和歌」カテゴリーアーカイブ

眞子さまの悲恋PTSD予防法

本来ならば

2年前にご結婚されていたはずの

両性の合意で可能なはずだが

戸籍もない無私の象徴的存在

ご両親もこのハードルを越えてご成婚

眞子さまですが

宮内庁は今年も延期を発表しました。

袷を着るには暑いと思えば

(着物警察に怒られる話です)

11月の七夕?

眞子さまは

1月に

《望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな》と詠まれ

無意識的表現が先行

今月お気持ちを明らかにされました。

うたに示されたような感性を忘れないようにするという

科学的合理的思考では無理です。

こころのケアの基本に

「月が奇麗ですね」は<I LOVE YOU>という

漱石の意訳があるとの俗説

3年前の婚約内定会見で

小室圭さんは

《ある日、夜空にきれいな月を見つけ

そのとき、思わず宮さまにお電話をいたしました。

その後も、きれいな月を見つけますとうれしくなり

宮さまにお電話をおかけしています。

宮さまは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます》

象徴性が込められていて流石ですね。

言葉による精神分析には限界がありますが

こういう深い次元の表現が

和歌の歴史にはあり格別です。

道元の和歌 - 春は花 夏ほととぎす (中公新書 (1807)) | 松本 章男 |本 ...

「歌会始の儀」PTSD解離本に鎌かける

新年恒例の
歌会始の儀の
今年のお題は
「本」で
雅子さまは
「恩師より
贈られし本ひもとけば
若き学びの日々のなつかし」
私などは
昔習った臨床心理学と
今の大学の実情の
あまりの違いに
唖然としています。
天皇陛下は
「夕やみのせまる
田に入り
稔りたる稲の根本に
鎌をあてがふ」
?!
本はスルーかと思えば
根本でした。
今は根本が
おかしいですからね。
シャルリー・エブド的にも
見えたりしてニコニコ


メタファーで
伝えないと
アブナイ世界もあります。

朝日新聞のPTSD否認終焉宣言?

新しき
年の初めの
初春の
今日降る雪の
いや重け吉事
 ―万葉集のラスト
新年の初春の今日
いま降っている
この雪のように
もっと積もれ
良い事よ
大伴家持は
前年の六月に
因幡の国守として赴任
 ―左遷
初めて迎えた正月ですが
山陰の冬の空のように
暗いこころで
因幡国の役所で
部下や村々の長を前にして
詠んだ歌だそうで
この後は
歌を忘れたカナリアになったそうです。
正月の大雪は
豊年の瑞兆と考えられていました。
 ―『冬のソナタ』でも
  現実の雪と枯葉を使った
  見立ての雪の遊びが
  印象的
  雪は「昇華」の象徴の1つ
陰陽五行説では
二重を大事にします。
 ― 一重では机上論
  二重で実現
個人の思いは
なかなか時代に反映されなかったり
しますが
万葉集として
日の目をみて
 ―日本人のこころの歴史
 歴史的身体であり(西田哲学)
 集合的無意識(ユング)
後に全体像を
示すものになります。
PTSD研究も
そういうことになるでしょう。
後にならないと
観えないこともあります。
因幡と言えば
ジブリも最新作で
「待つとし聞かば
いま帰りこむ」という
うたを中心に
日本最古の物語を
再考しました。
朝日新聞天声人語も
栄枯盛衰の憂き目を感じながら
淡々と何事もないかのように
今まで通りの希望を
書いているのでは
ないかな?