京都アニメーション放火事件も離婚PTSDから『借りぐらしのアリエッティ』

アニメ制作会社

「京都アニメーション」の放火事件ですが

容疑者(41)の

両親は離婚し

母親は再婚しています。

おとなしい性格で

その後の消息を知る人はいないくらいだったのですが

中学校卒業後は

定時制高校へ進み

いじめ等から

不登校に陥った子どもが

よく選びますね。

アルバイトを転々としたあと

役所の仕事とか郵便局を選んでいます。

「ストラテラPTSD」の画像検索結果

成績は優秀な

こんなタイプだったのかな。

2012年

コンビニ強盗事件を起こす

少し前からは

近隣住民とたびたび騒音トラブルを起こし

音楽を大音量で流し

壁を何度もたたき

1人で大騒ぎ

室内の

壁をハンマーで壊し

ベランダ側のガラスを割り

物を散乱させ

悪臭を漂わせ

ノートパソコンを

めちゃくちゃに破壊するような

人格に変容していました。

離婚や再婚は仕方がないことですが

「借りぐらしのア...」の画像検索結果「借りぐらしのア...」の画像検索結果

両親が離婚したことで

心臓が悪くなった子もいますよ。

「盗まれた」と言っているのは

こんなPTSDアニメかもしれませんね。

しかし

そういうのは盗作と呼ばれません。

そして

「借りぐらしのア...」の画像検索結果

無意識との対話がうまくできるかどうかが

運命の分かれ道なのです。

そんなことを

公開されている抄録より

詳しく説明した論文があります✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です