筋肉増強剤で女性化し統合失調症診断?PTSD依存症の陰陽

筋トレ愛好家に

健康被害が広まっている

男性的に強くなるはずが

女性化し気弱になる…💦

筋肉増強剤

「アナボリックステロイド」について

厚労省は

調査を始めたそうです。

「アナボリックス...」の画像検索結果

クスリを飲みながら

筋トレすると

みるみる

体重が増え

筋肉が大きくなる実感が得られるので

楽しくなり

より強力なものに手を伸ばすようになると

胸部が女性のように膨らみ

肌に亀裂が入り

精神的にも

イライラするようになり

そのうち幻覚が現れるようになって

統合失調症や強迫性障害と

診断された人もいるそうです。

怖くなって

筋肉増強剤をやめても

皮膚には亀裂の痕が残り

向精神薬の依存も同時進行すれば

仕事ができなくなったりします。

これもドーピングみたいなものでしょう。

「ドーピング」の画像検索結果

そして

「向精神薬依存」の画像検索結果

摂食障害で

自分の身体をコントロールするのと

根っこは同じ

PTSDの依存症です。

昔と違い

向精神薬が入り込み

向精神薬も

対人関係におけるドーピングです。

問題がより複雑化しています。

「依存」の画像検索結果

「公認心理師」の画像検索結果

精神科協会の傘下で

国家資格という虎の威を借りた依存症

「虎の威」の画像検索結果

気がつけば

いろんな依存症ビジネスが流行ってるんですね。

厚労省には

依存症による

依存症のための

依存症の治療という構造にも

気づいてほしいものです。

45 thoughts on “筋肉増強剤で女性化し統合失調症診断?PTSD依存症の陰陽

  1. ドラゴン🐲

    なるほど….長男が大学生になった頃に筋肉に夢中になっていたのも依存症だったのかもしれないですね
    さすがに、ステロイドには手を出しませんでしたが、未だにプロテインはデカいパックが毎月宅配されます

    ビジネスの根底は人が何に依存するかを考えればよいのかもしれないですね

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      割と短期で手ごたえが得られるわかりやすさがミソみたいです。
      あとは、ライザップなんかとタッグを組んで、つきっきりで励まし続けるというスタイルが、依存症の人には好まれるのかな。
      筋肉の肥大とともに自我肥大が亢進するばかりで困るわけですが、身体が悲鳴をあげてくれるようで、よくできています。

      返信
  2. ドラゴン🐲

    なるほど….
    リカバリの途中に自我肥大が起こるという事をカウントする事も大切な事なのですねー自我肥大により退化するリスクもあるのですよね

    この事はウイニペグのおじさんのhow to heal….
    には出て来ませんでした

    ふと思ったのですが、メルに最後に言われた「強くなったわよ」という言葉の中には この自我肥大が含まれているのかもしれないと想像するのですが……

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      自然な治癒(途中経過においても)の場合は、発生しないからじゃないでしょうか。
      リカバリに至っていない勘違いとして起こるものなんです。

      メル先生がおっしゃったのは自我の強化で肥大という意味ではなかったと推測しますよ。

      返信
  3. ドラゴン🐲

    言われてみれば確かに…..
    未治療/リカバリプロセスするまでには至っていないから自我肥大になるという事ですねーただ断薬が出来たという状態かな?(急性期を無事乗り越えた状態や薬で荒廃させられてた状態を終了して新しい人間に生まれ変わろうという状態?)
    ある程度、トラウマディールがされて自分が解明出来つつある人は自我をキャッチアップ&訓練する事の方に忙しいのかもしれないですねー自我肥大するには自我を満タンにしてからじゃないと無理そうですね

    メルの最後の言葉は自我強化と受け取りたいのですが、バウンダリー問題には何も触れずに終了したので何となく気になってしまいましたー

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      具体例としては、メリーさんらがそれにあたります。
      ああいうかたちで現れていなくて、さらに努力を続けておられるのなら、問題はないような気がしますよ。

      返信
  4. ドラゴン🐲

    おはようございます😃
    自我強化と自我肥大の区別、ありがとうございます
    解り易い例を示してくださいましてありがとうございます
    自分でもそれを強力な反面教師としてあのトラウマ会議に臨んでいたのですよ…..凄く真剣に…日本語のトラウマ会議デビューとして….
    ちょぴっとまだショックの余韻が残ってるかも

