カテゴリー別アーカイブ: 依存症

ベンゾジアゼピン依存は国も認めたので不眠や不安(PTSD)で病院に行くのはやめましょう✨

安易に処方され

依存症に陥ってしまって

 

やめたいと思っても

離脱症状に苦しむ人が増えましたが

 

とうとう

国(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)も

 

 

漫然と使うものではないと認め

日本医師会や

関連学会

自治体等に

通知を出したそうです。

 

病院も

誤診とか薬害とか言って

大騒ぎしているような

バカなサイトは見るなとか💦

 

ベンゾは古くから使われている安全な薬だから

処方用量では依存など起こらない💢なんて

患者さんを恫喝することは

できなくなりましたよ。

 

 

 

こういう症状なら

PTSD発症前かもしれませんから

 

 

心理療法を受けましょうね。

 

ベンゾ以外の

向精神薬の断薬時にも

心理療法は有効ですよ。

 

 

 

薬害の片棒担いでた

臨床心理士とかじゃなくて!

 

連続強姦事件で保釈中に暴行のPTSD男にも「依存性」「解離」「認知の歪み」

連続強姦致傷事件で

懲役9年の実刑判決を受けて

控訴中に保釈され

その約2週間後に

再び女性に暴行した

無職男(27)に

東京地裁は

懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を

言い渡しました。

 

裁判長は

「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり

性犯罪に対する抵抗心が弱く

順法精神も低下している」と

述べています。

 

控訴中だった一審判決は確定したので

今回の判決が確定すると

合算されて執行されるそうですが

 

認知の歪みを伴う

解離性の依存症ですから

行動療法的な効果も期待できず

薬漬けにされそうな気がします。

 

PTSDはストレスに弱いので

同じ依存症でも

より軽めの摂食障害ですら

病院でも刑務所みたいと感じるようですから。

 

 

 

子どもの頃から

ちょっとした心身の不調が見逃されず

安易に薬などで

対症療法的に片づけられるのでもなく

 

 

正しくケアされることが大事ですね。

 

PTSD予防教育は

未来の被害者を救うこともできるのです。

 

『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

インターネット上の掲示板に

ハルシオンなどの向精神薬を譲ると書き込んだ

館林市東美園町の

塗装業の女性(39)が

逮捕され

「販売して生活費に充てようと思った」と

話しています。

 

所持していた

数百錠は

心療内科を騙して

手に入れたものでしょうか。

 

 

ドクターラムネキットには

「銭天堂 あらす...」の画像検索結果

 

薬の瓶と

白衣

黒縁メガネが入っているそうですが

 

それで

 

「香山リカ」の画像検索結果

 

リカちゃん人形の真似の真似をすると

危険だという注意書きを読ませないのが

【解離】というものです。

 

PTSDは真似る病(ヒステリー)なので

逮捕者が出ても

この手口が繰り返されます。

 

 

 

PTSD薬物治療は自己責任でと『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』紅子さんも

「銭天堂」の画像検索結果

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」のお店は

悩みをかかえる

選ばれた人ではないとたどりつけない

ちょっと変わった駄菓子屋です」

 

悩みは

自己実現のパスポートですからね。

 

店主の紅子さんが

「その人の悩みにあった

「銭天堂」の画像検索結果

 

ぴったりの駄菓子をみつけてくれる」そうで

例えば

しわで悩んでいる女性には

食べるとしわがなくなる「しわとり梅干し」

長男でいることに疲れた男の子には

兄弟の順番を入れ替えられる「兄弟だんご」。

ところが

食べたら万事解決!」とは問屋が卸さず

 

注意書きをしっかり読まないと

大変なことになるそうです。

 

「わらうせえるす...」の画像検索結果

 

 

笑うせえるすまんの

おばあさん版みたいなものでしょうか。

 

 

PTSD症状なんかも

簡単になんとかしようと

甘く見ていると

「カリスマボンボンを食べた美容師」みたいな

(実力もないのにカリスマ美容師になって・・・💦)

精神科医に

地獄を見せられますよ。

 

このお話は

ネット上に転がっている実話を超えた

フィクションなので

リアリティが感じられ

人気があるのでしょうね。

 

 

枚方市立桜丘小学校で覚醒剤使用のサイケなPTSD解離小学校講師(27)を緊急逮捕

大阪府

枚方市立桜丘小学校の

常勤講師(27)が

緊急逮捕されました。

 

 

怪しげな雰囲気ですが

他人が怪しく見える習性で

(投影💡)

 

巡回中のパトカーを見て

急に走り出したので

不審に思った署員が追いかけて

職務質問し

署に任意同行を求めたそうです。

 

子どもたちに何と説明するか

それが問題です。

 

 

こころのケア(PTSD予防)も必要ですね。

 

嫌がらせが趣味(PTSD性依存症)の早大生(21)もストーカーわいせつで逮捕!

