カテゴリー別アーカイブ: ジブリ『風立ちぬ』

「母へ」遺書と共に自民党に特攻のPTSD解離男逮捕

31日夜

東京・永田町の

国会正門前で

警戒中のパトカーに

乗用車で突っ込んだ

30代の男は

「自民党を困らせるためにやった」と

供述しているそうです。

 

「特攻隊」の画像検索結果「特攻隊」の画像検索結果

 

「母へ」と書かれた遺書もあるそうですが

特攻隊の若い人たちも

「お母さん…」と言って

亡くなっていったそうですよ。

 

「特攻隊お母さん」の画像検索結果

 

 

問題行動ではありますが

時代の問題を映し

象徴性が濃厚に感じられるので

これも発達障害ではなさそうですね。

 

 

遺書の中味は

発達障害誤診ブームへの嘆きだったりして。

 

無理やり通院させられている子も多いので。

 

『風立ぬ』PTSD解離流行時代に生きる指針

yjimagenuhye
百田原作の映画
『永遠の0』のような
「嘘八百を書いた
架空戦記を基にしたもの」
「神話の捏造」ではなく
何もかも失敗し
何もかも失うような人生を
よりよく生きようとする姿(美学)が
PTSD予防教育的にも大事ですね。
o0200031212873684059
 
img_0
o0300025012873684060
嘘や幻想が多すぎる時代ですから。
 

デビュー作『永遠の0』からPTSD解離性健忘症の『殉愛』作家

宮崎駿は
百田原作の映画
『永遠の0』について
「今
零戦の映画企画があるらしいですけど
それは嘘八百を書いた
架空戦記を基にして

零戦の物語をつくろうとしてるんです。
神話の捏造
まだ続けようとしている。
『零戦で誇りを持とう』とかね。
それが僕は頭にきてたんです。
子供の頃からずーっと!」
「相変わらずバカがいっぱい出てきて
零戦がどうのこうのって
幻影を撒き散らしたりね。
戦艦大和もそうです。
負けた戦争なのに」と述べ
批判しているそうです。
 ―百田は
 宮崎駿の
 『風立ちぬ』に対して
 「ものすごくきれいな映画」
 「零戦ファンの私は泣きました」と絶賛
敗戦PTSDを忘れるのもいけないけど
忘れさせるように騙して煽るのは
悪徳ですよね。
この作家は
昔から
解離性健忘症みたいです。
 ―現実を否認し
 妄想で埋め合わせる。





バカがいっぱい出てきて
PTSD否認したり
神話の捏造したり
 ―象徴に関するウソ八百のユング派
いい加減にしてほしいって
私も言おうニコニコ

小保方晴子さん的PTSD予防から個性化の過程を歩む「ブレークスルー思考」

ブレイクスルー思考とは
目の前にある壁
(問題や障害物)
そのものに価値を見出し
すべて
「順調な試練」として
受け止めることにより
その壁を自分の中に吸収しながら
成長をはかり
一見
閉じられているかのように見える
状況を
楽々と
突破していくような
発想法のことだそうです。

ポリアンナ症候群の場合は
何でもポジティブに取るだけで
 ―めげないのは大事ですが
思考停止してますから
 ―意地悪されたら
 やはりそこは喜んでるだけじゃ
 だめでしょう。
 ハッピーエンドなら
 長期的に見て
 ブレイクスルーになってるのかも
 しれないけど。
 
ちょっと違うと思います。
論文却下する相手を  ←老獪モンスター
ねじ伏せるのは
柔道的で
 ―柔よく剛を制する。

研究熱心で
 ―毎日ひたすらそればかり

日本的かなぁとも
思います。
『崖の上のポニョ』の
 ―如人千尺懸崖上樹
超え方ですね。

『風立ちぬ』戦争PTSD克服の美学アメリカには通じず…。

米アカデミー賞の
前哨戦とされる
第71回ゴールデン・グローブ賞を
逃しました。

アメリカですから
しかたないですかね。
善悪二元論や
 ―戦争を応援してたわけじゃない。
結果が残せたかどうか
 ―なにもかも失った。
じゃなくて
運命に翻弄されながら
最善を尽くす姿は
美しいと思うんですがね。
退役軍人
帰還兵たちだって
ここから学べば
大麻なんて
必要ないのに。

ギロチン・カラシニコフ・PTSD否認精神医学

朝日新聞の
天声人語によれば
ギロチンを作ったのは
18世紀フランスの医師
ギヨタン博士で
「苦痛の少ない処刑装置」として
考案した本人は
生涯悲嘆したそうです。
 ―加害者PTSD予防の人生
「字の読めない兵士にも
使いこなせる銃」
カラシニコフを作った
カラシニコフは
「史上最も多く人を殺した武器」と
聞かされ
「悲しいことだ」
 ―加害者PTSD予防しながら
94歳で亡くなる。
日本では
字が読めなくても
処方できる
 ―自動販売機と呼ばれている。
向精神薬処方で
たくさんの人の魂が
処刑されていますが
 ―無反省に見えるから
 PTSD発症するかも
 否
 しているからできるのか。
武士の一部が
「剣を鋤に打ち直す」様子や
美しい飛行機を作りたかっただけなのに
ゼロ戦発明になってしまった
作品が

映画化されています。
文化は
PTSD的時代の問題を
映します。
集合的無意識の
投影です。

ナミビアでPTSD解離性「ゼロ戦」?

