カテゴリー別アーカイブ: ジブリ『思い出のマーニー』

母の再婚相手を刺殺し「頭真っ白」の19歳少年は発達障害かPTSDか

昨日

午後11時45分ごろ

新潟県長岡市の

男性会社員(46)方で

「息子が父を刺した」と

妻から119番があり

 

現場にいた

高校生の少年(19)が

殺人未遂容疑で現行犯逮捕されましたが

 

少年は

「頭が真っ白で分からない」などと

供述しているそうです。

 

こういうのは

「解離」状態で

 

 

発達障害によるものではないですよ。

 

昨夜

急に読まれ出した

 

『思い出のマーニー』についての過去記事が参考になるかもしれません。

 

 

成田屋も『崖の上のポニョ』のPTSD克服原理で「カンカンが翔んだ」

生きていると

悲しいこと

つらすぎることがあるもので

 

「心的外傷と回復」の画像検索結果

ゆっくり

こころのケアをすべきなのですが

 

「カンカン宙乗り」の画像検索結果

 

そうは言っておれず

平常通りに

振る舞わなければならないこともあります。

 

悲しみは悲しみのままに

歴史を更新しようとする姿に

人々が心打たれたのでしょう。

 

 

「崖の上のポニョ」の画像検索結果「崖の上のポニョ」の画像検索結果

 

「如人千尺懸崖上樹」

――(子ども)如 崖の上の

限界に限界を重ねて

そこから翔ぶ精神は

古(いにしえ)からの

尊い哲学に裏打ちされています。

 

 

「カンカン宙乗り」の画像検索結果

 

奇跡の一瞬で

ママを感じることもあるでしょう。

 

「被災地幽霊」の画像検索結果

 

被災地でも

亡くなった人を観ることは

少なくないそうで

「マーニー」の画像検索結果「ヴィジョンユン...」の画像検索結果

 

ジブリも

ユングも

そういうものを大事に

とらえます。

 

 

「統合失調症の認...」の画像検索結果「統合失調症の向...」の画像検索結果

 

こういう愚かな考え方は

成田屋には

なじまないようで

よかったです💕

 

「成田屋」の画像検索結果

七夕ですね🎋✨

「七夕」の画像検索結果

 

七夕ですね。

 

7月7日

7が2つ重なりますから

「火」気の強調です。

 

「5行」の画像検索結果

 

織姫と彦星は

(陰と陽)

結婚したのはよいのですが

あまりに楽しくて

仕事をしなくなったので

神の怒りにふれました。

 

「陰陽」の画像検索結果

 

西洋二元論ではないので

結婚によるハッピーエンドによる完結はなく

 

「大死一番乾坤新たなり」で

陰陽は

永遠に

自己否定しながら

変化し続けなくてはならないのでした。

 

 

現実は

いろいろと複雑に見えますが

 

「マーニー」の画像検索結果

(杏奈とマーニーも陰陽)

 

 

「マーニーメガネ」の画像検索結果

 

陰陽五行説によれば

その根本さえ

よく見(火気)ていたら

あとは自然とうまく運ぶそうですよ。

 

なので

この子のメガネも赤にしたのかな?

 

『セラピスト』心の病(PTSD)は、どのように治らないのか?

「セラピストさい...」の画像検索結果

 

以前にも書きましたが

一流のセラピストに出会いながら

なぜ

最後は薬物療法を選んだのか

不思議でした。

 

 

沈黙に耐えられなかったというのが

核心かもしれません。

 

まばたきの回数が増え

身体がこわばったりするような

何かがそこにあって

フラッシュバックが起こる予期不安を前に

パニック発作を起こし

 

うつ病系の診断名を受け入れている人が多いように思います。

 

 

『思い出のマーニー』の杏奈のような

幻を追い求める狂気

大事です。

 

宗谷本線でも人身事故『思い出のマーニー』とPTSD解離自殺予防

豊富~徳満駅間で

人身事故があったそうです。

 

「宗谷線」の画像検索結果「宗谷線」の画像検索結果

 

動物支障はわりとあるけれど

人は7年半ぶりだそうです。

 

「マーニー旭川」の画像検索結果

マーニーが見えたのでしょうか。

 

見えたあとに

どうするか

そこが問題ですね。

 

 

正しくPTSD予防いたしましょう。

 

「エイプリルフール」断食明け妄想はPTSD治療のチャンス!

