カテゴリー別アーカイブ: 依存症

裕福でもスリル依存症から窃盗を繰り返し刑務所ぐらしのPTSD解離男性

国内で起きる犯罪のうち

およそ半数は

再犯事件だそうです。

 

高校生の時に

度胸試しで万引きをしてスリルを感じたそうです。

なぜ

そんなにへんてこな

度胸試しが必要だったかという

奥の原因もあるでしょう。

 

その後

何の問題も感じず

本当はあったと思いますが

否認すれば

なかったことに

30代後半には

建設会社を経営し

順風満帆でしたが

ストレスを抱えていたのでしょう。

 

取引先と

酒を飲んだ帰り道に

不動産店の窓が開いているのが目に留まり

「不用心だなぁ」と思って眺めているうちに

高校時代の万引を思い出し

トラウマ(天災)は忘れた頃にやってくる。

その頃から成長停止

「あのときのドキドキやスリルがよみがえって

衝動を抑えられなくなった。

酔った勢いもあると思う」とのことで

お酒や向精神薬は背中を押す。

一晩で3件侵入し

その日のうちに逮捕されたそうです。

 

示談が成立して不起訴になっても

スリルには勝てず再犯

 

執行猶予付きの有罪判決で

犯行はさらに大胆になり

実刑となっても

出所後10ヶ月で再犯というありさまです。

「自分なりに考えて

落とせたらうれしいじゃないですか。

侵入方法や現金の場所を想定し

その通りにできると何ともいえない達成感があった」

PTSD予防教育で

万引きのうちにケアしておくと

もっと有意義な人生になると思います。

 

『二ノ国』カショオ(過食症)というヌケガラビト(PTSDの依存症)の治し方

ジブリによれば

ヌケガラビトが流行しているということですが…

 

店主が

お店のチーズを全部食べだします。

過食症の発症

PTSDの依存症の1つで

ヌケガラビト(解離)状態に陥っている点に焦点を当てて

治療すれば

カショオ(過食症の一種)だって

治るのに

そんなに時間はかかりません。

1つくらい売って欲しいと頼んでも

 

この調子で

「自分のおやつ」だと言い張り

 

 

もう駄々っ子みたいに

発達障害みたいに見えますが

ストレスから

「口唇期」に

「退行」しただけです。

引っ張りあう始末です。

 

店主に説教しても無駄なので

どうするかというと

 

二ノ国という

パラレルワールドに行って

どうなっているか見てくるのです。

 

 

オレオレ詐欺依存症の女子大学生(23)もPTSD流行時代の象徴における作為体験

未だに

消防士(19)が逮捕されるオレオレ詐欺ですが

 

大学4年生(23)も

去年11月に

仲間と共謀して

神奈川県川崎市の75歳の女性に

「バッグが盗まれた。中に契約書が入っている」などと

孫を装って嘘の電話をかけ

現金100万円をだまし取った疑いで

逮捕されました。

 

 

 

先月にも

同様の手口で

83歳の男性から100万円をだまし取ろうとしていたそうです。

 

在籍している大学は

実学教育を基本とし

社会に出てから即戦力となる技能が身につく

実践的な実習や講座を展開しているそうで

現在は

医療・健康・福祉・情報・教育を軸とする

都市型の大学なのだそうです。

 

偽の発達障害を軸とした

現金な学問の流行を

風刺するような事件ですね。

 

子は

親の言うことよりも

背中を見て育ちますから。

 

逮捕された東北大留学生6人は寮等で頻繁にコカインパーティ(PTSDのデタラメ集団療法)

東北大の外国人留学生6人が

麻薬取締法違反容疑で逮捕されましたが

 

学生寮内や国分町のナイトクラブで

頻繁にパーティーを開いていたことがわかり

東北大広報課は

「警察の捜査結果を踏まえ

事実の解明に努めるとともに

留学生の受け入れに当たり

審査体制の強化と

留学生への禁止薬物に関する教育に徹底して取り組む。

心よりおわび申し上げる」とコメントしましたが

 

4年の男子学生(22)の指摘のように

「日常生活を厳しく監視されているわけではないので

(薬物使用などを)やろうと思えばできるのかもしれない」わけで

 

一般の人間なら

やろうと思えばできるがしない

解離行動をする人物を見極めることが

重要でしょう。

 

要するに

東北大にPTSDの知識があるかどうかが

問われています。

 

 

 

東北大と言えば

アメブロで

いろいろやりとりしながら考えてまとめた

こんなテーマの発表をしたものでした。

 

 

米沢市立第二中学教諭飲酒ひき逃げ逮捕で「こころのケア」方法は『古事記』から復習

山形県の

米沢市立第二中学校教諭(55)が

昨年12月24日

午前9時50分ごろ

会社員男性(39)の乗用車に追突し

そのまま逃走

約20分後

主婦(64)の乗用車に衝突して

首に軽傷を負わせて

逮捕され

帰省中の

大学生たちも

いろいろ事件を起こしています。

PTSD問題には境界がないので

大人の発達障害と間違われます。

 

「事故を起こしたことは覚えている。

飲酒が発覚すると思って逃げた」と話しています。

 

