「刑務所戻りたくて」2人ひき逃げPTSD解離性無差別殺人罪で起訴

福島県

三春町の国道で

5月

清掃中の男女2人が死亡したひき逃げ事件で

逮捕された

住所不定無職の男(50)が

殺人などの罪で起訴されました。

 

事件の2日前に出所しましたが

「社会生活に不安があり

刑務所に戻った方がましと思った」

「誰でもよかった。

車なら簡単に殺せると思った」とのことで

知人から盗んだ準中型トラックを

時速60~70キロに加速させたようで

ブレーキ跡もありませんでした。

 

 

通り魔

 

 

 

 

 

 

こんな事件もありました。

 

国民の生活安全のためにも

PTSD予防教育は必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です