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      広告塔代理店みたいだった参加者も同じ気分のようで、あのグループからは距離をとることにしたって書いてますね。
      会議のアフターケアが必要じゃないかなぁと今、思いつきました。

      返信
  5. ドラゴン🐲

    私もビックリしてます
    何が起きたのでしょう?って思っていました

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      断薬等の話に入る前に『オンライン会議のトリセツ』を作るべきかも…(^_-)-☆

      返信
  6. あ*=franoma

    傍から失礼します。

    一般論として「筋肉の肥大とともに自我肥大が亢進するばかりで困る」のは仰るとおりです。

    「おっぱっぴー」の小島よしお氏のパフォーマンスは、「消えたくない」という “struggle for existence” で特に問題はない…と思いました。筋肉への興味は、息子もローティーンくらいまではあって、自宅から出ざるを得ない方向にケーサツから誘導された後、私も息子に付き合わされて自衛隊体操をしていた時期もあったのです。いつしか興味が移り変わり、筋トレよりも体癖のようです。魚の目は泪…
    https://ptsd.red/2019/04/08/%e3%80%8c%e4%ba%ba%e3%81%8c%e5%88%ba%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8dptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e6%80%a7%e8%99%9a%e5%81%bd%e6%8a%95%e7%a8%bf%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a7/#comment-18403

    《アベ友サポート》勢力は、マッチョ気取りで?武器を買い漁り、消費税増税で国民経済を破壊し、自滅への道を爆走するようです。国母?昭恵さんとポエム?首相…この先どうなることでしょうか。他所さまのコメント欄でやり取りしていただきました。
    https://ameblo.jp/maria-magdalena000/comment-12522139067/

    Отправлено с iPhone

    激しい《ちぐはぐ》状態は、統合失調なのですね。
    末田耕一医師のもとで「勉強」して自ら直すと予後が良好になるでしょう。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      適度なら、身体レベルで自己肯定感・安定感になってよいのですけどね。
      動作法(最近創始者が亡くなった)なんかと同じだと思います。
      程よいお酒とアル中の違いみたいなものが、筋肉にもあるとは、面白いな~とこの度気づいたのでした。

      小島よしおさん現象、再考すると、今ならいろいろわかってきそうで興味深いです。

      患者さんは自我肥大から激しい《ちぐはぐ》状態に陥りやすいみたいで、末田先生のご著書に泥塗りまくりなので、今は、そっとしておいた方が無難(🐍藪蛇🐍)かと…💦💦💦

      返信
      1. ドラゴン🐲

        筋肉増強依存はドラゴン周囲では10代後半から20代前半の男子に多いかもしれないですーボーイズ関連のママ友と集まると自宅の冷蔵庫は息子たちのプロテインシェークとヨーグルトや牛乳で占拠されている状態、また、大学生の男子のハウスシェアしてるキッチンには必ずと言っていいほどプロテインパウダーの大きなパックが常備されているのを目にすると筋肉依存は男子に起こりがちなのかもしれないですよね

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          思いのほか流行しているようで( ..)φメモメモ
          日本人の場合は、牛乳由来だとカルシウム☯パラドックスという問題があるので心配です。

          返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          私の使用している臨床心理学のテキストでは、「マルクスのように、宗教は貧乏という名の谷間に咲く涙の花である、とまではいわないにしても…」と引用されていました!(^^)!

          私も、メリーさんに心理学に関する理解がおかしいと指摘されたことがあります。
          狂信者というのは、どこの世界にもいるもので、その扱いは普遍的な学問的課題の1つのようです。

          返信
  7. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    オンライン会議の取説になるかどうかはわからないけど、小出しにエピソードを書いてみようと思います(ドラゴン🐲の過去1年間に参加した/してる5つのオンライン会議からの経験ですー日本語会議、英語会議と入り乱れてます)

    オンライン会議で顔出しするか否かはその人の存在感を決定づける重要事項だと思いますー会議参加当初から顔出しせずに声だけ参加の人に対しては不信感を持たざるを得ませんーしかし、顔出ししない人がやたら自分のお話を延々とするという印象を持っていますーそういう人に限って「今の自分を変えたいから誰か何か良い提案はないか?」という質問をしてくるのは共通な習性なのかもしれないと思いましたーまた、顔出ししない人の意見に対立意見を出すと自分が攻撃されたと思うのか凄い剣幕で言い返してくるという特性がある事も何度か経験しました