エイプリルフールですね。

「エイプリルフー...」の画像検索結果

 

解離人格なんかは

年中ウソばっかりついていて困りものですが

 

嘘も方便

場合によっては

嘘もつけないようでは困ります。

 

エイプリルフールのいわれには

諸説あるそうですが

 

私は

断食明けでフラフラの僧をからかったというお話が

真実に近いのではないかと思います。

どこの宗教でも

瞑想には断食がつきものなのですが

 

「ラマダーン」の画像検索結果

 

フラフラになると

変性意識状態になるので

心身がリセットできて楽しいです。

 

 

『思い出のマーニー』の杏奈なんかが

フラフラになりながら

マーニー(幻想)を追い求めた狂気が

追体験できますよ。

 

「ラマダーン」の画像検索結果

 

 

「釈迦」の画像検索結果

 

お坊さんをからかっている場合じゃなくて

みんなやってみれば

そのよさがわかります。

 

神が与えた

無料のサイコセラピーで

何でも治りますが

それが嫌な人には

いろんな方法が用意されています。

 

 

連続強姦事件で保釈中に暴行のPTSD男にも「依存性」「解離」「認知の歪み」

連続強姦致傷事件で

懲役9年の実刑判決を受けて

控訴中に保釈され

その約2週間後に

再び女性に暴行した

無職男(27)に

東京地裁は

懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を

言い渡しました。

 

裁判長は

「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり

性犯罪に対する抵抗心が弱く

順法精神も低下している」と

述べています。

 

控訴中だった一審判決は確定したので

今回の判決が確定すると

合算されて執行されるそうですが

 

認知の歪みを伴う

解離性の依存症ですから

行動療法的な効果も期待できず

薬漬けにされそうな気がします。

 

PTSDはストレスに弱いので

同じ依存症でも

より軽めの摂食障害ですら

病院でも刑務所みたいと感じるようですから。

 

 

 

子どもの頃から

ちょっとした心身の不調が見逃されず

安易に薬などで

対症療法的に片づけられるのでもなく

 

 

正しくケアされることが大事ですね。

 

PTSD予防教育は

未来の被害者を救うこともできるのです。

 

皇后さまは帯状疱疹で愛子さまは拒食症PTSD世代間負の連鎖

宮内庁は

皇后さまが

帯状疱疹になられたことを

明らかにしました。

 

国民から

理不尽なバッシングを受けて

失声となられたこともありました。

 

雅子さまも

帯状疱疹から適応障害になられ

休養中です。

 

愛子さまは拒食症ですね。

 

「美智子様愛子様」の画像検索結果

 

見かけだけではなくて

心理のある部分も似ておられるのだと思います。

 

拒食症は

かぐや姫コンプレックスから読み解くのが

精神分析の常識です。

 

「摂食障害かぐや...」の画像検索結果「摂食障害かぐや...」の画像検索結果

 

思い出のマーニーの

ヒロイン杏奈は喘息でしたが

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

難治性の喘息もPTSDですから

(普通は薬が効く)

治癒する時に

世代間負の連鎖が明らかになりましたね。

 

そういったことを不問にする

行動療法は無効

 

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

無意識(マーニー)と遊ばないと治らないみたいです。

 

愛子さま の拒食症は雅子さまからのPTSD家族間負の連鎖と週刊女性

皇太子さまの

57歳のお誕生日に公開された

愛子さまの“激ヤセ”ぶりが

話題になっていますが

週刊女性は

 

長らく闘病中の雅子さまからの負の連鎖であることを

指摘しています。

 

 

精神科にかかり

薬を呑むことになるだろうと言われていますが

拒食症は

そんなことでは悪化するばかりです。

悩む力もコントロールされて

カショオに移行したらどうするんですか💢

 

 

 

『かぐや姫コンプレックス』ですから

 

 

無意識を見てゆけば

治癒し

自己実現モデルであることがわかるでしょう。

 

そのあたりは

『思い出のマーニー』にも表現された

サイコセラピーの常識です。

 

治癒する時に

すべてがわかるのです。

 

『一週間フレンズ。』も解離性健忘症(PTSD)克服物語

ヒロインは

「一週間で友達の記憶がリセットされてしまう」体質を持つという

設定ですが

 

医者も

「心因性」だろうと診断

 

治療ではなく

現実の人間関係のなかで

治癒し

「1週間フレンズ」の画像検索結果

そのなかで

原因も明らかになるようです。

 

 

『思い出のマーニー』なんかにも表現されている

心理療法における記憶の秘密の基本です。

 

ここを外すと

お話になりません。

 

(最初に

原因とかどうしたらよいのかを知りたくなるのは

普通のことですが

そこにこだわり続けると治らないので

究極的には

愚問ということになります)

 

小学生のときに

(冬ソナは高校生くらい?)

ちょっとした勘違いから

ショックを受けて飛び出し

交通事故に遭った後

記憶障害を起こしたけれども

 

脳のダメージが問題ではなく

こころのダメージが問題だったので

回復できたというのは

韓国ドラマの『冬のソナタ』と同じですね。

 

「冬ソナ」の画像検索結果

 

「1週間フレンズ」の画像検索結果「一週間フレンズ」の画像検索結果

 

 

『東京喰種』と違い

実写には無理がなかった

PTSD物語です。