

「体調が良くなってきているので

25日くらいから復帰しようと思う」と連絡しながら

16日の早朝に事件を起こし

「私のやったことではありません。

病気がひどくなったせい

周りの人がひどくなったせいです」などと供述しています。

自衛隊をやめて

清掃業についたというのも

象徴的ですね。

小学校から高校まで過ごした土地に

トラウマエピソードがあり

自分を守り

ぬぐわねばならない何かがあったのでしょう。

言動が場当たり的で病気のせいと言いたくなるほど

多重人格的になってしまったのだと思います。

「ビリーミリガン」の画像検索結果「解離の舞台」の画像検索結果

高校生の頃に

PTSD予防しておけばよかったのです。

1 thought on “吹田市の交番強盗殺人事件で体調不良(PTSDの幻覚)の元自衛官(33)逮捕

  1. ドラゴン🐲

    「言動が場当たり的」な人って確かにいらっしゃいますーこれは遁走してる事と同じ事なのですね

    「気づくか否かが運命の別れ道」
    Rinkoさんにも先日、同意頂きましたが、正にこれがリカバリの出発地点だと思います

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です