    オンライン会議で声だけ参加というとやっぱり相手の様子が把握出来ないので全うなコミュニケーションは難しいのだと思いますーよくメルがカウンセリングルームで「言葉は30%の重要度、残りの70%はノンバーバルファクターなのよ」って言ってた事が頭に浮かんできます

    特に日本語会議では「同調する事」が重要視され、対立意見を出そうものならば、それは攻撃とみなされる感覚を持っています

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      不信感は当たってしまうということですね。
      空気がよめなくて(悪い意味での)他力本願で被害妄想気味で…。
      見られているという意識がないと(顔出ししてなくても保持していればよいのですが)、そういう部分が日常より出やすいのかもしれません。

      そこに集まる日本人にとって、「差」は、自分の存在を脅かす驚異(◎_◎;)
      だから、「みんなちがって、みんないい」( 金子みすゞ)なんて当たり前の言葉をわざわざ好む(絵に描いたようなコンプレックス)のかな…。
      これは、もう制服でも着せとかないと危ないです。
      そう言えば、日本では昔から大事なことは会議で決めないのがお約束なのでした(笑)

      返信
    2. あ*=franoma

      「特に日本語会議では「同調する事」が重要視され、対立意見を出そうものならば、それは攻撃とみなされる感覚を持っています」のは、その日本語会議の参加者は、科学者のいうデタッチメントを徹底しない/できない人が多数派を占めていたということでしょう。管見にしてアレですが、世界的に見ても、天体核グループ出身者は、科学者のいうデタッチメントを徹底する人が多い点が良いかなと思います。池内了さん@名古屋大学名誉教授もその一人ですね。

      “天体核” – Поиск в Google
      https://bit.ly/2m0cBrz

      「人体実験はダメだよ!」
      池内了 site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2k976GE

      だって、そんなことを許したら、天体核グループのメンバーが揃って実験動物にされちゃう!という切実な問題を当事者として共有しているのです。
      https://bit.ly/2EBZelA
      拙ブログ記事:
      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12426301608.html

      Отправлено с iPhone

      返信
  8. ドラゴン🐲

    「制服」と言われて思うのですが、英国も制服の学校が大半を占めますーだからと言って、皆んな同じにならなきゃいけない意識は日本よりもかなり低い印象がありますー同じ島国であり同じ制服制度なのに何故こんなに差があるのかな?って感じてますーでも、英国は制服着ててもバラバラ過ぎて統一感覚ゼロという印象も強いのです笑笑

    オンライン会議に戻らなきゃ….
    日本語の顔出ししない女性のお話で印象的だったのは、幼少期から容姿をネタに虐められた経験がある人が、現在は同居している親との関係が上手くいかないから独立して結婚して子どもが欲しいというリクエスト……そのお方にドラゴン🐲がご指名されて答えを求められた時はシドロモドロな状態で……何処に焦点合わせて応えれば良いのかが解らず、咄嗟に、最後の「子どもが欲しい」という部分だけにフォーカスして考えて、「凍った遺伝子もあるしママが欲しい子どもたちの需要は山ほどある」って発言したら、そういう発言は不謹慎みたいな空気が……

    返信
    1. あ*=franoma

      傍から失礼します。

      「そのお方にドラゴン🐲がご指名されて答えを求められた時はシドロモドロな状態」でしたか、そういう時は、相手が如何なる言葉を求めているか?…ドラゴンさまには判らなかった訳ですよね? そういう場合には、
      「一体、どういう言葉を私から聞きたいと思われるのでしょうか? 教えていただけませんか?」
      と素直に問い返せば、話が拗れずに何とかなったかも知れませんね。

      Отправлено с iPhone

      返信
      1. ドラゴン🐲

        顔出ししていない人から突然質問を名指しでふられるとそんなゆとりは無いのですー顔出し同士で話しをしてるとアイコンタクトや表情からお互いを分かり合える部分が幾分多いのか、相手の質問を聞き直し出来るという感覚がありますけど……

        返信
    2. 翠雨 投稿作成者

      そうなんですね(笑)
      制服が< 効く>国なのか…( ..)φメモメモ
      そう言えば、オリンピックの集団行動は、日本の軍隊式運動会とは異質ですね。
      北朝鮮のマスゲームくらいしか同類項がない。いや、脅しが少ない分、ちょっと負けてるか…。

