ジブリ『思い出のマーニー』」カテゴリーアーカイブ

『耳なし芳一』 PTSD治療の落とし穴🌀

芳一という

盲目の琵琶法師は

子どもの頃の眼病で失明

PTSD予防中

平家物語の弾き語りが得意で

ある日

一人の武士に請われて

「高貴なお方」の屋敷に琵琶を弾きに行きます。

盲目の芳一が観た

五感が融合した

イメージの世界の話だということがわかる。

住人はみな感涙し

カタルシスはPTSD予防のサインの1つ

実は自分の無意識が

解放され

表現されて

感動している。

七日七晩の演奏を頼まれ

夜ごと出かけるようになりました。

武士にこのことは言うなと告げられましたが

心理療法でも

逐一人に報告したり

ブログに書いたりすると

治るものも治らなくなる。

理由は以下のような

思わぬ妨害が入ることがあるから

寺男が見た芳一は

誰もいない平家一門の墓地の中

安徳天皇の墓前で

恐ろしいほど

無数の鬼火に囲まれて

琵琶を弾き語っていて

「耳なし芳一 絵...」の画像検索結果

和尚は

頻繁に出没している

当時の集合的無意識の流行

ヒステリー性格で

(超外向で流行に敏感)

表現能力のある

タレントに顕著に出る。

平家一門の邪悪な怨霊であると分析

邪悪と断罪するのが

和尚の致命的な未熟さ

怨霊たちは

そのうち芳一を殺してしまうと案じ

「みみなし芳一 ...」の画像検索結果

「阿弥陀経」の画像検索結果「あみだくじ」の画像検索結果

全身に般若心経を写しますが

ご存知のように

耳にだけ書き忘れましたので

怨霊に耳を持ってゆかれてしまいます。

芳一は生真面目なので

和尚さんの言いつけを守り

痛さや恐ろしさを必死で我慢し

「出来る限り

上様の仰せられた通りにした証として

この耳を持ち帰る他あるまい」と

生真面目に考える

亡霊(無意識)とパラレル

全てを知った和尚さんは

驚いて

非を詫びましたが

詫びなければならないのは

これだけでしょうか?

怨霊は

「返事がない。

琵琶があるが芳一はおらん。

これはいかん。

どこにいるのか見てやらねば…」と

芳一を案じていますよ。

錯乱して左耳を切った画家や

「ゴッホ」の画像検索結果

求道のために右耳を切った僧がいますが

(イケメンすぎて女性が寄ってくる)

「明恵」の画像検索結果

明恵は

鎌倉時代の僧侶

幼いころに両親を亡くし

PTSD予防中の出家

昔は心理療法もないので仕方ないが

夢分析はしていた。

和尚は

芳一が

『思い出のマーニー』の

この恐ろしいサイロ事件で

ヒロイン杏奈が経験した

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

重要な心理療法の過程を妨害したとは

禅宗なら

狂気を求めるこころは奨励される。

精神医学では

妄想・幻覚・幻聴は

ビョーキの印だが

心理療法ではvisionと呼び

向き合うことが奨励される。

言えないでしょうか。

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

詳細は

論文にまとめてあります。

トラウマの上にトラウマを重ねると

人はだんだん弱くなるとも言えますが

芳一のように

トラウマから個性化した個性が

新しいトラウマに向き合うことで

腕前が上がり

名声が高まって

何不自由なく暮らし

個性化の過程を歩み続けることに

つながることがあるというのは

不幸中の幸いです。

そして

芳一のような人は

もう和尚さんのような人に

(公認心理師とかの肩書)

騙されないと思います!(^^)!

