臨床心理士「圧迫面接」から公認心理師🐒へ

臨床心理士の

二次試験と言えば

令和元(2019)年10月12日(土)に

予定されていた臨床心理士一次試験(筆記試験)が

台風19号の影響で

11月23日(土・祝)に延期されたことに伴い

延期されていた

二次試験(口述面接試験)も本日終了

圧迫面接でしたが

15年前には少なくなり

気づかれない圧迫面接をする面接官もいたとか

今は姿を消し

臨床家として

どういう人なのか

調査するような内容の質問をされるようになっているそうです。

来談者に対して

不必要なストレスを与えるのは言語道断ですが

「PTSD予防」の画像検索結果

二次被害になる。

理不尽で二元論では解けない難題を抱えた人たちの話を聴いて

「崖の上のポニョ...」の画像検索結果「崖の上のポニョ...」の画像検索結果

解離しないためには

二次受傷する。

普通の人以上の自我の強さが必要だということ

だったのでしょう。

「ストレス 耐性」の画像検索結果「男はタフでなけ...」の画像検索結果

しかし

公認心理師の時代になり

「公認心理師」の画像検索結果

自我は消すことが奨励されるようになりました。

いわゆる「無我」ではなく

「無我 童子」の画像検索結果

「日光東照宮 さ...」の画像検索結果

何も考えないエテ公🐒になることです。

ストラテラ飲んで平気ならOK

無我とエテ公は大違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です