      まだどこにも答えが見当たらない難問について、意識の高い人たちが結集していて、そのなかでも誠実な人ほど即答せねばとストレス状況に追い込まれてしまいがちなんでしょうね。
      まずは、とりあえず一般論が返せるというだけで優秀だと思うのですが、場の要求度ばかりが高いと(自分たちだって答えはもっていない)…キビシイ雰囲気になるだけで、議論が展開しないのですね。
      場が焦りすぎというか、もうすこしゆっくりやれないものかと感じます。

      返信
  9. ドラゴン🐲

    「場の要求度ばかりが高いと(自分たちだって答えはもっていない)…キビシイ雰囲気になる」

    広告代理店のお方もその雰囲気を感じたのかもしれないですねーあの会議が解散後、主催者は妙に専門的なテーマにこだわっている様子ですから…でも、代理店さんは自由に井戸端会議的に話す場所が欲しかったみたいで…..答えの出ていないモヤモヤってトラウマディールと同じで時短を意識してしまうと中途半端な仕上がりになってしまう予感がするのは私だけ?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「時短」に走り中途半端に終わる…という傾向が、浮かび上がってきましたね。

      返信
    2. あ*=franoma

      傍から失礼します。

      Q:広告代理店さんは自由に井戸端会議的に話す場所が欲しかったみたいで…..答えの出ていないモヤモヤってトラウマディールと同じで時短を意識してしまうと中途半端な仕上がりになってしまう予感がするのは私だけ?
      A:「答えの出ていないモヤモヤ」に耐える力が《哲学的忍耐力》というものではないでしょうか。「時短を意識したトラウマディール」とは、《哲学的忍耐力》が足りないために、当人の《観察主体》を手放させて「カウンセラーの先生がそう言うなら、そういうことで良いや」と打ち切りにして、後は《躁的否認》で誤魔化すことにしてしまうケースと捉えれば、起きているPTSD現象は、両者とも同質のものです。「さっと終わりにして、スッキリしたい」と思う人の気持ちは、まさに「《昇華》を焦る気持ち」であり、それこそ《病巣》です。

      この話をほじくっていくと、
      『戦争とプロパガンダ』©︎サイード
      の話に繋がるし、
      香山リカさん@立教大学教授の
      “to frame a concept”≒発想では、
      “DSM精神科医” で終わりということです。九条の会のメンバーなのに本当は平和主義ではないので、森喜朗さんに後ろ盾を頼み、臨床心理士の国家資格化に旗を振り、東京オリンピック開催が決まったときに浮かない顔をした来談者に「好きじゃないんですか、オリンピック」と声掛けをして上手く心理操作ができたと自慢する記事を毎日新聞に投稿して…今は、デジタルメディスンの旗振り役を演じておわします。“DSM精神科医” の面目躍如ですね。

      Отправлено с iPhone

      返信
      1. ドラゴン🐲

        あ*さん
        おはようございます😃

        “「答えの出ていないモヤモヤ」に耐える力が《哲学的忍耐力》というものではないでしょうか。”

        そうなんですよね
        これ最近、私自身が気がついた事です
        (夫にあって、私無いものです
        この部分だけは彼にリスペクトを示してます 笑)
        今まで、私には答えの出ていないモヤモヤという状態がある事すら認識出来ていなかったと思いますーファジーな状態は悪い事の様に思いASAPどちらかに自分の身を置く事を決定しなきゃいけないと思い込んでいました

        Rinkoさんのブログで教えていただきました
        https://ameblo.jp/makirinko-orange/entry-12502454186.html

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          全体に通底する一面的であるのは病気という視座は正しいですね。
          あとは、読む人によってフリーサイズになりそうで、そういう逃げ道を与えるところが、この先生独特の極めて繊細な優しさとも言えます♪

          返信
          1. あ*=franoma

            傍から失礼します。

            「あとは、読む人によってフリーサイズになりそうで、そういう逃げ道を与えるところが、この先生独特の極めて繊細な優しさ」という点に同感です。

            そもそも、すべてがPTSD問題なのですから、単なる「《多数決》による《数の暴力》」は機能しないのでダメです…ということでもあります。

            「全体に通底する一面的であるのは病気という視座」は、言い換えれば、
            医療社会学的に「《病者の役割》を担うほうが良い人は誰か?」検討しましょう…という話ですね。