世界遺産ドゴン族の村も事実上消滅させたPTSD解離性無差別殺人

西アフリカ

マリ中部に住む

ドゴン族(Dogon)の人々の村を

「バンディアガラ...」の画像検索結果

断崖絶壁「バンディアガラの断崖」

1989年に世界遺産にも登録された観光スポット

武装集団が銃撃しながら

略奪、焼き討ちにし

95人が死亡していたことが

昨日わかりました。

死者数は暫定的なもので

取材に応じた人によれば

怖ろしいので

匿名を条件に証言

ドゴン人の村1つが事実上消滅した」とのことです。

「Dogon」の画像検索結果「Dogon」の画像検索結果

独自の文化があり

「dogon」の画像検索結果

エルメスも一目置く

『思い出のマーニー』のこのシーンを見たとき

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

サハラの熱風という意味のジブリには

アフリカのモチーフが重要

近くにある

「Dogon」の画像検索結果

「トゥンブクトゥ...」の画像検索結果

この教会を思い出しました。

PTSDは

文化も破壊するのです。

日本人の原爆トラウマに値するショックです。

トラウマに貴賤・優劣はありません。

秋篠宮さま『思い出のマーニー』PTSD性不眠へ

1歳5カ月の秋篠宮さまが大号泣したのは

お母さまと離れたくないからでした。

ご公務なのでしかたがないのですが

海外ともなると

ちょっと辛すぎましたね。

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

(『思い出のマーニー』

PTSDの世代間負の連鎖の図)

マーニ―を止めているのは

お手伝いさんではありますが

背後に和服の女性がいて

構図が似ています。

寂しさを抱えたマーニーは

一生懸命生きますが

娘は若くして事故死

孫は喘息に苦しみました。

『借りぐらしのアリエッティ』では

「借りぐらしのア...」の画像検索結果「借りぐらしのア...」の画像検索結果

寂しさを我慢していた少年の

心臓が悪くなっています。

忘れたころに

不眠になるのも不思議ではないと思いますが

心療内科の薬は

やめた方がいいと思いますよ。

ちなみに

ジブリ作品の場合は

どちらも幻覚を見て

それに向き合ったあと

治癒しています。

古典的な

こころの病の発症と

治癒のメカニズムについてのお話でした✨

『思い出のマーニー』PTSDの世代間負の連鎖「精神科治療に活用」

精神科治療の場で

母子関係の葛藤等を描いた

漫画が役立つという

ユニークな分析を「精神科治療に活用」中の大学教授だそうです。

しかし

医学部では習わないのでしょうが

トラウマを放置すると

子どもに受け継がれて

子どもが苦労するというのは

「古事記PTSD」の画像検索結果

古事記の時代からの常識であり

摂食障害についても

「摂食障害かぐや...」の画像検索結果

かぐや姫と翁の関係として

竹(感官)で発見され

父母ではなく翁媼に育てられる。

随分昔から指摘されてきました。

最近でも

「思い出のマーニ...」の画像検索結果「思い出のマーニ...」の画像検索結果

世代間負の連鎖について

ジブリがわかりやすく説明し

「古事記PTSD」の画像検索結果

私が解説書を書きましたよ。

単に

負の連鎖していると言うのではなく

「かぐや姫PTSD」の画像検索結果

自己実現モデルと書いたのは

(どこかの大学教授は

わがままモデルと書いてるけど)

この論文だけじゃないかな?

画像のように

言葉ではなく

箱庭の中でそれを智るようになるというのも

他にはないかも✨

エテ公臨床心理士のPTSD理論抜きピエール瀧さん謝罪批判に批判殺到

コカインを使用したとして

麻薬取締法違反の罪で

逮捕のち

起訴された

ピエール瀧さんの謝罪について

 「感情がない」等と批判した

 

臨床心理士が批判されています。

 

PTSDも精神分析も否定する立場なら

「矢幡洋 hon」の画像検索結果「矢幡洋 hon」の画像検索結果

 

寂しさから依存症になるとしか言えず

「矢幡洋」の画像検索結果

なぜ感情がないように見えたのか等の

「思い出のマーニ...」の画像検索結果「思い出のマーニ...」の画像検索結果

不自然な「普通の顔」見えるのは

PTSDなのか

発達障害なのか?

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

答えはココに✨

 

分析に至らないのでしょう。

 

「臨床心理師会公...」の画像検索結果

この人も得て公なのかな?

 

「猿」の画像検索結果「猿反省」の画像検索結果

誤診薬漬けにも絶対服従誓います!

みんなで取れば怖くない…?

