水戸黄門とお釈迦さま永遠の「母子由来トラウマ」

昨日は

語呂合わせで

納豆の日

7・10

「水戸納豆」の画像検索結果

本日は

水戸黄門 のお誕生日だそうです。

「水戸黄門」の画像検索結果

一太極二陰陽の象徴そのものみたいな

構図ですが

本名を名乗れないときに

水戸藩の中納言という意味で

使っていた名前のようです。

皇太子さまを東宮さまと呼ぶように

中納言は

中国風だと黄門になるそうです。

「五色方位」の画像検索結果

黄色は高貴な色で

見上げると龍神のように見える

銀杏なんかは

神聖な木あつかいされますね。

「銀杏」の画像検索結果「ドラゴン」の画像検索結果

黄門さまは

お誕生日には

ごちそうを召し上がらず

粗食だったそうです。

なぜかと言うと

最愛の母親を苦しめた日という

認識だからです。

そう言えば

「天上天下唯我独...」の画像検索結果

お釈迦さまも

当時では高齢出産のご母堂が

生後7日で死亡

自分の代わりに死んだという意識からか

お母さんの年齢になる前に

家族を捨てて

出家してしまってますね。

周囲は

結婚させればよいと考えていたようですが

当然そんなことで

トラウマが癒えるわけもなく

断食瞑想という

真の治療を必要としたわけなのでした。

12 thoughts on “水戸黄門とお釈迦さま永遠の「母子由来トラウマ」

  1. ドラゴン🐲

    ちょこっとご無沙汰してしまいました
    おはようございます

    ちょこっと最近引っかかってる事があります
    トラウマ研究において宗教的側面に触れる事
    この事がドラゴン🐲に凄く違和感というか、100%納得出来ない感覚が湧き上がってきてしまうのです
    そう感じてしまうのは、S先生がドラゴンの事を「卑しい人間」と仰った感覚と同じ事なのかな?って考えてるのですけど….何も信じたくないっていう根本的なところが人と違うのかな?って感じてるのですけど….

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      毎日、楽しく画像を拝見していたのでご無沙汰という気がしなかったりします(^^♪

      宗教的側面というのは、どういったもののことですか?
      信じるものということなら、日本人の多くの宗教観はドラゴン🐲さまと同じ感じじゃないかと思いますよ。

      返信
  2. ドラゴン🐲

    見ててくださっていたのですね

    宗教観を感じて違和感を感じたのはウイニペグのおじさんで、S先生から感じたのは日本人だったらこう感じるべきであるという感覚を感じたのかもしれません

    ウイニペグのおじさんが確か共依存とトラウマの関係性を説明してた時に何か自分の中で納得行かない部分があったのですー彼の一理論に関しての事例説明をされた時にそれはクリスチャンだからでしょう!という反感を感じたのですーですから素直にその説明を受け入れる事が出来なかったのですー

    S先生の私への中傷言葉は全て不快に感じましたーあれは全く受け入れられませんー宗教とは関係無く文化的地域的違いですねー彼が発言する全ての事に反発したくなってしまう今日この頃ですーODDかもしれない?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ええ(^_-)-☆

      そういうことならよくある話でわかります。
      人間は誰もが宗教的存在ですが、その部分とのかけ離れ具合で、残念に感じたり、寂しさを覚えたり、さらには受け入れがたく感じたり、拒否感をもったりするものだと思います。
      なので、お感じになったことは「正常」なのです。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        でも、S先生の高い純ジャパオヤジ度合いを嫌でも受け入れられる人と受け入れられない人の違いは何なのでしょう?

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          受け入れられる(ように見えているだけかもしれません)のは、どうも少数派のようです。
          これは、先に書いたその人の宗教観とは別問題だと推測します。
          暗示にかかりやすい(あるいはかかっているフリをするのが得策と判断する脆弱性か)ヒステリー性かな…と思うのですがいかがでしょう?

