作成者別アーカイブ: nishii222222222

朝日似顔絵大賞受賞作が死にそうな顔に見える?

週間朝日の似顔絵大賞受賞

行司さんの
 
 ―陰陽五行チックなお名前
  相撲のレフリーは行司
  5つの気をのめぐりを司る
  使者です。

香川照之さん

$PTSD研究家翠雨の日記

何が受けたのでしょう?

意識的には
選考委員が
いろいろ言っておられるのでしょうが

無意識的には

時代の象徴のような気がします。

こんな人
多くないですか?

おなかでは
ちょっと考えることがあるけど
不完全燃焼気味で

なんかショボイ参った顔…あせる
 ―俳優さんのことじゃないですよ。
  多くの人のことです。

昨日
仲間と
「イギリスでもイタリアでも
 中国でも
 生活上の不満があれば
 学生でも暴れるのに
 日本人って
 大人でも   
  ―非暴力で訴えることを
   考えるのが大人でしょ?
  
 井戸端会議でぼやくだけ…」って

話してたところなので
面白いなと思いました。

この人物
死にそうな顔に見えるのは
私だけでしょうか?

粗悪な米に怒り
食堂壊すなら

授業料が高いと
戦争のような暴動起こすなら

粗悪な精神医療や
治りもしない高額な分析治療費に
一言あってもいいでしょう?
続きを読む

ロウ石で道に落書き

驚かせてすみませんショック!

朝日新聞が
蝋石を
取り扱ってて

思い出しました。

PTSD研究家翠雨の日記

昔のこどもは
道に絵を描いてたんですね。

PTSD研究家翠雨の日記今の子

戦後貧しい時代には
遊びの必需品で

 ―貧しくても
  食べることと同じくらい
  遊ぶことが大事
  (外的栄養と内的栄養)

加工で生計を立てている人も
結構いたそうです。

★自由に描けるし

案外
★誰かが見てたんじゃないですか?

ちょっとした
子どもの兆候に
気づく大人もいたように
想像します。

無口な子も
表現の自由が確保され

他の子も
『あー、こういう感じの世界
もってる子なんだぁ」と感じ  
 
 ―DVシェルターの箱庭で
  よく起こる
  非言語的関係改善ひらめき電球

いじめて反応みるうちに 
 ―可愛いから髪の毛引っ張って泣かすとか

妙なことになるリスクも
減ってたのではないでしょうか?

道で暴走する子どももねひらめき電球
続きを読む

桂七福さんの伝えるいじめ克服法「チクれ!」

朝日新聞は
もう1ついじめをあつかっています。

$PTSD研究家翠雨の日記

七福さんは

小3で
★両親が離婚
★転校し
いじめの標的になり
★からかいに反応しようとするうち
★息を飲むクセがつき
言葉がうまく出なくなり
★図書館に逃避したそうです。

子どもにとって

離婚が一大事であることや
言葉が出なくなるメカニズムが
心理的に伝わってきますね。
 ―アスペルガーだから
  コミュニケーションがとれなくて
  本ばかり読んでるのではないですよねひらめき電球

キーワードは
【チクリ】

『なんか悪い』と
思うことが
魔境への入り口です。

 ―この精神の高さは貴重ですが
  卑怯者相手に
  モッタイナイ!
  (飛車や角なしで
   将棋させられてますよひらめき電球

$PTSD研究家翠雨の日記

環境改善への善処と考えて
「チクれ!」
訴えます。

 ―よいとかわるいとか    ←陰陽
  固定観念にとらわれないで
  脱出せよ!

チクリと概念化することが  ←不立文字
そもそも間違いでしょ?

$PTSD研究家翠雨の日記一太極二陰陽

また落語家らしい視点として

いじめは

どこからがいじめで
どこからがふざけているのか

どこから怒ってよいのか

みんな悩みますね。

それもグレーゾーンの
魔境です。

自分が嫌なら
嫌だと思ってるんだし

不快なら
不快だと感じているんです。

その自己肯定感にもどることが
大事でしょう。

相手は変わらなくても

それをとりもどすだけで
世界が開けてきます。
続きを読む

ルミカさんの『door』~自殺と自己実現のはざまにあるいじめ

本日
朝日新聞のひと

ルミカさん
24歳だそうです。

$PTSD研究家翠雨の日記

★いじめから
★拒食症になり
★過食症に移り
★自殺願望がおこったこと

はっきり証言しています。  
 ―いじめはあったけど
  自殺の原因はわからないって
  校長センセイよくいましたねひらめき電球

いじめで自殺するのです。

 ―校長センセイ
 もっと事例が出てくるまで
 否認を続けますか?

CDデビューした曲は
『door(ドア)』

いじめ撲滅はむつかしいが
勇気が必要と言います。

狭き門を突破することが
大事ですね。

この方はお母さんに
打ち明けたところから
回復の道が開けました。
 ―お母さんとの関係が悪くて
  拒食症になる人は
  また別の道を考えましょうね。

考えてみれば
私達は
狭い産道を通って
泣きながら生まれてきたんでしたね。

自己実現
(個性化の過程)につながるドアが
開くときは

凄い癒しが起こると
思いますよ。

すべて帳消しになって
あまりある感動があります。

生きててよかったなぁって
思えるのです。
続きを読む

駅のホームからの転落死亡事故はなぜ減らないのか?