アフリカ南部
ナミビアで
11月末に
モザンビーク航空旅客機が墜落
乗客乗員33人が死亡した事故ですが
飛行記録装置を解析した結果
操縦士が操縦室に閉じこもり
警報が鳴っているにもかかわらず
副操縦士を中に入れなかったことが判明
 ―日本でもこういうのありましたね。
「一連の行動の理由は不明で
調査を続ける」そうです。
何らかの意図をもって
故意に行ったとみられていますが
解離行動の場合
そこがややこしいですね。
自我が占領され
無意識が暴走するという
心理学の古典的常識が
 ―それがそのまま行動になる。
アフリカのシャーマンなみに
忘れられていますから。
 ―忘れる努力をしようと必死に見える。
今年は
墜落事故も目立ちますし

実写映画でも
なんか上映中らしく
―V6の岡田准一が主演
 『永遠の0』
今年はゼロ戦気分なんでしょうか。
ナイフや銃が悪いのでないように
ゼロ戦も
本当は
ナミブ砂漠のように
美しいんですがね。

魚の骨も

武道の技も
それ自体は
美しいのです。
解離した人間が使うと
殺人凶器に変わります。
ライト兄弟もそうだったみたいですね。
一太極二陰陽ですね。
 ―ふたりとひとり

集団登校中の小5女児はねたPTSD解離会社員(28)現行犯逮捕

福井県鯖江市で
女児(11)が
軽乗用車にはねられ
頭などを強く打ち
頭の骨を折るなどの
重傷です。
1~5年生の8人で
学校に向かっていて
会社員は出勤中でした。
こういう事件が多発するから
 ―無意識に狙っているとしか
 思えない。
 犯罪者になるだけなんですが。
集団登校の是非論も
出てるくらいですね。
$翠雨PTSD予防&治療研究所風立ちぬ
眼鏡で有名なところだったかな。
そう言えば
堀越二郎は
サバの骨の造形に
魅入られていましたね。
近眼でもいいから
見ようと努力したら
PTSD解離傾向が
見えてきますよ。

アリエッティから『風立ちぬ』PTSD正の連鎖


前記事は
どうしようもない
インテリたちの
話ですが
映像のなかに
 ―『借りぐらしのアリエッティ』について
  語っている。
  一言居士であるのは
  私と同じ
多少は
ヒントもありました。
アリエッティは
種族最後の子だが
 ―絶滅品種のような
 自己治癒力の存在
死にゆく
 ―ウソです!
病弱な少年と別れて
原始人みたいな
少年と
川を下っているが
髪をおろすから
性的なニュアンスがあると
言っています。
翠雨PTSD予防&治療研究所
翠雨PTSD予防&治療研究所
ここの部分ですね。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
自己治癒力は
 ―アリエッティ
集合的無意識のなかにいる
智恵深く
パワフルで
勇敢な存在で
中心力(地球のマグマみたいな
危険で有難い存在)を
感官で
行き来します。
いろんな無意識層がありますが
原始人の少年は
人間の祖先の層にいて
 ―断食したりして
 感官を掃除したら
 脱洗脳されて
 ここまでくる。
 PTSD否認薬漬けの可笑しさは
 当たり前に見えるようになる。
アリエッティはこことも
交流しながら
 ―交流は
 岡田氏のいうような
 性的なものとは
 限らない。
 何でも性的解釈するのは
 フロイトの限界でもある。
実力を保つのです。
少年を治したアリエッティは
また無意識層に
還っただけです。
宮崎駿も
アリエッティを書いて
魂の成長を遂げ
 ―この作業を怠ると
 PTSD発症する。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
次は
アニマ・アニムスを
(内なる男女)
進化させたのです。
 
実在の人物から発想を得た
イマジネーションなんだし
 ―しかし
 現実よりリアルで
 意味ある
 架空
個人的
理想像や願望なんか
はるかに超えた
世界の話です。
個人的願望なら
こんなことに
睡眠時間と神経スリ減らし
こんなつまらない
文句言われながら
やりたくないでしょう。
不安と神経症の時代に
 ―ポニョのパンフレットに書いてある。
 発達障害ではなくて
 PTSDの時代
子どもたちを
 ―昔子どもだった人も
励ますために
命を削って
描き続けているのです。
 ―鶴の恩返し
それがわからない人は
ダメでしょう。