早稲田大学3年生(21)が

6日夜

東京・北区のマンションの敷地内で

10代の女子大学生の口を背後からふさぐなどして

わいせつな行為をし

けがをさせた疑いで

逮捕されました。

 

路上で女子大学生に目をつけ

尾行して犯行に及んでおり

「女性が嫌がったり困ったりするのが見たかった」

「スリル感が得られる」とのことです。

 

余罪があるようなので

ストーカー(=PTSD=依存症)であると言ってよいでしょう。

 

 

高校生のストーカー殺人が出てくれば

 

 

大学生も

わいせつ事件で競い合っています。

 

 

集合的無意識として

動かされてしまうのは

PTSDだからですね。

 

 

フツーでも発達障害でもないという

見立てから始めましょう。

 

 

 

愛子さまもキャサリン妃も激ヤセ!摂食障害(PTSD)密かに大流行中

 

キャサリン妃のカショオ(過食嘔吐)も驚きですが

愛子さまも

 

更にお痩せに…😱

 

 

精神科医も「拒食症で危険水域」と指摘 だそうです。

 

 

拒食症の多くは

「かぐや姫コンプレックス」とも呼ばれる

PTSDの世代間負の連鎖から

起こります。

 

単なるわがままとか発達障害ではなく

根が深いのです。

 

 

死に物狂いで脱皮する蛇のように

断食しようとしているのですが

 

自力ではなかなかむずかしいので

 

心理療法というものが生まれました。

 

キャサリン妃もカショオ(PTSD)で極秘セラピー

キャサリン妃の身長は

推定175cmと言われていますが

体重は40kgを切ったそうです😱

「エリザベス女王が

ウィリアム王子に

王位継承の意志を示したことで

キャサリン妃は

『自分は完璧にならなくてはいけない』という

プレッシャーに悩まされていたようです。

それで食べては吐くという

拒食症のような状態が続いていましたが

キャサリン妃は

このことについて触れられることも嫌がっていました」

 

「ウィリアム王子は

自分の母親であるダイアナ妃が

同じ症状に苦しんでいたのを知っているため

断固として

この問題を解決したいと考えていました。

この問題に取り組まないのであれば

離婚も辞さないという構えでしたが

キャサリン妃は

話し合いの場を持つことさえ拒否していたのです」

「しかしある時

キャサリン妃が涙ながらに

食後に吐いて苦しんでいる様子を目撃し

心配したジョージ王子が純粋に

『マミー、どうしたの?大丈夫?』と問いかけたことで

キャサリン妃の気持ちは一変したようです」

 

「ジョージ王子やシャーロット王女のためにも

そして離婚を避けるためにも

なんとか立ち直らなくてはいけないと考え

ウィリアム王子と極秘でセラピーに通っているようです」

 

典型的な摂食障害ですね。

 

 

過食嘔吐が密かに流行中のようです。

 

 

離婚は避けられたとしても

お母さんが苦しんでいると

お子さんがPTSD発症リスクを負いますから

 

極秘セラピー(になってませんが)の成功を

お祈りいたします✨

 

群馬大学助教授(36)が麻酔薬依存症(PTSD)で手術中に患者分抜き取り現行犯逮捕

群馬大学医学部付属病院で

70代男性の手術中😱

自らに麻酔薬を注射しているのを😱

看護師に発見され

 

院長が警察に通報

警察官が駆けつけた時は

もうろうとしていたそうです。

 

「ストレス解消のためにやった」

「過去に20回くらい抜き取った」とのことで

PTSDの依存症ですね。

 

お気に入りは

プリンスさんが

過剰摂取で死亡した

フェンタニルだそうです。

 

「プリンス」の画像検索結果

 

 

「毒殺したい」と呪文唱えながら名古屋大生になった PTSD性殺人依存症

名古屋大学の

元女子学生(21)が

同級生に

劇物の硫酸タリウムを飲ませた等

7つの罪に問われている

名古屋地裁の裁判で

 

元女子学生が

 

中学3年の頃から

「毒殺したい。人殺したい」と話し

高校に入ってからは

ほぼ毎日言っていた時期があったこと

タリウムを男子生徒に飲ませた後

「警察来たら教えて。逃亡する」などと話していたことを

実妹が証言しました。

 

間違った思いを

毎日話していると

自己洗脳が起きてしまい

解離して

本当に実行してしまうこともあるでしょう。

 

スクールカウンセラーが

PTSD予防教育をしていたら

 

 

見逃されなかった話で

悲劇も回避されたのではないかと思います。