カテゴリー別アーカイブ: チャングムの誓い

『チャングムの誓い』第一話に示されたPTSDの連鎖

$PTSD研究家翠雨の日記
チャングムの父親は
王命で
元妃を殺害する儀式に加わり
 ― 人を殺してもトラウマになりますが
  殺させられるというのは
  複雑なトラウマになります。
毒を飲まされ
死んでいく
元妃の姿を目の当たりにして
良心の呵責に苛まれます。
その夜
お酒に酔って    ←こういう飲み方は禁止
崖から転落し
老師の手当てを受けたのですが  
 ―多分幻想だと思います。
 
 『崖の上のポニョ』のモチーフが満載の
 チャングムですが
 臨死体験で
 ユング心理学でいう
 老賢人のイメージが
 こころのなかに起るのです。
 一見意味不明ですが
 解読することが大事ですひらめき電球
老師は
「お前の運命は
三人の女に握られている」という ←アニマ
不思議な預言を口にしました。
一人目の女・・・お前が死なせるが、死なぬ。
二人目の女・・・お前が助けるが、お前により死ぬ。
三人目の女・・・お前を死なせるが、多くの命を救う。
現実には
★元妃を殺しましたが
元妃の恨みは
チャングムの父親のこころから消えず  ←トラウマ
★そのあと出会う妻に
そのこころが投影され
 ―瀕死の女性を救いますが
 運命を共にさせ
 死に追いやってしまいます。
★その子どもに
抑圧された想いが伝わってゆきます。
 ―抑圧された想いをチャングムが
 口にしたため
 父は殺害されました。
トラウマは
恋愛や人生の指針になってしまいます。
親のトラウマを背負わされた子は
チャングムのように
逆境に負けず
意志を貫かないと     ←ポニョみたいですひらめき電球
その連鎖を断ち切ることができません。
厳しい人生です。
でも
そのときは
チャングムのように
多くの人を救える人に
成長できているもののようです。
東洋的な
自己実現・個性化の過程ですねニコニコ

『チャングムの誓い』で韓国発の帝王切開をしたイ・ヨンエさん双子出産

「宮廷女官 チャングムの誓い」に主演した
韓国の女優
イ・ヨンエさん(40)が
ソウルの病院で
男の子と女の子の
双子を出産したそうですクラッカー
 
$PTSD研究家翠雨の日記
チャングムのドラマでは
王が腸閉塞になり
 ―多分美食がたたってあせる
医女チャングムが
兎の鍼麻酔が
できるようになったから
おなかを切らせて欲しいと言い
みんなに
とんでもない!と
一蹴されました。
 ―日本でも
 昭和天皇の玉体にメスを入れるのは
 大変なことでした。
王は亡くなってゆきましたが
物語のラストで
出産が困難な妊婦に
韓国発の帝王切開をし
無事とりあげました。
無理だと思われていることも
時間が経てば
普通に可能になってたりしますね。
限界への挑戦を
思い出しましたニコニコ

『チャングム』最終話 宮崎駿も観たかな?

この物語は

ふりかえれば
最初から

理不尽なトラウマティックな出来事の
連続で

チャングムの父親は
崖から転落
幻の中で
崖下の仙人に出会って

仙人が予言したように
物語は展開…
 ―夢分析でも
  箱庭療法でも
  第一回目に治療の全工程が
  示されます。
  トラウマに真空パックされてますからひらめき電球

宿敵は崖下に転落して
死亡します。
 ―みんな命がけです。

チャングムの娘は
チャングムに叱られながら   ←人生は理不尽です。
「どうして私だけみんなと
同じようにしちゃいけないの?」と
訴えてます。
 ―制約があると
  バネになって
  よけい飛び出すのかな?
  ポニョも閉じ込められてましたよ。

