八戸の無差別殺人未遂事件の少年も真似る解離性PTSD

12日

八戸で女児の首を切り逮捕された少年(14)も

「誰でもよかった」

「人を殺すことに興味があった」という趣旨の

供述をしているそうです。

教育委員会によれば

トラブルもなく

「部活動にも

積極的に取り組んでいる生徒だと聞いている」そうですから

無期懲役が確定した元名古屋大生らと同じタイプの

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果

「名古屋大生」の画像検索結果「伝染るんです」の画像検索結果

PTSD解離性二重人格でしょう。

優秀な頭脳を持っていても

流行にかぶれやすい別人格が

安易に暴走してしまうので

悲劇が起こります。

教育長によれば

「命の教育、心の教育に

教職員一丸となってがんばってきたつもりですが

このような重大事案が発生したことを

非常に重く受け止めている」とのことですが

その教育方法が間違っていたのでしょう。

オーソドックスな哲学に裏打ちされた

PTSD予防教育を行い

「PTSD古事記」の画像検索結果

専門家による不正を撲滅しなければ

「東須磨小学校」の画像検索結果

どんな教育も空しいものです。

重大事件の多発により

学校現場の在り方が問われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です