カテゴリー別アーカイブ: でっちあげ【統合失調症】

不安と神経症の時代の公案『崖の上のポニョ』戦争神経症は戦争PTSD

実は戦争PTSDで入院した人々がたくさん存在すると

紹介された記事がありました。

「戦争で心を病み

70年以上が経っても

入院したままの日本兵たちがいる」

「いまで言うPTSD

(心的外傷後ストレス障害)に悩まされた元兵士も多かった」

「戦地の加害経験などによって

精神を病んだ人たちは

『戦争神経症』と呼ばれました」が

敗戦直後までに入退院した日本陸軍の兵士は約2万9200人

その半分にあたる約1万450人が

さまざまな精神疾患に苦しんだ。

 

「同僚に悪口を云われる様な気がし

誰か跡をつけられて

人に会ふのが恐ろしくなり……

目や鼻のない坊主の姿が見へて来た」

「女や男の泣声が聞こえたり

聖徳太子の声も聞こえる」とのことで

統合失調症と診断された30歳男性について

当時は精神分裂病

 

「まさにPTSDの症状だと言えます。

私たちが戦争神経症と判断したうち

1割以上がこの症状でした」と

診断名の見直しが行われています。

 

トラウマになる原因もいくつかあげられていますが

加害行為についての罪悪感が大きく

「12歳くらいの子どもを突き殺した。

かわいそうだと思ったことがいまでも頭にこびりついている」

「部落民を殺したのが脳裏に残っていて

悪夢にうなされる」

「子どもを殺したが

自分にも同じような子どもがあった」

「付近の住人を殺した。

夢の中で殺した領民が恨めしそうに見てくる」

「ラストサムライ」の画像検索結果

『ラストサムライ』にもそんなテーマがありました。

また隠蔽されがちなので

軍事機密でもある。

複雑化しやすいようです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

PTSDの原因は1つながら

トラウマ

症状は百花繚乱ですが

何でもあり

「ポニョPTSD一即...」の画像検索結果

一即多 多即一

宮崎駿は

戦争で純粋な少年のこころが傷つき

戦争オタクを超え昇華

「星の王子さま」の画像検索結果

この人も同じタイプ

「神経症と不安の時代」って書いてますね。

 

「ポニョ不安と神...」の画像検索結果「ポニョPTSD」の画像検索結果

 

 

沖縄の戦争PTSD座敷牢は平成日本にもある。

精神科医の

呉秀三(1865~1932年)が

私宅監置の

悲惨な状況を調べ

「わが邦十何万の精神病者は

実にこの病を受けたるの不幸のほかに

この邦に生まれたるの不幸

重ぬるものというべし」との言葉を残してから

今年は100年の節目に当たるそうですが

 

「私宅監置」の跡が

沖縄本島北部に現存しています。

1900年に本土では禁止

米軍統治下の沖縄では

日本復帰まで続いた。

 

1・5坪(4・95平方メートル)ほどのコンクリート造りの小屋

食事の出し入れや通気と採光のための小窓のほかは

排せつなどのスペースがあるだけ

出入り口の鉄の扉には外から五寸釘等の鍵

 

家畜のような扱いで

閉じ込められたために歩けなくなった人もいた。

ここに監置されていたのは

戦後に精神疾患を発症した

昨年7月に89歳で亡くなった男性です。

 

急増する入院希望者に

予算が全く追い付かない状況で

しかたなくこうなったとのことです。

 

「アスペ」の画像検索結果

今では本土でも

子どもを安直におりこうにさせるために

時間もお金もかからず合理的

薬漬けにします。

 

「ADHD」の画像検索結果

 

場合によっては

親にその姿をブログで嘲笑されているのですが

これは見えない檻だと思います。

 

人権蹂躙やめましょう。

 

デジタルメディスンに気をつけてPTSD予防

怖い情報が入って来ました。

でも

意味が理解できれば

小学生にもわかる話です。

不幸は避けられます。

 

 

大塚製薬は

アメリカのプロテウス社と共同で

世界初のデジタルメディスン

「エビリファイ マイサイト」の使用を

米国FDAから承認されたそうです。

 

エビリファイの錠剤だけでも危険なのに

every high!と揶揄される薬ですね。

 

組み込まれた極小センサーが

身体に貼り付けたシグナル検出器

「マイサイト パッチ」を通して

活動状況記録し

服薬状況・睡眠・気分

専用の「マイサイト アプリ」に送信

あとは

スマホ等で

遠隔監視されます。

 

薬を飲んだふりもできないし

(入院させられるかもしれないし)

将来的には(?)通電等の恐れもありますね。

 

お試しのつもりでも

逃げ場がなくなるということです。

 