            “病者の役割” site:.ptsd.red
            – Поиск в Google
            https://bit.ly/2koxxIB
            Отправлено с iPhone
            コメント( https://bit.ly/2ma3eWF )に以前、書いたように、
            idthatidさまの場合もそうですが、心理学を一通り知っている多重人格化した加害者型PTSDは、多重人格化によって上手く「社会適応」をしているため、ストーカー行為も巧みであり、契約も守りません。うまく契約を結びながら、うまく契約内容を反故にして、来談者エゴ中心にしてスポイルし、来談者と共依存関係に持っていって心理支援をしたことにして(=心理支援をするという契約は反故にして)済ませます。当然、治りませんから「生まれつきが悪い発達障害」ラベリングをして生涯、食い物にします。来談者は食い物=先生の飯のタネ( http://bit.ly/2fGmWEv )ですね。こういう「専門家」が病んでいる所為で展開されるのが「社会の害悪になる心理学」であり、やられる心理操作は、
            ①人道上の罪
            ②職業倫理は、そっちのけ
            ③治療契約を結んだ場合には、来談者&来談者家族に対する債務不履行
            …ということになっていますので、③にあたる来談者やその家族が債務不履行を訴えて良いと言えます。②は、学会の倫理委員会が問題にせねばならないし、①は彼女を育てた大学人たちが問題にせねば大学のレーゾンデートルが問われる事態になるでしょう。どうやら “DSM精神科医” の総本山がある大学のようですね(親分がDSM日本版を監修)。
            “見たくないものを演じさせられる” ケースを輩出しています。
            – Поиск в Google
            https://bit.ly/2tVLdvW

            RINKOさんが書き出してくださったリスト「⑤問題を局地化できる能力」:
            「問題を “localize” する」点で(普通の日本人に対して)示唆に富むことを書く《時の人》はレヴィナシアンの内田樹さんかも知れません。そして、一般論は一般論として、自分はどうするか? SDGsというのは世界の流れだけれども、我々日本人は何をどうするか?オーストラリアやニュージーランドなど日本と時差が小さいという意味で近隣のアングロサクソン諸国は何をどうするか?…ということで、各国の自発性を潰させないように《グローバリスト》の愚民化政策に抵抗する科学者の殺害をやめさせることと直結します。この点は「えっ」と思われるかも知れませんが、本当に愚民化政策の邪魔になる研究をしたキーパーソンが暗殺されています。「あなたが死んでも私は気にしない」アベ政治の真髄は、日本だけのものではなく international 原子力マフィアやモンサントなどに共通です。「死人に口なし」を狙って心理戦を展開しています。したがって、反核平和を守る「しなければならないという気持ち」は、世界人権宣言を共有する《人類共同体》メンバーとして生きる覚悟と不可分です。

            そういう訳で、リストの⑪「しなければならないという気持ちに対抗できる能力」は個人に備わっているものではないでしょう。
            「できないことをしようとしない」つまりは “feasibility check” なので、デタッチメントを徹底できる科学者たちがオープンに議論できるようにして、PTSD現象を鎮静化する途を追求する集団的な力です。それを阻害してきたのが利益相反行為を展開する政治勢力であり、そうしたことの危険性を指摘する科学者の殺害が実行されてきたでしょう。上述した「死人に口なし」作戦です。

            リスト⑮現実処理能力を使い切らない能力「使い切らすように人にしむけない能力」。つまりは、デスマーチ・プロジェクトにならないようにすることで、この問題を解決するには労働組合運動が不可欠です。
            『バイト死んでも構わない企業アマゾン/米国からの虐待敵をアフリカで討つ/横浜市長リコールシール投票』
            | 放射能を天恵の海に流す六ヶ所再処理工場閉鎖を!(katsukoのブログ)
            アマゾン倉庫アルバイト 倒れた直後に救急車呼ばれなかった 🎁
            https://www.news-postseven.com/archives/20190907_1444110.html
            紹介したアメブロ記事URL:
            https://ameblo.jp/sannriku/entry-12522363243.html

            生産性の追求は、「デスマーチ・プロジェクトをやらない」ということでしかないので、各人が健康に緩急自在であればOK…と以前、コメント
            https://bit.ly/2lDHh1V
            に書きました。