 

埼玉の中学生がいじめPTSD発症し祖父から殺人の解離行動

18日夕

埼玉県和光市のマンションで

祖父(87)の腹を刺し

出血性ショックで死亡

上半身には複数の刃物によるとみられる

十数カ所の刺し傷や切り傷があり

一部の傷は内臓まで達していた。

祖母(82)の首を刃物で切りつけた

重傷

中学3年の男子生徒(15)は

「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだったが

家族に迷惑をかけたくないので

まず家族全員を殺してから実行するつもりだった」と

供述しているそうです。

 

事件後まもなく

一部血痕が付着した複数の刃物が入ったバッグをもって

凶器が複数というのもお約束

現場を立ち去り

警戒中の警察官に身柄確保されたとのことで

 

解離犯罪のパターンは

殺人もレイプ犯もそう変わりません。

「ミスター慶応」の画像検索結果

現場から移動するが

逃げ切るつもりはなく

見つかる行動をする。

「逃亡遍路」の画像検索結果

この人もレイプ犯

 

クリミアの専門学校生も

憎しみからテロリストのように

爆破&銃乱射事件を起こしました。

「クリミア銃乱射...」の画像検索結果

 

対人関係に悩んで

「マーニー 杏奈」の画像検索結果

内部に激しい自己嫌悪をいだき

「マーニー 杏奈」の画像検索結果

心身症化する子どもが多かったですが

 

発達障害扱いして

向精神薬を投与されますと

「陰陽」の画像検索結果

陰陽は容易に反転しますから

自傷は他害に

リスカ等PTSD症状をフツーと片づけず

「ふつーの思春期」の画像検索結果

 

こころのケアを勧めることが大切です。

 

『おらおらでひとりいぐも』認知症? 脳内多重人格性と自己実現

芥川賞受賞作です。

 

 

ひとり暮らしの桃子さん(74)は

幻聴のような

脳内の住人の声が聴こえ出してきて

「おらおらでひと...」の画像検索結果

「私の頭この頃ちょっとヘンかも…」と

心配になりますが

認知症かなと不安になったら

病院に行く前に

この本を読んでみてください?

「おめ」と「おら」が対話し始め

宮澤賢治『永訣の朝』の

Ora Orade Shitori egumo」

「我と汝」の画像検索結果

自我と自己

「セルフと自我」の画像検索結果

自分の好きなように生きていく

決意をするまでになった物語です。

 

現実の話がほとんど出てこないところや

「ユング自伝」の画像検索結果

内面の物語

優しい夫とかわいい子どもたちがいる

家庭で幸せに暮らしていても

本当の自分と本当の家があるから

「十牛図6」の画像検索結果

どこか寂しいなと感じていて

 

夫を送り

「おひとりさまの老後」を迎えた途端に

小説を書き始めたところが

固着と退行

固着には

やり通すだけのエネルギーがあり

表現しつくせば消える。

なんとなくユング心理学っぽいなと思えば

河合隼雄の本を読んで

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理師が捨てた河合精神

共感したと話しておられました。

 

ご出身の遠野でも

ご老人たちは

「棺桶に片足をつっこまないと

つまり死にそうにならないと

「PTSD予防」の画像検索結果

「PTSD予防」の画像検索結果

「PTSD予防」の画像検索結果

わからないことがある」と

つまりは自己実現することもない。

話していて

「わかりたい」「かたりたい」という気持ちが

とても強かったそうです。

 

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

脳内の多重人格性に

きちんと向き合うことは大事ですね。

「永訣の朝PTSD」の画像検索結果「永訣の朝PTSD」の画像検索結果

「PTSD箱庭昔から」の画像検索結果「PTSD箱庭昔から」の画像検索結果

マーニーも幻覚(おめ)でしたね。

「おらおらでひと...」の画像検索結果

 

喘息の箱庭療法と『思い出のマーニー』PTSDのツボ

前記事ですが

 

 

 

「経絡 古代」の画像検索結果

経絡にハマれば早いんですよね。

 

「阿吽」の画像検索結果

阿吽の呼吸で

ラポールの波長合わせが命綱

子どもはコツを掴むのがうまいです。

 

「カショオPTSD」の画像検索結果

「カショオPTSD」の画像検索結果「カショオPTSD」の画像検索結果

「カショオPTSD二...」の画像検索結果「カショオPTSD二...」の画像検索結果

『二ノ国』

ミクロコスモスとマクロコスモス

 