危ないものには

近づかないようにしましょう。

まずは誤診に気をつけることからです。

誤診⁉という人はPTSDのお勉強からどうぞ✨

朝霞市少女監禁事件の寺内樺風被告(25)は判決ストレスPTSDで統合失調症状態へ

埼玉県朝霞市の少女(16)が

昨年3月

約2年ぶりに保護された誘拐事件で

寺内樺風被告(25)の

判決公判が

さいたま地裁で開かれましたが

 

「寺内樺風」の画像検索結果

 

奇声をあげながら入廷

被告席につくように促されても

「私ですか?」と訊き

名前や職業を問われても

デタラメを言ったので

 

休廷となり

その後も回復しなかったので

判決言い渡しは

延期となりました。

 

これまでの公判でも

奇妙な言動を繰り返し

7月25日の論告求刑公判では

最後に何か言っておきたいことはと尋ねられ

「おなかが空きました」と他人事でしたが

 

弁護人によると

「今朝からこの調子です」とのことで

 

判決ストレスでさらに

解離度が増したものと推測されます。

 

 

「イエス~」

「パチンコ・スロット夢らんど」と

かろうじて

裁判のストレスを受け止めながら入廷しようとした

努力のあとは確認できますが

 

「高須有田」の画像検索結果

 

その後は

自分の存在から距離を置くために

こころが妄想状態に

浮遊してしまったようです。

 

 

しかし

妄想と言っても

めちゃくちゃを言うのは

案外

難しいもので

 

「樺」の画像検索結果

 

樺風というメルヘンチックな名前から

「森の妖精」となり

 

生年月日を

「平成13年1月15日」「16歳」と

退行させてゆきます。

 

「オオタニケンジ」と名乗るのも

 

「オオタニケンジ」の画像検索結果

 

児童合唱団の指揮者だからで

 

こころの「統合」が

おかしくなっている自分に

指揮者のようにまとめてくれる存在が必要であることを

物語っています。

 

しかし

日本人の名前ですし

本籍が

「和歌山県那智の滝」では

「森の妖精」らしくないので

 

「私は日本語が分からない」と

距離をとったつもりですが

それは日本語です。

 

このような精神状態からすれば

裁判所も

自分が裁かれる場所というよりは

 

「トイレです。

私はおなかが空いています。

今なら、1個からあげクン増量中」で

 

幼児期の問題が

ケアされる場所と化しているのでしょう。

 

 

死刑にはならないと思いますが

「存在」を否定されるのは

死の恐怖に相当するので

 

ストレスに弱い

PTSD解離人格の場合は

このような「回避行動」にもなるのでしょう。

 

秋田横手のアパート火事3人死亡10人けがもPTSD否認薬漬け医療から

22日未明

秋田県横手市で

火事があり

3人が死亡し

10人がけがをしました。

 

 

一人暮らしの男性が多く住むアパートと

報道されていましたが

ほとんどが

精神病院に通院中でした。

 

病院ではなく

地域で生活できるようになったのは

よいことですが

精神医療を「ハコモノ」としてしか

考えないようでは

何も変わらないということでしょう。

 

 

PTSDをうつ病や発達障害と誤診され

薬漬けにされている人は

 

回復を諦めさせられ

生きる力が削がれているので

こういう意味で

とても危険です。

 

 

夢見るこころ

取り戻してください✨

 

 

日本ユング心理学会 (JAJP )は電気ショックPTSDの夢を見るか?

 

9月3日の研修会の

参加者が少ないとのことで

締め切り延長の

お知らせメールが来ました。

 

ユング派の資格は昔からあって

精神分析医の資格以上に

(フロイト派)

自負心が強いものだったのですが

 

 

2つめの資格もできていたみたいです。

教授と准教授みたいな関係でしょうか。

 

そして

今後は

臨床心理士の資格以外に

公認心理師の資格も取得するのでしょうか。

 

資格は更新制なので

こういうところに

しょっちゅう出入りして

ポイントを集めねばならず

大変でしょう。

 

研修会での話題はいろいろですが

「病態水準」を再考しようという

分科会もあります。

 

 

臨床心理学は

アンチ精神医学だったので

 

「診断」しないのを旨としていたのですが

(診断しなくても

きちんと傾聴すれば

自己治癒力で治るし

間違うとレッテル張りになって

病理を固定させてしまう)

 

「境界例」が増えてきたころから

(神経症と精神病のあいだ)

「あれ」では

何を指しているかわからないので

「人格障害」等と呼ぶようになりました。

 

その後

ハーマンが

それは

虐待を原因とするPTSDだと主張し

DVシェルターでも

『心的外傷と回復』が読まれていたわけですが

 

ユング派が

そういうのは

重ね着症候群で

実は「発達障害」だったとか

 

象徴が使えてないとか

主体性がないとかと片棒を担ぎながら

発達障害の偽の流行を

支持してきたわけです。

 

そもそも

ユングという人こそが

統合失調症のような経過を辿ったあとに

その壮絶な体験を

『変容の象徴』等に

昇華させたわけですが

 