            Отправлено с iPhone

          2. 翠雨 投稿作成者

            安談の場を、関係者の知らないところで荒らして悪役プロレスラーにまでなってしまったidthatidを動かす無意識にみな興味津々みたいです。
            悪事が学際的な関心ごとであり、それぞれ学会が無数にあるのもいいもんですね。

      2. 翠雨 投稿作成者

        「昇華」「オープンダイアローグ」「オンライン会議」等が、客寄せパンダ🐼で、ストレス障害のために哲学的忍耐力がないのに気づいて解散!という構図ですかね。
        ユングが心理療法に大切なものとして哲学的忍耐力を掲げたのは流石だなと認めざるを得ません。
        ユングやドラゴン🐲さまのように、維持しようと努力できる一握りの人たちが治癒に向かうわけで、関所というかパスポートというか、そういう重要なものだと理解できました。

        返信
  10. ドラゴン🐲

    そうですね、それと供に特定のメソッドに従ってトラウマディールをする事に異常な拘りを持っていた事も否めないですー〇〇を信じない人にはこのメソッドをやる資格は無いという奇妙な思い込みに酷い抵抗を感じましたーこれはオンラインだからという理由ではないと思いますが、規約には書かれていない事ですーもし、オンライン会議で特定のメソッド導入し、そのやり方に絶対的に従う事が義務付けられるのであれば、規約にそのメソッドを提示しておく方がいいのではないかと思いました

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      狂信的なものを私も感じます。
      そういうのは、一般向けではないので、密教的にやってもらうしかないです。

      返信
  11. ドラゴン🐲

    “安談の場を、関係者の知らないところで荒らして悪役プロレスラーにまでなってしまったidthatidを動かす無意識にみな興味津々みたいです。
    悪事が学際的な関心ごとであり、それぞれ学会が無数にあるのもいいもんですね。”

    「学芸的ストーキング」は何処と無くフレンチアートに似てるかもしれない…..

    返信
  12. ドラゴン🐲

    おはようございます😃
    日本の方々がイメージするフランスはそういう感じなのですね

    ドラゴン🐲のフレンチはドイツの合理的思考とは真逆な極端にイモーショナルで気まぐれ的なイメージなのです

    なんか説明になっていないかも…..

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      言語化強要すみません💦
      おかげさまでよくわかりました。
      お書きの雰囲気は、映画でよく感じます。

      返信
  13. あ*=franoma

    補足です。

    RINKOさんのリスト
    『15箇条』 | 流れるままに~☆
    https://ameblo.jp/makirinko-orange/entry-12502454186.html
    ②両義性に耐える能力
    母として、職業人として…
    というのは、以前、コメント
    http://ptsd.red/2018/05/30/%e3%80%8c%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%82%8b%e3%80%8d%e6%97%a5%e5%a4%a7%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%95%e3%83%88%e6%81%90%e6%80%96%e3%81%aeptsd%e8%a7%a3%e9%9b%a2%e6%8c%87%e5%b0%8e%e3%81%ab%e9%80%a3%e7%9b%9f/#comment-15687
    に書いた話だと(今さっき)思い出しました。西洋啓蒙思想に浸かり切った《洋才》タイプだと、「母として、職業人として…」という意識になってしまい、兄の前妻のように未治療PTSDだと「私は結婚に向いていない」と言い出して一方的に出て行って配偶者を遺棄したりするので、問題が起こります(←PTSD現象)。未治療PTSDでも日本人らしい日本人ならば、「両義性に耐える」発想に陥らず、未分化のまま「これが私」と言える《観察主体》を手放さず、自分の人生を組み立てる方途を追求してゆくので、私が話し合いを求めた時に、ガン無視して出て行くことはなかったでしょう。

    “ātman animated by soul”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2VajSVI

    「無意識を無視するのは《和魂洋才》の歪みによるもの」と言い換えることもできます。矢幡洋さんご夫妻もそういうパターンでしょう。少し勉強が進むと、感官のないJacobiの図を描いて考えるようになりますが、そこで止まる人が圧倒的に多いので、孤立的国民とヨーロッパの関係が考察できずに終わります。

    “孤立的国民” TPP
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2lIzM9P

    もう一つ補足すると、RINKOさんのリスト①は、通常の東洋人は、《混沌の徳》で「まだ起きていない不幸を回避する」PTSD予防で済ませてしまうため、西洋白人の皆さまには「東洋の神秘」に見えるようです。

