カテゴリー別アーカイブ: ジブリ『かぐや姫の物語』

夏休み明け子どもの自殺予防対策は一太極二陰陽のかぐや姫方式で

懸念されていた

夏休み明けの

子供の自殺が相次いでいます。

 

官民の相談窓口には

8月下旬ごろから

「死にたい」などと

自殺の恐れがある悩みの声も

相次いで寄せられているそうです。

 

 

「自殺の危険のあ...」の画像検索結果

 

「うちの子は大丈夫」等の

固定概念を捨てて

安全第一で見守り

 

 

「学校に行くか、やめるか」等の

二元論ではなく

背景にある

「友達関係」「宿題ができない」という問題が

どうして起きたのかという

根本に立ち返って

一緒に考えてゆくことが

推奨されるようになりました。

 

「一太極二陰陽」の画像検索結果

 

禅では

大死一番乾坤新たなりと言います。

 

その根本を徹底すれば

(大死)

かならずよくなるのです。

(乾坤新たなり)

 

 

「一太極二陰陽」の画像検索結果「一太極二陰陽」の画像検索結果

(自己実現の物語である『かぐや姫の物語』より)

 

子どもの頃から

ゆっくりゆっくり

思い出すとよいですね。

 

 

 

 

 

情報源: 子の自殺 下旬まで特にケアを | 2017/9/5(火) 9:52 – Yahoo!ニュース

仏教と陰陽五行説の習合としての西田哲学を不問にした臨床心理学

学会誌が届きました✨

 

 

『日本思想考究 ―論理と構造』という

論文は

ここから始まります。

 

Ⅰ 日本思想の源流 ― 仏教と儒教

第一章 『大乗起信論』の構造

第二章 『太極図説解』の論理

 

ひとのこころを学問するのに

 

仏教も陰陽五行説も問題にしない

臨床心理学は

 

新興宗教みたいなものだということです。

 

 

象徴が使えない発達障害が増えているとか

かぐや姫はわがままだとかの

トンデモ愚説が生まれる原因は

ここにあります。

 

臨床心理学は

机上論じゃないので

犠牲者が出ます。

 

これは

看過できない

日本の一大事なのです。

 

 

ジブリは

こういうことを

全部勉強してから

創作するから

人気があるんですよね。

 

 

崖の上のポニョが生まれたのも

ニセの発達障害ブームから

子どもたちを救うためでした。

 

自閉症ワクチン説を支えるPTSD否認トンデモ心理学研究

 匿名オンライン調査による論文というトンデモ研究に頼る反ワクチン活動という

Yahoo!ニュースに

「極端な反ワクチン活動家が

ワクチンと自閉症を結びつけようとしていることは

よく知られているかと思います。

そして

その証拠は存在しないこと

(ワクチンは自閉症と何の関係もないこと)も

ここで確認しておきます」と書いてありますが

そもそもは

療育の対象である

発達障害でもない

情緒障害であり

「アクスライン」の画像検索結果「アクスライン」の画像検索結果

遊戯療法(プレイセラピー)の対象であった

自閉症が

本来の定義を捻じ曲げられて

先天的な脳の病として

薬物療法の対象にされてしまったことから

問題が始まりました。

昨今では

その情緒障害は

精神分析が問題にした

無意識的な目に見えにくいものより

虐待等の実にわかりやすい原因があるもの

つまり虐待PTSDが多いことが

わかってきています。

「アクスライン」の画像検索結果「アクスライン」の画像検索結果

ワクチン説が

ネット上の三流紙に書かれている内容を

引用していることを

バカにされてますが

心理職28000名が購読中の心理学雑誌でも

「象徴が使えない発達障害が増えている」なんて

愚説や

かぐや姫がわがままだというような

ジブリは自己実現モデルとして描いているのに)

愚論がまかり通って

自閉症脳病説を支えてますよ。

(貢献しているつもり)

「ワクチン有害説」の画像検索結果

悪しきワクチン問題と発達障害ブームを不問にして

問題をすり替えようとする

阿漕さを感じます。

「STAP」の画像検索結果

コピペはいけないけど

研究や人権まで侵害された

小保方さんの被害に似てませんか?

ジブリ美術館は「食べるを描く。」開催でPTSD予防

スタジオジブリの

アニメーション世界を体験できる

「三鷹の森ジブリ美術館」では

 

ジブリ作品を見た人の

記憶に残る

数々の“食事シーン”を取り上げた

新企画展示

「食べるを描く。」を

5月27日(土)から

開催するそうです。

 

 

 

食べることが

生きることの基本ですが

 

 

食べ方がわからなくなった人が増えていますからね。

アルコール依存症

過食症は

PTSDの症状で

ひきこもりや自殺

飲酒運転等

様々な問題に連鎖し

人間関係も壊しますから

深刻な問題です。

 

 

 

これまで

『かぐや姫の物語』等を通して

本邦ユング派の象徴論の

学問的デタラメさを

よく摘示してくださいました。

 

これからも応援しています✨

 

ギャンブル依存症警官(25)が捜査装い300万円盗む

勤務中に

事件捜査を装い

一人暮らしの男性宅(89)に上がり込んで

現金約300万円を盗んだ

大阪府警

貝塚署地域課の巡査が

窃盗容疑で逮捕されました。

 

男性から盗難の相談を受け

自宅に多額の現金が保管されていることを把握していたので

「ギャンブルや競馬でつくった

数百万円の借金が返せると思った」そうです。

 

「依存症」の画像検索結果

ギャンブルも

 