自伝を読めば

容易にトラウマエピソードが浮かびあがってきます。

 

まずは

ユングだけは

ぬいぐるみをかぶった発達障害ではなく

PTSDでもなく

正真正銘の統合失調症だったと

証明する必要がありそうですね。

 

 

タイトルは

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』人気SF作品

『発達障害は張り子の羊の夢を見るか?』ユング心理学者の遊び

からでした(^.^)/~~~

「アンドロイドは」の画像検索結果

 

 

石原真理絵さん「元祖プッツン(PTSDの解離)女優」からストーカー・妄想ブログ・万引き逮捕まで

なんと

コンビニで

お弁当とお茶を万引きして

逮捕されました。

 

ブログも

「(自分は)ゼウスを復活させた」等という

意味不明の長文や

著作権侵害被害妄想だらけで

病的だと指摘されています。

 

なんだか

公判で

奇妙な言動を繰り返し

昨日は

「お腹が空きました」と言った

寺内樺風被告と似てますね。

 

「寺内樺風」の画像検索結果

 

 

流行に敏感なひとたちです。

 

 

ストーカー行為については

過去に2度逮捕されていますが

今はネットストーカーが流行中なので

ブログで誹謗中傷していました。

 

「松居一代」の画像検索結果

松居一代さんの場合は

ターゲットが一人ですが

 

「元祖プッツン女...」の画像検索結果「元祖プッツン女...」の画像検索結果

 

この人の場合は

ターゲットも複数で

(自分の名前を頻繁に変えるのと関係あるかも)

 

主張内容も

「プッツン女優」と名づけた

明石家さんさんのことを

ストーカーと呼び

(自分の人生に対するつきまとい)

 

公開謝罪を求め続けるなど

話が複雑です。

 

プッツンとは

解離を示す言葉ですが

 

神経症のように見えるPTSDもあるし

人格障害に見えるPTSDがあれば

統合失調症のように見えるPTSDもあるということでしょう。

 

原因は

よくわかりませんが

ロシア人ではないかと言われている

お父さんの影が薄く

(父性が弱いと暴走しますね)

母子関係が相当悪いのに

最近まで

同居していたようです。

 

「アリエッティ」の画像検索結果「アリエッティ」の画像検索結果

 

離婚PTSDかな?

 

 

「乳児60人殺害の看護師」殺人願望もPTSD性強迫観念なら治る。

テキサス州で

30年以上前に

筋肉弛緩剤で

生後15ヶ月の女児を殺害

抗凝固薬で

生後4週の男児を殺害しようとした罪で

服役中の看護師(66)が

 

抗てんかん薬で

生後11ヶ月の男児を殺害した罪で

起訴されましたが

 

さらに60人前後の乳児を殺害した疑いで

捜査中です。

 

「強迫観念」の画像検索結果

 

様々な強迫観念がありますが

人を殺したくて仕方がないというような

殺人願望になると

深刻です。

 

日本でも

名古屋大学生や

 

「名古屋女子大生...」の画像検索結果「名古屋女子大生...」の画像検索結果

 

佐世保の女子高校生が逮捕され

 

「もなみ」の画像検索結果

 

そういう衝動が抑えられなかったと

言っていて

 

サイコパスだとか

アスペルガーだとか言われていますが

 

精神分析の教科書には

42歳の男性が

他人の頭を斧で殴りたいという

強迫観念に苛まれたけれども

精神分析の結果

6歳の頃に

こころに受けた衝撃がもとになった

PTSDであったことが判明した例があります。

 

当時は

【解離】のことを【神経衰弱】

つまり

精神を統一させている力が弱まったという

表現をしているだけで。

 

精神を統一させている力の弱まりは

原因を不問にし

DSM5的表面的にみれば

統合失調とみなされるでしょう。

 

 

抗てんかん薬で

こんな風になった

男の子のお手々

衝撃的です。

 

「手相」の画像検索結果

 

手は履歴書ですからね。

 

こんな不幸を回避するためには

色んな角度から

こころの病について再考する必要があります。

 

そういう視座を失った

 

こういうのは

もうダメなんですよ。

 

長野市の発達障害児向け学習塾型施設が突然PTSD解離閉鎖の象徴性

障がいのある子どもが

放課後などを過ごす

長野市の施設

「子ども自立支援スクールぽらりす」が

 

「子ども自立支援...」の画像検索結果

 

突然閉鎖され

廃止届も遅れて出されたので

県が

運営会社を指導しています。

 

 

学習障害とか

ADHDとかが

PTSDであるとの認識がないと

 

治せないから

学習支援で事業展開しようとして

失敗した例は

他にもありますよ。

 

流行に便乗しようとするのもヒステリー(PTSD)

突然閉鎖するのも解離ということでPTSD

 

なかなか

象徴的なニュースですね。

 

増えすぎた発達障害は

PTSDですから。