エンゼルスの元投手もアルコール性薬害によるPTSD否認死

大リーグ(MLB)の

ロサンゼルス・エンゼルス

(Los Angeles Angels)で

活躍していた

タイラー・スカッグス

(Tyler Skaggs)投手は

7月に急死しましたが

死因は

「アルコール

(オピオイド鎮痛剤の)フェンタニルと

オキシコドンによる中毒に伴う

胃内容物の誤嚥」でした。

最初は事故扱いだったのですが

弁護士を雇い

警察を動かし

判明しました。

日本では

自己責任ということになるのでしょうが

「マイケルジャク...」の画像検索結果「マイケルジャク...」の画像検索結果

マイケルジャクソンの死亡で

主治医は

強力な麻酔薬を投与した

過失致死罪に問われ

実刑判決を受けたのでしたね。

最初は

人気を維持するために

科学的な去勢を受けさせられている

トラウマ話なんかを聴く立場でしたが

聴くだけでは

クスリが効かなくなり

違法処方に進むと共犯関係に変質

最期は

脅され増量するようになったそうです。

「ファウスト ゲ...」の画像検索結果

悪魔と取引すると…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です