解離していても

実は意識があるのです。

米沢市教育委員会は

「生徒、保護者をはじめ

多くの方々にご迷惑をかけ

深くおわびしたい。

今後

生徒の心のケアと再発防止に全力で取り組んでいきたい」と

コメントを出しました。

 

ここのところ

急にPTSDという言葉を目にするようになりましたので

自由連想として

「こころのケア」も復活したのでしょう。

 

こころのケアとは

誤解が多いですが

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防」の画像検索結果

 

さきほど

茨城県沖で地震があったそうですが

阪神淡路大震災で生まれた言葉で

PTSD予防を意味します。

 

 

エビデンスは古事記にありますよ✨

 

スサノヲが暴れたのを

「お酒に酔っているからでしょう」と言うような

アマテラスは治療されました。

先生が逮捕されたのも

お酒に酔っていたからではないですね。

 

このあたりから

お勉強し直すのに

よいきっかけです。

 

「大晦日」鉄道各社は終夜運転でPTSD予防教育

本来ならば

年末年始期間中は

土日・休日ダイヤでの運行なのですが

 

最近は

大みそかから元旦にかけて

各鉄道会社は

路線に応じて終夜運転

終電車の延長・繰り下げ

臨時ダイヤや臨時列車の運行など

それぞれに対応しています。

 

「大晦日終夜運転...」の画像検索結果

「飲酒運転」の画像検索結果

 

飲酒運転が

少しは減るでしょうし

渋滞でのストレスも

軽減される

合理的なPTSD予防法です。

発症を止めるこころのケアとは

ちょっと意味が違う施策

 

ゲーム依存症の巡査が4日間 PTSD解離失踪で本部長訓戒処分

今年2月

スマホ向けゲームに

約30万円を使ったことを

親に怒られるのが嫌で

4日間失踪した

長崎県警の

男性巡査(20歳代)が

 

先月

本部長訓戒処分になりました。

 

親に

「ゲームをやめる」と約束していたのに

倍額の請求が見つかり

「捜さないでください」との書き置きを残して失踪

「怒られるのが嫌で

お金が尽きるまで逃げようと思っていた」とのことです。

 

これは

典型的な

PTSDの【回避】行動ですね。

 

ストレスから逃避するために

頭お留守にすることで気楽に

何らかの依存症になりますが

自力ではやめられず

ただひたすら【回避】し続けます。

 

お母さんから逃げ回っていては

犯人が追えませんから

依存症の治療が必要でしょう。

 

各種依存症には「ツボ」があります。

 

盗撮依存症の精神科医(46)再逮捕 SEO対策も虚しくPTSD予防教育が課題

電車内で

女子高生のスカートの中を盗撮した

千葉市の

精神科医(46)が

逮捕されましたが

 

2013年の7月にも

逮捕され

「女性の裸に興味があった」などと供述

アメブロに

「盗撮くらいいいじゃないか」

「やりきれない」と開き直りの書き込みをしています。

 

ネット上で

逮捕関連の記事が上位に並ぶので

SEO対策をしたのが

まるで料理研究家のよう見える。

逆に悪目立ちしたことでも注目されたそうです。

 

現在の職場も

「申し訳ない。職員の指導、教育を徹底する」とコメントしていますが

精神科医も眼中にない

PTSD予防教育はどのように行いましょうか?

 

トランプ大統領はダイエット・コーク依存症(=PTSD)

トランプ米大統領は

糖分ゼロの炭酸飲料

「ダイエット・コーク」が大好物で

1日12本のペースで飲んでいるそうです。

 

偏食が酷くて

日本国もお招きするのに苦心し

ハンバーガーを提供したのでしたが

 

もうめちゃくちゃな食生活ですね。

いわゆるアメリカン!イメージかもですが…💦

 

「アスパルテーム」の危険性も知らず

甘い物への欲求をかえって強め

体内で砂糖入り飲料と同じような生理反応を引き起こす。

何より

虫さんすら敬遠する毒物💀

「アスパルテーム...」の画像検索結果

 

「ダイエット・コ...」の画像検索結果

 

本棚を見れば

その人がわかると言われた時代もありますが

食べ物を見れば

その人がわかります。

映画『シッコ』のように

 

「シッコ」の画像検索結果

お金がない国民なら

選択の余地が限られますが…。

(PTSD治療もSSRIの医療はさらに酷い話)

日本はこんな人物の顔色を伺わねばならなくなったのか…。

 

釈放直後に逮捕のストーカー女(42)はPTSDの解離性依存症

無職の容疑者(42)は

11月

知人男性に大量のメールを送るなどして

ストーカー規制法違反の疑いで逮捕され

略式起訴後に釈放され

警察から

知人男性への接触や連絡を禁止する命令を受けていましたが

本日

同じ男性の勤務先の前に現れたところを

現行犯逮捕されました。

「相手の方とつきあっているのに逮捕されたので

理由を聞きに行こうと思った」そうで

妄想はまだ顕著のようです。

 

 

「中村弘美」の画像検索結果

 

警察に注意されてもやめないのは

依存症だからですが

それを支えるのが

認知の歪みや妄想です。