がんPTSD予防中の夫婦も陰陽

昔は

「あなたは【がん】ですとの宣告は

余命があまりありませんという意味だったので

「キューブラーロ...」の画像検索結果

それだけでも

PTSD発症リスクでした。

簡単に宣告するようになった

本人に知らせないことも多かった。

現在も

それはあまり変わらないでしょう。

さらには

家族の対応が新たなこころの傷になって

家族関係がこじれることもあるようです。

「陰陽」の画像検索結果

妻ががんの場合に多いのは「冷たい夫」で

夫が患者の場合によくみられるのは

「おせっかいな妻」だそうです。

距離の取り方が極端に違いますね。

6 thoughts on “がんPTSD予防中の夫婦も陰陽

  1. Rinko

    これは、アルコール依存症の場合も似た感じだそうです。
    男性の場合は妻が甲斐甲斐しく世話をして支えますが、女性の場合は入院してきた時点で三行半を突きつけられていて離婚目前ということが多いと先日の学会で聞きました。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そうなんですね( ..)φメモメモ
      切断と包接、父性と母性というかんじですね。

      それで、男性の方がいつまでも治らないってこともあるのでしょうかね。

      返信
      1. Rinko

        そうですね。
        たくましく短期間で回復していくのは女性のほうですねε=(ノ・∀・)ツ
        治療的には女性の方がいいポジションなんですね💔

        返信
  2. あ*=franoma

    アメブロのほうでコメントやり取りありがとうございました。
    https://ameblo.jp/raingreen/comment-12483335837/
    1
    あ*
    人生いろいろ…
    ①妻ががんの場合に多いのは「冷たい夫」ですか、
    私の両親も父方の祖父母もマイノリティです。
    ②夫が患者の場合によくみられるのは「おせっかいな妻」だそうですか、
    私の両親も父方の祖父母もマイノリティです。
    「距離の取り方が極端に違い」、兄の前妻は、《PTSD否認》が際立った人物だと改めて思いました。
    “《突撃SS隊員女子》acting out” なさったスクールカウンセラーに至っては、《PTSD否認》が際立った人物では済まず、「反省するよりは、狂気の人生を歩む決心をされたのでしょう。それもまた個人の自由です。気づいた人が語り継ぎ、PTSD予防活動をするだけ」というのは…公認心理師法システムの欠陥を露呈していると思う次第です。今日も何処かで被害者を出していそうです。スクールカウンセラーがアレで学区が違うと教育委員会に相談しても無駄だし…お手上げでした。
     スクールカウンセラー制度も公認心理師法と一緒に廃止することが喫緊の課題ですね。
    2019/06/19 21:25:30

    Rinko さんのコメントを拝読して…
    「おせっかいな妻」とは
    「悪い女にキンタマ握られた夫」と
    セットだなぁと思いました。
    “Perpetrator-Victim関係” の形成&固定プロセス(← PTSDの温床)ですからね。

    “Perpetrator-Victim関係”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2TLha59

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      いつもありがとうございます✨

      がんの話のような距離感の人は見当たらないけれども、もっと極端な距離感の人たちを見聞されているという構図が興味深いです。
      2人とも心理職なんですよね。公認心理師の試験に占い師まで参戦したというだけあって、オカルト業界です。
      現実世界に忍び寄るサイコホラーでは、心愛ちゃんも救えなかったような教育委員会は、お手上げなのでしょう。
      心理職バリューセット(バカ印)を血税で維持する魔苦奴なるものですかね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です