作者はこの娘に
面白いこと言わせてます。

「魚はどうして目を閉じないの?」
どうやって寝るのか?
痛くないのか?と…

お坊さんは
読経するとき
木魚たたきますね。

魚は眠らないものの【象徴】です。

【如人千尺懸崖上樹】の世界が
動き出すように
(華開世界起)
木魚をたたくのです。
(ま、実はちょっと眠いし…あせる

チャングムやポニョのような   ←華厳経的明るさひらめき電球
自己実現の原則は

眠らないんですね。

普遍的にどこにでもあるのです。
続きを読む

『チャングム』最終話 一太極二陰陽での個性化の過程

チャングムは孤児で

両親ともお尋ね者     ←正しい人でしたが…
 ―孫子まで処分される時代です。

その人生は
マイナスの始まりです。

血の滲むような
(実際何度も滲みました)
努力を重ね
あきらめず
宮中に入りましたが

意思を真っ直ぐに
貫こうとするので

バッシングという名の理不尽な
【全否定】に何度も
遭います。

しかし
最後は御輿が迎えに来て
宮中へ参内
みんなと出会いなおします。

 ―堂々と応援できなかった味方も
  ひどいことをした敵も
  なくなり
  ただの旧友になって…

【全肯定】されました。

【全否定即全肯定】です。   
 ―西田哲学しかり
 古事記のスサノヲしかり…

チャングムは回想します。

宮中は…
$PTSD研究家翠雨の日記

華やかそうで
実は淋しく

すべて与えてくれそうで
実はすべてを奪う

何でもできそうで
何もできない

そんな場所だと。  ←象徴

出たり入ったりしながら  
そう覚ったチャングムは

(苦労の末に出会った)
新しい家族と一緒に
自分の意思で
宮中から出て行きます。

史実としては
ありえないストーリーは

【一太極二陰陽】を
何度も繰り返しながら
自己実現してゆく人の
一事例を示しています。
続きを読む

『チャングム』最終話 帝王切開

チャングムは
王の腸閉塞を
手術で治したかったのです。
 ―動物で鍼麻酔治療成功してます。
  
しかし
周囲は
(500年くらい前ですから)
びっくり仰天

王はチャングムの技術を
信じていましたが
 ―聞いたこともない話ですが
 チャングムが言うのだから
 信じるのです。
 これは凄い信じ方です。  

感情論の嵐に
チャングムが巻き込まれると
かわいそうなので

治療を拒否して
亡くなってゆきます。

「正しいが許されぬのだ」
 ―中国船の横暴VTR流出問題
  みたいですね。

男気があります。

10年ほどして
チャングムは
洞窟で苦しむ
瀕死の妊婦に遭遇し

朝鮮初の帝王切開手術を
成功させました。

帝王切開とは
ドイツ語の翻訳のようですが

まさに
帝王切開です。

帝王に施せなかった無念は
妊婦で果たせました。
続きを読む

『チャングム』最終話 哲学こそが緩和薬 

王は腸閉塞で亡くなります。

 ―腸って大事ですネ。
  命の要です。
  第二の脳です。
  (個人的には第一と
   考えてます)

チャングムとの
最後のお別れの言葉は

恐れや淋しさ
悲しみの多い人生だったが
チャグムのおかげで
耐えられた

でした。

チャングムもまた

恐れや淋しさ
悲しみの多い人生ですが
王のおかげで
耐えることができましたと

返します。

ユングも
心理療法の目的は
ありえない幸福状態に導くことではなく
哲学的忍耐力をつけることだと
言っています。

キューブラー・ロスも
書いてます。

「つらい経験をすればするほど
人はそこから学び
成長する」

そして

「教訓を学んだとき
苦痛は消えうせる」

哲学こそが緩和薬なのです。
続きを読む

『チャングム』最終話 宮崎駿も観たかな?

