カテゴリー別アーカイブ: 依存症

覚醒剤対策担当の警官が覚せい剤所持で逮捕されるPTSD伝染るんです原理

北海道警の

札幌中央署

薬物銃器対策課の

巡査部長(46)が

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で

使用の疑いもある。

現行犯逮捕されました。

 

10年以上

薬物などを取り締まる

薬物・銃器対策を担当していたそうです。

 

PTSDの症状は実にさまざまですが

PTSDは真似る病ですから

そっくりそのまま

「写ルンです樹木...」の画像検索結果

きれいに撮れるんですよね!と迫られ💦

美しい人は美しく

そうでない人はそれなりに…と店員さん

心的感染するんですね。

「伝染るんです」の画像検索結果

 

取り締まるものが

取り締まられるものに💦

 

「きれいはきたな...」の画像検索結果「陰陽」の画像検索結果

一番してはいけないことをするようになります。

 

泥酔で乗客に怪我させた全日空パリ支店長には諭旨解雇処分よりPTSD治療

全日空のパリ支店長だった男性(52)が

ブリュッセル支店長も兼務する管理職

日本行きの同社便に乗っていた際

酒に酔って

近くにいた50代女性に頸椎捻挫のけがをさせ

諭旨解雇処分になりました。

 

この事件を受けて

社長と会長の役員報酬は20%減額(1カ月)

全日空グループの社員は

当面の間

空港ラウンジやグループ便の機内での飲酒は禁止だそうです。

「米軍禁酒」の画像検索結果

米軍みたいな全体責任

処分は簡単でも

治療は難しいようですが

 

依存症=PTSDと知った人は

予防にも治療にも成功していますよ。

 

JTに行動療法を迫られるニコチン依存症

いつの頃からか

身体によくないと明記されるようになりました💯点

このたばこは

9月までは400円でしたが

10月からの増税で430円になり

11月上旬には410円になりますが

本数が 20本から19本に減らされるそうです。

 

「手にとってもらいやすく」するために

苦心しているようですが

喫煙者にとっては

「タバコ身体依存...」の画像検索結果

身体依存性が高くてやめられない。

「系統的脱感作」の画像検索結果「認知行動療法タ...」の画像検索結果

系統的脱感作法にもってゆけるかもしれない

高いから損だという意識との相乗効果で

少しずつ減らしてゆければ…🙏

チャンスですね。

 

向精神薬も

毒物だと明記して

自傷他害リスクが高まりますよとか書いて

「向精神薬」の画像検索結果

じわじわと減薬するように工夫すればいいのに。

 

PTSD解離処方による薬害被害からウッズ復活V「信じられない。泣きだしそうだよ」

タイガー・ウッズ(42)が

5年ぶりの復活優勝を飾り

「難しいコンディションの中で

とにかく精いっぱいやった。

(復帰した)今年のはじめは

とてもじゃないが

そんなこと(今季中に勝つこと)は無理だと思っていた。

 

処方薬カクテルで飲酒運転の疑いをかけられ逮捕までされた。

「ウッズ逮捕」の画像検索結果

何も悪くないのに逮捕💦

業務上過失で逮捕されるべき専門家は野放し…?

向精神薬の薬害と同じですね💢

ここに来るまで

いろんな努力をしてきた。

やっと自分のスイングを見つけ

自信を深めて、今ここにいる。

こんな形でシーズンを終えることができるなんて

信じられない。

泣きだしそうだよ」と笑顔で

語ったそうです。

 

バドミントン男子シングルスの

桃田賢斗選手も

見事に復活されたようで何よりです。

違法賭博行為で出場停止処分となり

ランキングも抹消された。

 

「バドミントン桃...」の画像検索結果

 

頭角を現すと

妨害されたりするような

理不尽なことはあるけれど

 

まっすぐ歩いていれば

神さまは見てるみたいですよ✨

 

MHK歌のお兄さん転身に成功しても覚せい剤中毒(PTSD)で逮捕

NHKの教育番組の

元「歌のお兄さん」が

覚醒剤を使用したとして

逮捕されました。

「にこにこぷんと...」の画像検索結果

 

