『ハーメルンの笛吹き男』ドイツの『古事記』説

子どもをあまり見かけない子どもの日です。

どこにいるのかわかっているので

安心のような☯安心でないような…。

家=洞窟という視座へと連れ去る笛吹き男が翠雨流

昔話は

「むかしむかし あるところに」で始まる

普遍的なお話ですが

PTSDあるある

安談プロレスあるある

青山学芸心理

シンデレラは児童虐待あるある

このお話は

「笛吹き男」の画像検索結果

1284年6月26日

聖ヨハネとパウロの記念日というのは

大安とか友引みたいなものかな…   

ドイツのハーメルンで

130人もの子どもが集団失踪したことだけが

歴史的事実で

あとは何もわからないのだそうです。

 

ちょうど事実と伝承について考えていたところなので

「ユリコ」の画像検索結果

生徒がいじめられ

校舎から飛び降りたことだけが事実で

その生徒の封印した

コンプレックスとしての伝説が

負の連鎖し続けた。

奇遇です。

 

あらためて分析してみて

ハーメルンが宗教改革された都市で

日本も陰陽五行説で宗教改革された。

この悲劇的伝説が最古の記録というところから

中華と呼ばれるほどの国の哲学を知った

心理的ショックでアイデンティティがぐらつき

PTSD予防(こころのケア)が必要になった。

古事記のような

「古事記PTSD」の画像検索結果

神話ではないかと思い至りました。

その集団のこころがどのようにつくられたかを

イマジネーションで表現したもの

書かれた意図としても

道徳説や

約束は守りましょう。

笛吹き男サイコパス説

精神異常の小児愛者のしたことなので

「性的倒錯」の画像検索結果

とても書けない。

たとえ話として

シャーマニズム説

シャーマン(伝統医)と自然現象の関係を解説

住民大移動説等がありますが

軍事や宗教、ビジネス

病気で住民が大移動させられた。

中世から近世への転換期の激動の時代に

受けたショックを表現する必要があったのでしょう。

宗教改革でたくさんの人が殺害されたほかにも

大火 ペスト 洪水 という自然災害で

人々は飢え

警察も機能しない無法地帯に置かれた

過酷な時代

ねずみとりに悩むような日常のなかに

「ねずみとり く...」の画像検索結果

「ゴキブリほいほ...」の画像検索結果

「白アリ」の画像検索結果

今はあまり話題にならないですが

代わりに人間駆除が…?

解決案をもちこむのは

いつの時代も異人風で

「小泉じゅういち...」の画像検索結果

派手な服装に巧みな話術で楽しそう!と催眠にかける

「安倍晋三 詐欺」の画像検索結果

「パンとサーカス」の画像検索結果

詐欺師イメージです。

 

今の日本でも

集団ヒステリーで

一億総頭お留守になり

心理学の前に

小学校1年生の「さんすう」

やりなおしましょう。

みんな洞窟に入ってしまい

ハーメルンにある記念碑のようなステンドグラスには

「処刑の場所」と明記されている。

「ADHDウソ」の画像検索結果

入ったが最後

出てこれないのですが

安倍のマスクや

ワクチン待ってるようではどうしようもない…。

かろうじて

目が見える(聞こえない)子と

耳が聞こえる(見えない)子が戻って来たというのは

感覚を補い合って

真実を探る作業の大切さを教えているのでしょう。

関西医療学園

足の遅い子が出遅れて

無事だったと書かれた物語もあります。

集団には足の遅い子も重要だということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です