あまりにも電車が遅延するから

JRはこういう
掲示板を配置していますダウン

$PTSD研究家翠雨の日記 昨日の分

人身事故が多いわけですが

本日の朝日新聞では

ホームから転落する人のことを
書いてます。
 ―この記事もそうですし
  すぐ下に本日未明の転落事故の
  記事があります。

$PTSD研究家翠雨の日記

転落した人が
ひかれて死亡するのは
非常ボタンなどの装置や
それを使いこなせていない職員の
問題としていますが

刑務所での自殺
頻繁に巡回しても
もちものを制限しても
防止できない問題と同じで

なぜ
転落するのか?

考えないとダメでしょう。

友達と一緒でも
酒を呑んでいても
自殺するときは自殺します。
 ― 一般にイメージされているような
   そぶりはありません。

転落は無意識の自殺行為です。
 ―死にたくないなら
  酔ったとき
  事故に気をつけるでしょう?

『車輪の下』(ヘルマン・ヘッセ)を読めば
そのあたりが
誰でも理解できると思いますよニコニコ
続きを読む

『ののちゃん』の拾い物と陰陽五行説

$PTSD研究家翠雨の日記

残り物には福があるとか
言いますが

【断捨離】ブーム
 ―しかけられた感じがします。
  だって同じ人が【買い物中毒】ってこと
  多いし。
  精神の断捨離である
  無関心や冷たさのみ励行して
  『うつ病は治らないんでしょ?』とか…
    
日本のゴミは宝の山ですからね。
 ―アフリカの王さまに会って
  ビックリ叫び
  格式は日本の皇室みたいですが
  非常に質素
  逆に教えられました。

金目のものや
本棚
があるって指摘が
おもしろいです。

陰陽五行の【金気】
 ―硬くて強いものです。
  あなたのこころのなかには
  硬くて強いものがありますか?

本棚は【智恵】ですね。

 ―アフリカでは
  老人が亡くなると
  図書館が1つ消えると言います。
  日本の老人は
  なかなかそういう風に言われませんね。
  ぼやぼやしてたら
  あなたもその仲間入りですよニコニコ

我田引水のようですが

PTSDが【断捨離】されてます。
うつ病や発達障害や
パニック障害みたいな

生活の役に立たない
ゴミばかり
病院やカウンセリングルーム
大学や学会に
たまってますあせる

  
続きを読む

ビールはアルコールじゃない人々

お酒好きの女性に

「毎晩晩酌なさるの?」と
聞く女性。

「最近はねぇ。
やめてるの」

よく知る人たちは
『?!』

「ビールだけにしてるの」

『ギャフン目

依存症までいかなくても
充分
【否認】が見られます。

現在70歳

呑む女性は
年代的にも
年齢的にも
少ないから

(そうは見えないけど)
気にしてるのかな?
続きを読む

『母子寮前』にみる母親喪失体験の大きさ

公立のDVシェルターは
母子寮に
DV被害母子を送り込む装置にしか
なっていないけど
 ―母子側からすれば
 当たり前のように
 流されるのですから
 これは立派な暴力であることが
 多いです。

$PTSD研究家翠雨の日記

最愛の人に贈る慟哭の記と
サブタイトルがあります。

ガンを告知された母との
最後の1年間。

病院との争い
異常な父との鬼気迫る確執。

静けさの中から思いがあふれ出す
究極の私小説と紹介されています。

茨城バス襲撃容疑者は
母親を亡くしているそうです。

見落とされそうな
ことかもしれませんが

『自分が母親を亡くしたら』と
想像すれば
そんな軽い問題ではないことが
すぐわかると思います。
 ―もちろん犯罪はいけませんよ。

何かを大事にしようとすれば
周囲とぶつかります。

容疑者は
ぶつかる相手と方法を間違えたのかも
しれないですね。

なんか
タイムリーな本です。
続きを読む

うえがき鶯ボールの陰陽五行

新聞広告でよく見ます。

$PTSD研究家翠雨の日記

息の長い人気ですね。

そういうのは
大体【一太極二】の法則で
できてます。

$PTSD研究家翠雨の日記

のパンダみたいな
お菓子ですよね。
 ―甘くて辛い

そこから
はじけ飛ぶイメージです。

ポンは
じゃんけんぽんの
ポンかな?
 ―戦後PTSD予防の過程で
 生まれた非暴力の哲学の
 具現化です。

の表現です。

単なる日常的な駄菓子にも
宗教性哲学性があり
人間を永遠にリセットさせ続けようと
するものが
日本文化にはありますニコニコ
続きを読む

茨城バス襲撃容疑者と漱石

$PTSD研究家翠雨の日記

数年前に
お母さんを亡くしてるんですね。

喪失感が
大きかったのかもしれませんね。

男の子は
いくつになっても
(おじいさんでも)
マザコンです。

みんな知ってるでしょ?
 ―世の奥様方の苦情の
  筆頭ですよひらめき電球

フロイトは
【エディプスコンプレックス】なんて
言いましたが

その錯乱妄想の根本は
母親への
気の遠くなるような想いです。

容疑者の写真を拝見しますと
純粋な
いい表情をしています。

喪失感にやられたのでしょう。

高校の同級生には
夏目漱石を読んでいた印象が
あるとか。

漱石は
PTSDに罹患し
『門』を著し 
 ―崖の上の禅寺に
 向かうところで終わっている。

それは
宮崎駿の『崖の上のポニョ』にまで
引き継がれた
(アリエッティにもあります)
日本人の課題です。

いつか
(母親との死別のようなことがあり)
PTSDに罹患する
予感があったのでしょう。

ならば
どこかで
だれかと
漱石について語ったり
死別の苦しみを共有したりしたら

歯止めになったかもしれません。

今からでも
そういう作業をして
更生してほしいと願っています。
続きを読む