職業は音楽講師となっていますが

「沢田憲一」の画像検索結果「沢田憲一絵手紙」の画像検索結果

絵手紙の先生で

「開所草書」の画像検索結果

古典を超えたものが流行中

作風はとても素晴らしく

たくさんのお教室を担当し

お弟子さんもファンもたくさんいます。

 

「ワクワク」することが

どうにも止められなかったということは

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

ワクワクしなければ

収まらない何かがあるのでしょう。

 

スポーツ選手やアイドル等も

転身すればよいという話ではなく

 

PTSD予防に気をつけることが大切であると

教えてくれた事件です。

 

読谷村のアルコール依存症米兵の基地外飲酒で高校生がPTSD予防中

沖縄県

読谷村内で

7日夜

酔って

誕生日パーティから抜け出した

上半身裸の

米軍陸軍兵の男が

民家に侵入

 

高校2年生の女子生徒は驚いて

生後5カ月の妹を抱きかかえ

窓から裸足で逃げ

近隣の家に駆け込んで保護されましたが

「殺されるかと思った」と話し

精神的に強いショックを受けています。

 

基地では

アルコール依存症が問題になっていましたが

ルールを守ることができない人たちなので

米軍でも管理できず

事実上、処置なしでした。

「宥恕船越英一郎」の画像検索結果「松居一代」の画像検索結果

ストーカー同様

PTSDの解離行動は

殺人でも犯さない限り不起訴が多い。

米兵は

5~6人の外国人に連れ戻されましたが

怒号が飛び交い

部屋の引き戸が外され

床に引きずったような傷痕がある等

猛獣化していたようで

「基地外飲酒ルー...」の画像検索結果

 

絵に描いたような

基地外(キチガイ)飲酒です。

 

野放しとは理不尽な話ですが

 

せめて

「PTSD予防」の画像検索結果

死ぬかと思うような恐怖心は

丁重にケアされねばなりません。

 

お彼岸には施餓鬼会でPTSD予防

お盆には

亡くなった人が帰ってくるので

丁重にお迎えし

「施餓鬼イラスト」の画像検索結果

乗り物もご用意

おもてなしをしますが

 

無縁仏や供養されない精霊もやってくるので

家の外に

棚を儲けて

施す人たちもいます。

 

施餓鬼法要と呼ばれ

 

「おせがき」の画像検索結果「おせがき」の画像検索結果

毎日行うお寺もありますが

「彼岸」の画像検索結果

お彼岸の頃に行うお寺も多いです。

 

中世以降は

戦乱や災害

飢饉等で非業の死を遂げた死者を供養するために

集合的無意識の鎮魂

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

盛大に行われるようになりました。

 

そして

「PTSD予防」の画像検索結果

 

死にそうになった人の無意識を供養するのが

PTSD予防です。

 

飽食の時代でも

『二ノ国』=集合的無意識の国

ヌケガラビト=解離人格

 

「施餓鬼イラスト」の画像検索結果「施餓鬼イラスト」の画像検索結果

 

お腹を空かせた人が

たくさんやってきます。

 

三田佳子次男4度目逮捕「覚醒剤依存症(PTSD)は統合失調症になるらしい」

女優の

三田佳子(76)さんは

 

次男(38)が

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで

渋谷の飲食店で

口論となり通報され

挙動不審だった。

逮捕された件について

コメントを発表し

謝罪しました。

 

これまでは

逮捕されると

家庭環境が悪かったのではないかと言われていたせいか

機能不全家族はPTSD発症の温床

活動自粛等してきましたが

日本人の母子関係は特殊らしい。

今回は

「統合失調症」の治療を行っていたことを明かし

年齢も年齢なので

もうあとは自己責任で頑張って生きていってほしいと

母親は母親で自己実現を続ける。

突き放した内容です。

 

「阿闍世コンプレ...」の画像検索結果

西洋モデルを採用したのですね

 

 

蛇足ですが

PTSDが統合失調症になることはありません。

公認心理師ならそう言うかもですが…?

 

モーニング娘。TOKIOの失敗事例から学ぶ最前線のPTSD?アルコール依存症は治療もカクテルで?