          返信
          1. ドラゴン🐲

            「暗示にかかりやすい(あるいはかかっているフリをするのが得策と判断する脆弱性か)ヒステリー性」

            そうかもしれないですねー丸く納める事を強要されて来たから余計にそうしなきゃって思っちゃう人格が居るのかもしれない

            ヒステリーにも色々ヘッジの仕方があったけど、純ジャパオヤジ対応は仕事関係で関わる事が多かったから余計にヘッジ対策を万全にしようと頑張っていたのかもしれないです

            これ真剣に当事者研究で取り上げてみようと思ってます

          2. 翠雨 投稿作成者

            件のあのご母堂は、そういう意味で、おいたち由来のジャンクな宗教観の弱者なのかもしれません。
            ユング派のいうところの「アニムスの自動思考」という状況に陥っていた(今は気づいて止めた)ように拝見しました。

  3. ドラゴン🐲

    ええ、もうあの信者さんは相手にしない事にしましたーでも、完治に関してはずっと触れさせていただきますけどねー徒党を組んで何かを言って来ない限り相手にしない事にしましたーあの信者さんはASとは全く種類の異なる当事者さんなのですよね

    それとは別の宗教にすがりついている方に最近ちょこっと刺激された事を書きます

    そのお方、共依存が原因でDVの生き残りーそのリカバリをサプリを使わない栄養療法で治したと主張していらっしゃいますー無農薬野菜の食事で治したと…..凄く漠然とし過ぎードラゴン🐲が鉄分の補給はトラック3台分のほうれん草の鉄分は食べられないからサプリでとった方が手っ取り早いと主張したら、腸を整えれば吸収早くなるから…あーだこーだとだまくらかすお返事ー彼女のメインは栄養が悪いからキレる人間出来るといういうロジック…..
    で、よくよく聞いて行くと心の問題は宗教にすがりついている事で直視していないという事が大暴露されたのですーなーるほどーって思っちゃいましたー全ては神さまがお導きして下さるという事を信じてるみたいで….そのせいか、神の代弁者であるかの様な上から目線口調なのですー「心の問題を抱える人は天才なんですよ!」とか言い出した時はドラゴン🐲のパイロットランプが暴発しましたーでも、こういう風に感じたのはドラゴンだけじゃないと確認出来たので今は穏やかにパイロットランプはキープ出来てますけどねー

    宗教も着ぐるみと同じですよね

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      栄養療法の方のおっしゃることも一理あるのですが、不徹底なそのやり方では、その恩恵にあずかることは不可能だと思います。
      教祖に聞いた話が完全なる唯一の真理と信じ込み、話が飛躍した分は信仰心で埋めるという算術は、最初の信者さんと似てますね。
      安易に歴史的身体とか、天才とか用語を誤用されるのも共通です。
      仏性は誰にでもあるけど、仏にはなかなか出会えないという現実を見てほしいと思います。
      しかしまあ、お書きのように相手にしないことで、こちらのこころの平安が保たれるということでしょうね。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        おはようございます😃

        お返事ありがとうございました
        ドラゴン🐲は宗教という教祖様の権力行使というエネルギーの臭いが苦手の様です

        それと似た事ですが、〇〇法を使って思考活動をしましょうという場所も苦手である事が判明しましたー以前は苦手という正直な感覚を人に言うと「あなたはルールに従えない天邪鬼です」と言われるのがオチと思って「良い子」を演じていたのだと思いますー決してODDではありません 笑笑ーでも、権力者(権力者になりたい願望の強い人)が考案した独自のルールに従ってずっと過ごしていると凄く抑圧されてる気分になってしまいますーしかも、全員がそれに従っている場所に於いてはすっごぉーく面白く無い集団に感じてしまいますーそういう場所に長居をしたくないドラゴン🐲なのですーワガママちゃんって言われる事が多いのもこういう感覚が強いからかもしれませんね

        このブログ
        https://ameblo.jp/kyupin/entry-12493098208.html
        も、随分と内容が変化して来ましたね
        ードラゴン🐲が9年前に見た時の様な強気な空気が感じられない最近の記事です

        でも、抗精神病薬教祖さまの教えはドラゴンを数年間悩ませましたー精神科医のブログって罪作りな存在です

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          そういうこともありますよね(・_・D フムフム

          時間が経って、みんな変化してきたのもわかります。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です