「依存症」の画像検索結果「貴族の過食症」の画像検索結果

アル中や摂食障害と同じ

PTSDの依存症です。

 

行動療法では治らないので

 

「摂食障害牛島か...」の画像検索結果「かぐや姫」の画像検索結果

 

おじいさんの代まで遡った

コンプレックスを分析する必要があります。

 

「昭恵さんと瑞穂...」の画像検索結果「昭恵さんと瑞穂...」の画像検索結果

 

昭恵さんは

拒食症ではないですが

そういうコンプレックスから

暴走中ですね。

 

皇后さまは帯状疱疹で愛子さまは拒食症PTSD世代間負の連鎖

宮内庁は

皇后さまが

帯状疱疹になられたことを

明らかにしました。

 

国民から

理不尽なバッシングを受けて

失声となられたこともありました。

 

雅子さまも

帯状疱疹から適応障害になられ

休養中です。

 

愛子さまは拒食症ですね。

 

「美智子様愛子様」の画像検索結果

 

見かけだけではなくて

心理のある部分も似ておられるのだと思います。

 

拒食症は

かぐや姫コンプレックスから読み解くのが

精神分析の常識です。

 

「摂食障害かぐや...」の画像検索結果「摂食障害かぐや...」の画像検索結果

 

思い出のマーニーの

ヒロイン杏奈は喘息でしたが

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

難治性の喘息もPTSDですから

(普通は薬が効く)

治癒する時に

世代間負の連鎖が明らかになりましたね。

 

そういったことを不問にする

行動療法は無効

 

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

無意識(マーニー)と遊ばないと治らないみたいです。

 

3月は『空の青いとり♪』でPTSD解離性自殺予防対策強化月間

昨年5月に

小児がんのため

16歳で亡くなった

作曲家の曲が

自殺防止ソングに選ばれました。

 

 

 

「自分の作った曲を何かに役立てたい」と

作曲を続けた意思は

素晴らしいですね。

 

 

理不尽な目にあっても

あきらめず

表現し続けることが

その人も人類も救います。

 

 

崖の上のポニョの哲学ですね。

 

愛子さま の拒食症は雅子さまからのPTSD家族間負の連鎖と週刊女性

皇太子さまの

57歳のお誕生日に公開された

愛子さまの“激ヤセ”ぶりが

話題になっていますが

週刊女性は

 

長らく闘病中の雅子さまからの負の連鎖であることを

指摘しています。

 

 

精神科にかかり

薬を呑むことになるだろうと言われていますが

拒食症は

そんなことでは悪化するばかりです。

悩む力もコントロールされて

カショオに移行したらどうするんですか💢

 

 

 

『かぐや姫コンプレックス』ですから

 

 

無意識を見てゆけば

治癒し

自己実現モデルであることがわかるでしょう。

 

そのあたりは

『思い出のマーニー』にも表現された

サイコセラピーの常識です。

 

治癒する時に

すべてがわかるのです。

 

『かぐや姫の物語』小保方晴子さんの拒食とうつ(PTSD)にも「罪と罰」のマスコミ

婦人公論での

連載「小保方晴子日記」の

 

 

第一回目で

うつとPTSDで治療中であるが

「今は栄養療法による治療に取り組んでいる。

この一カ月で食事もかなり食べられるようになって

一日中寝込むこともなくなった」と

書かれましたが

 

第2回目で

理研退職直後の

2014年の大晦日頃

自宅を飛び出し

旅館に潜伏していた時の心境について

 

「この部屋にこのままいたら間違いなく死んでしまう

(中略)どこかに行かなければいけないと思う」と

 

死の恐怖について回想されています。

 

大変な状況のなかでも

日記等で記録し

それをあとで読み返したり

人に聴いてもらったりすることは

とても大事なこころの作業だと思います。

 

 

順調だった研究が

否定され

生命も脅かされている状態ですから

気持ちが落ち込んだり

食べられなくなったりすることは普通に起こります。

 

回復の過程で

料理のことを書くようになるのは

自然なことだと思うのですが

 

Yahoo!ニュースなどは

医療ガバナンス研究所の上昌広理事長の

「STAPのことには触れず

自身の周りや食べ物の話を書いています。

おそらく彼女には

我々には計り知れない自尊心

自己顕示欲があるのでしょう。

だから

あの事件を引き起こしたのだと

読んで分かりました」との言葉でまとめてしまいます。

 

拒食症には世間は厳しいものですね。

 

骨折した人に

早くオリンピックに出ろと言っているようなものなのに

なぜわからないのでしょう⁉と思いますが

 

 

仏性として自己実現しようとする存在だからでしょうね。

 

 

ジブリが

「罪と罰」と掲げた意味がわかりました。

 

闘病中の方々は

これらの現実を知りつつ

負けずにがんばりましょう✨

 

愛子さまもキャサリン妃も激ヤセ!摂食障害(PTSD)密かに大流行中

 

キャサリン妃のカショオ(過食嘔吐)も驚きですが

愛子さまも

 

更にお痩せに…😱

 

 

精神科医も「拒食症で危険水域」と指摘 だそうです。

 

 

拒食症の多くは

「かぐや姫コンプレックス」とも呼ばれる

PTSDの世代間負の連鎖から

起こります。

 

単なるわがままとか発達障害ではなく

根が深いのです。

 

 

死に物狂いで脱皮する蛇のように

断食しようとしているのですが

 

自力ではなかなかむずかしいので

 

心理療法というものが生まれました。