この物語は
ふりかえれば
最初から
理不尽なトラウマティックな出来事の
連続で
チャングムの父親は
崖から転落
幻の中で
崖下の仙人に出会って
仙人が予言したように
物語は展開…
 ―夢分析でも
  箱庭療法でも
  第一回目に治療の全工程が
  示されます。
  トラウマに真空パックされてますからひらめき電球
宿敵は崖下に転落して
死亡します。
 ―みんな命がけです。
チャングムの娘は
チャングムに叱られながら   ←人生は理不尽です。
「どうして私だけみんなと
同じようにしちゃいけないの?」と
訴えてます。
 ―制約があると
  バネになって
  よけい飛び出すのかな?
  ポニョも閉じ込められてましたよ。
作者はこの娘に
面白いこと言わせてます。
「魚はどうして目を閉じないの?」
どうやって寝るのか?
痛くないのか?と…
お坊さんは
読経するとき
木魚たたきますね。
魚は眠らないものの【象徴】です。
【如人千尺懸崖上樹】の世界が
動き出すように
(華開世界起)
木魚をたたくのです。
(ま、実はちょっと眠いし…あせる
チャングムやポニョのような   ←華厳経的明るさひらめき電球
自己実現の原則は
眠らないんですね。
普遍的にどこにでもあるのです。

『チャングム』最終話 一太極二陰陽での個性化の過程

チャングムは孤児で
両親ともお尋ね者     ←正しい人でしたが…
 ―孫子まで処分される時代です。
その人生は
マイナスの始まりです。
血の滲むような
(実際何度も滲みました)
努力を重ね
あきらめず
宮中に入りましたが
意思を真っ直ぐに
貫こうとするので
バッシングという名の理不尽な
【全否定】に何度も
遭います。
しかし
最後は御輿が迎えに来て
宮中へ参内
みんなと出会いなおします。
 ―堂々と応援できなかった味方も
  ひどいことをした敵も
  なくなり
  ただの旧友になって…
【全肯定】されました。
【全否定即全肯定】です。   
 ―西田哲学しかり
 古事記のスサノヲしかり…
チャングムは回想します。
宮中は…
$PTSD研究家翠雨の日記
華やかそうで
実は淋しく
すべて与えてくれそうで
実はすべてを奪う
何でもできそうで
何もできない
そんな場所だと。  ←象徴
出たり入ったりしながら  
そう覚ったチャングムは
(苦労の末に出会った)
新しい家族と一緒に
自分の意思で
宮中から出て行きます。
史実としては
ありえないストーリーは
【一太極二陰陽】を
何度も繰り返しながら
自己実現してゆく人の
一事例を示しています。

『チャングム』最終話 帝王切開

チャングムは
王の腸閉塞を
手術で治したかったのです。
 ―動物で鍼麻酔治療成功してます。
  
しかし
周囲は
(500年くらい前ですから)
びっくり仰天
王はチャングムの技術を
信じていましたが
 ―聞いたこともない話ですが
 チャングムが言うのだから
 信じるのです。
 これは凄い信じ方です。  
感情論の嵐に
チャングムが巻き込まれると
かわいそうなので
治療を拒否して
亡くなってゆきます。
「正しいが許されぬのだ」
 ―中国船の横暴VTR流出問題
  みたいですね。
男気があります。
10年ほどして
チャングムは
洞窟で苦しむ
瀕死の妊婦に遭遇し
朝鮮初の帝王切開手術を
成功させました。
帝王切開とは
ドイツ語の翻訳のようですが
まさに
帝王切開です。
帝王に施せなかった無念は
妊婦で果たせました。

『チャングム』最終話 哲学こそが緩和薬 

王は腸閉塞で亡くなります。
 ―腸って大事ですネ。
  命の要です。
  第二の脳です。
  (個人的には第一と
   考えてます)
チャングムとの
最後のお別れの言葉は
恐れや淋しさ
悲しみの多い人生だったが
チャグムのおかげで
耐えられた
でした。
チャングムもまた
恐れや淋しさ
悲しみの多い人生ですが
王のおかげで
耐えることができましたと
返します。
ユングも
心理療法の目的は
ありえない幸福状態に導くことではなく
哲学的忍耐力をつけることだと
言っています。
キューブラー・ロスも
書いてます。
「つらい経験をすればするほど
人はそこから学び
成長する」
そして
「教訓を学んだとき
苦痛は消えうせる」

哲学こそが緩和薬なのです。