    参考:
    プリゴジン site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2mdIQDW

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      結婚だけでなく、心理職にも向いてないですよね。
      お書きのように、別に未治療が悪いのではないし、結婚なら未治療でも可能でしょう。自分がしんどいのはそれとして、人にもちょっと迷惑かけることがあるかもしれないようだけど、なるべく気をつけようと思えて、同じような人のつらさや悲しみを慮れるような人はたくさんおられて、その人たちが一番頑張っているかなと思えるほどで自然に頭が下がります。

      考え方が全然違っていて、家族に対して行ったような非情な行いができることこそが心理職の第一義と考えておられるかもしれませんね。
      心療内科の片棒担ぎ、ひいてはそういう業界の棟梁になるなら、そういう精神力は不可欠です。
      新日本プロレスの安談ストーカーとタイプが酷似しています。

      返信
  14. ドラゴン🐲

    どうでしょうね
    西洋魂も色々ですから何とも言えないのですが、
    ”「無意識を無視するのは《和魂洋才》の歪みによるもの」と言い換えることもできます“の部分に思い当たるところが……

    メルとのお話ではこの部分を最期の年(3年目)に徹底的に話し合いましたードラゴン🐲の無意識に潜むのは和魂なのか?って…..メルとインテーク面接であった当初はドラゴンは「この英国人女性に自分の日本人魂が分かる訳が無い」という思い込みが強かったのだと思いますーリファレンスリポートにも書いてあった様に「私(ドラゴン🐲)の事など誰にも理解出来る訳が無い」態勢だったのでしょうーしかし、時間経過しドラゴンがちょぴっと寄り道して和魂を持った(?)精神科医とのいくつかのカウンセリングで、自分の魂はピュアな和魂では無いのかもしれない?と感じる様になったらメルと話し合う事に何も気負いを感じる事無く話す事が出来る様になった経験がありますー自分で自分の無意識を何となく感じた瞬間だったのかもしれないですね

    今日のランチは和魂を大きくして鯖味噌セットを予約しました♡

    返信
    1. あ*=franoma

      「自分の魂はピュアな和魂では無いのかもしれない?と感じる様になったらメルと話し合う事に何も気負いを感じる事無く話す事が出来る様になった経験があります」か、
      感官のあるJacobiの図は
      ”TPP11からの脱退を”
      | あ~どうしたものか
      Ⅰ=孤立的国民
      ⅡとⅢ=諸国民集団(例:ヨーロッパ)
      A=個体
      B=家族
      C=血族(種族)
      D=国民
      E=人類(民族)集団
      F=人間の祖先
      G=動物の祖先
      H=中心力
      「普遍的無意識の構造」©︎ Jacobi, J., 1959.

      「 ⅡとⅢ=諸国民集団(ヨーロッパなど)」となっていることを無視して、「脱亜入欧」の発想をやめられず、初代塾長を批判できないことが災いしている…
      「見たくないものを演じさせられる」カネの亡者ケイオー関係者の皆さま…

      https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12415060943.html
      …という構造になっていますので。
      「ピュアな和魂」というものは存在せず、F=人間の祖先、G=動物の祖先、H=中心力…となっており、私たち皆、哺乳類に分類される動物の祖先レベルでは同じですから、
      “ātman animated by soul” brahma
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2m8ua8V

      ついでに言うと、そこら中、お坊さんだらけです。
      観山正見 – Поиск в Google
      https://bit.ly/2kebjc2
      Q:ご尊名が如何にもお坊さんではありませんか?
      A:名は体を表す。

      皆さま、太陽系第三惑星人=宇宙人というわけです。
      宇宙人 site:.ptsd.red
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2mfbODt

      もひとつオマケで…
      『金属製ナノフィルムの上に塩水が流れるだけで発電可能なシステム』
      | ワーカーズ ブログ   
      https://ameblo.jp/masatakayukiya/entry-12512080753.html
      ということもあるので、
      “5Gの環境アセスメント”
      を真面目に考えないと、生態系を乱してしまい、しっぺ返しを食らうことでしょう。

      “5Gの環境アセスメント”
      – Поиск в Google
      https://bit.ly/2khkWXy
      Отправлено с iPhone

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です