摂食障害にもPTSDというツボがある。

 

『透明なゆりかご』7話ADHD誤診ヒロインもPTSD予防から自己実現へ

第7話は

ヒロインが

PTSD予防から

自己実現するために

自己実現するか

病人として生きるか

運命の分かれ道

看護師を目指しているということを

母子関係がこじれてつらい思いをしており

母子手帳について考えてきたので

無意識のうちに

産婦人科に引き寄せられた。

説明したお話です。

 

母親のお気に入りのやかんを焦がしてしまい

徹夜で磨いていると

子どものときから怒られてばかりなので

高校生になっても

ピカピカになれば母親が喜ぶ!としか考えられない。

7話の終わりに

母子関係のわだかまりが解消し

顔色を伺うのではなく

かるく口答えするとともに

要求されていなくてもしてあげたいと思うことは

自然にできるようになる。

母親が

何を考えているのかと叱るシーンから

看護師のアルバイトをしているのに

睡眠不足になることを考えないのは

非常識だと

お話が始まります。

 

 

小学生のころには

忘れ物が多く

担任にランドセルに張り紙をされるほどで

母親によく怒られ

大人たちもヘンです…

4年生になっても3年生の算数ができず

何かができなくなるのはPTSD反応

思いつくと何でもやってしまう様子が

いじめられている子をかばってあげる気持ちが昂じて

ついプールに飛び込んだり…?

奇行とみなされ

母親はよく学校に呼び出され

こころの余裕がなくなり

離婚にもなるし

孤独と被害者意識から

ヒロインに辛く当たる。

中学生になると

「注意欠陥多動性障害」と診断されるようになりました。

 

「注意欠陥多動障...」の画像検索結果

ADHDはそう呼ばれていました。

微細脳欠陥とも呼ばれましたが

脳に見えない傷があるのだろうという仮説

仮説が多すぎる世界?

画像診断技術が発達し

見つからない!のでトーンダウン…?

「ADHDうそ」の画像検索結果

作られた病の代表であることが判明するまでになりました。

 

当時の医者は

奇行は喘息の発作のようなものだと言ってましたが

喘息だって

なおらないものは

喘息なら薬でコントロールできるはず

PTSDなんですよね。

 

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

 

良い看護師になると思いますが

 

「公認心理師」の画像検索結果

 

こういうわけのわからないのが

現場に参入する時代となり

苦労するでしょうね。

ここにお話においで✨

 

『この世界の片隅に』円形脱毛症になりながらPTSD予防

アニメの実写版の

第二話では

嫁に来たヒロインの苦労が表現されています。

 

海を見下ろす

城塞のような場所は

観光するには素晴らしいですが

「この世界の片隅...」の画像検索結果

住んでみれば

朝食をつくるのにも

水くみから始まるし

水道がまだきていなくて

他家の井戸まで坂道を行き来する。

知らない土地での

人間関係でのストレスもあります。

ちょっとしたやっかみからの

プチいじめとか

要領をきちんと伝えられないと

コツをつかむまで

四苦八苦することもあるのは

現代の新人教育と変わらない。

 

ヒロインは

精神的に育ちがよいので

人の悪意というものを知らない。

知っている人なら

トラウマの再来になるかもしれない。

苦労とも思わず

「ポリアンナ」の画像検索結果

『ポリアンナ症候群』にも似ている。

何でも無理やりポジティブシンキング

素直に

現実をそのまま受け入れて適応しようとしますが

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果

円形脱毛症になります。

 

「心身症」の画像検索結果

 

こころが受け止められない部分が

体に流れているわけですが

 

周囲が気づき

『あーやっぱり…』と以心伝心

症状そのものを気にするのはよくないと教えます。

不登校・過食・拒食・不眠だけに注目すると

治りません。

 

こういう環境なら自然治癒するんですよね。

 

「古事記PTSD」の画像検索結果

古事記の神々=現実の人間関係にある自己治癒力支援チーム

「古事記PTSD」の画像検索結果

「古事記PTSD」の画像検索結果

喘息も心身症

人間関係で治す場合と心理療法を受ける場合