昔ながらの断酒薬は

タバコと同じで

薬物療法は

やめたほうがいいのですが…。

アルコールと結合すると

動悸や二日酔いで苦しくなるようにできているそうです。

「断酒クスリ」の画像検索結果

 

ところが

アルコール依存症の人の場合は

飲みたい衝動から起こる

激しい葛藤に耐えきれず

断酒薬やめよう!となりますから…

身体に悪い

医療費の無駄遣い等

そこだけまともな情報を採用しながら

飲みたい気持ちそのものを無くす薬ができたそうです。

新薬は強烈ですね。

学校を無差別殺人の現場にしたり

戦場をゲーム感覚にするのにも使われてますから。

「吉澤ひとみアル...」の画像検索結果

しかし

これとて

下痢等の副作用や

疲れやストレスに耐えながらの

カウンセリング併用が鉄則みたいで

PTSDは

ストレス脆弱性が問題になるから

独りで乗り越えるのは容易ではない。

 

結局

新旧のカクテルが重要であり

 

「カクテル」の画像検索結果「カクテル」の画像検索結果

 

「カクテル」の画像検索結果

 

吉澤ひとみとTOKIO山口達也はカクテル処方でなかったから

単剤に頼るのは

心の弱さなのだそうです。

ずっと昔に新薬を怖がる人に

そんなことを言う専門家がいたような…

事件化されるまでになったのではと

結論付けられている記事をみつけました。

 

薬屋さんのゴーストライター作?

無断で広告塔にされている?

 

『健康で文化的な最低限度の生活』アルコール依存症(PTSD)の【否認】

第8話に登場するのは

重度のアルコール依存症男性で

「アルコール依存...」の画像検索結果

【否認】が巧みさが見事に表現されています。

 

まずは

ノリがとてもよいです。

ケースワーカーの名前が

「よしつね」なので

「牛若丸と母」の画像検索結果「牛若丸とよしつ...」の画像検索結果

「うしわかまるちゃんだ?」

「じゃあ僕はベンケイ」

 

軽く諌められても

「気にしてくれてんの?ちょーうれしい?」

 

思い通り動かないと

「塩対応ぅ?」と表面的にかわし

治療されないように対人的距離をとります。

飲んでなくても

酔っている=解離している。

 

飲酒しすぎて倒れ

入院させられても

飲酒できないとつらいので

「もう大丈夫」

「医療費無駄遣いするわけにいきません!」と

妙な正論で防衛しますが

 

専門家に囲まれ

勝ち目がないと判断すると

「はいはい」

「あなたの顔立てましょ」と言いながら

「権威に弱い」と知られているので

断酒会には専門家がいない。

断酒会も今風で断薬の会みたい。

「オルタナティブ...」の画像検索結果「断酒会ミーティ...」の画像検索結果

流行に敏感なひとたちなので

見かけ上の姿を変える。

勝手に退院し

「契約」等ができないひとたち

即飲酒

断酒会を勧められても

「アル中じゃないし」

病気に対して真っ向から【否認】の勇ましさは

確かにベンケイかも

「働きたいだけなんで?」

「取り組むって何に?」

「どうすればいいの?」と

当たり前の質問攻めをして

新人ケースワーカーを疲弊させます。

 

どの症例でも

新人は

「自明性の喪失」の画像検索結果

足元にある常識がグラグラする不安を覚えながら

PTSDのひとたちの住む世界

先輩から

認知行動療法のように

「認知行動療法」の画像検索結果

最近あまり聞かないけど

流行遅れに?

一筋縄でいかないことを学び

自殺に追い込んだトラウマから

テキトーになった先輩もいる。

支援グループのメンバーから

患者さんの気持ちを教わり

症例についての入門書を手に取って

一から学ぶことになるようです。

 

しかし

その間にも

患者さんは

トラウマエピソードを漏らしたりしながら

家族ができたので

ホストをやめて

真面目に働こうとした矢先に

社長がトンズラしたショックから発症した。

いきなり断酒して働き始めたりします。

こころと行動が裏腹で

焦りすぎ

断薬だけをするときと同じで

心理療法がないとキツイらしい。

悪夢にうなされるようになり

忘れようとしていた記憶が蘇ったり

ケースワーカーの目に娘を見て暴れたりするので

転移だが

外からは幻覚妄想にみえる。

PTSDなど夢にだに見ないケースワーカーは

不思議の国のアリス状態になります。

「アリス」の画像検索結果

 

脚本家さんは

こういうPTSD事情をすべて知った上で

書いているんですよね。