カテゴリー別アーカイブ: 実はPTSD

キレるエレカシ宮本浩次のPTSD症状にも大人の発達障害疑惑

本番中でも

些細なことでキレたりするので

ご多分に漏れず

 

エレカシ宮本浩次は発達障害でキレる?耳の病気は完治?薬の噂?とのことですが

 

 

 

 

 

こんなに過敏では

太れないですね。

 

痩せ型であり

 

お人好しで温和な一面と

内気ではにかみが強く

敏感なあまり

鈍感ともいえるほどに

無神経に爆発してしまうような一面が

1つの人格のなかで同居し

 

外から見ると極端すぎて

変人扱いされるのは

クレッチマーの「分裂気質」

(病名ではなくノーマルです)

 

 

「分裂気質」の画像検索結果

 

今では

統合失調症扱いされる可能性が高く

 

「中森明菜」の画像検索結果

 

中森明菜なんかは

ここから引きこもってしまうし

 

宮本さんは

時々キレます。

 

 

ここに端を発する

PTSDの百花繚乱

人により

置かれた境遇

時代により

 

いろんな姿を見せるようになります。

 

よくも悪くも

なんとか踏ん張っている姿が共感され

話題になっているのでしょう。

 

床板一枚下は

薬漬けの絶望の世界ですから。

 

【無期懲役】タリウム事件の元名大生の見過ごされたPTSD的サイン

名古屋市で

知人女性を殺害

仙台市で

高校の同級生ら2人に

劇物の硫酸タリウムを飲ませた

名古屋大の元女子学生(21)に

無期懲役の判決が出ました。

 

学校に薬品を持ち込むなど

特異な言動で

周囲に知られていたのに

 

 

スクールカウンセラーもこの調子ですから

放置されてきたようです。

 

名大進学後

ツイッターに殺人願望をつづり

妹に

鎌やナイフを胸に突きつけるようになると

 

周囲も不気味に感じ

心的感染による麻痺が起こっていたのでしょう。

 

友人たちは殺人事件の話を聞かされ

 

妹(19)に至っては

女性殺害の当日

殺害したと報告され

翌日

「おので殴った」と説明されながら

血を浴びたズボンを洗濯させられ

 

母親は

「夢か現実か分からないけど人を殺したかも」と

打ち明けられても

 

放置されたままでした。

 

これは異常な光景ではないですか?

 

 

PTSDは

知らないうちにじわじわと

名大生を

家族を

交友関係を蝕みながら

 

(『ポーの一族』より)

 

ドラキュラ伝説みたいに負の連鎖したのです。

 

 

発達障害?

アスペルガー?

ADHD?と疑われるようなサインがあれば

 

早め早めにPTSD予防すべきです。

そうすることで

こんな事件の連鎖は止めることが可能です。

 

「声優のアイコ事件結審」悪質なのか多重人格(PTSD)なのか

声優のアイコと名乗った

神いっき被告(33)による

連続昏睡強盗事件で

 

検察側は

懲役15年を求刑

弁護側は

「別人格による犯行だ」と述べ

無罪を主張して

結審しました。

 

女性性を否定して

男性として生きていたのに

女装(?)して犯行を繰り返し

逮捕後には

妊娠が発覚し獄中出産

さらに別人格が出てきたりしたので

 

精神鑑定が実施されましたが

犯行時に

解離性同一性障害(多重人格)だったとする内容と

(解離性健忘症で覚えていない)

否定する診断結果が提出されています。

 

見かけはころころ変わるし
「神いっき」の画像検索結果 「神いっき」の画像検索結果「神いっき」の画像検索結果「神いっき」の画像検索結果

最後には号泣して謝罪するなど

態度もころころかわりますから

ビリー・ミリガンみたいですが

 

 

ウソなら

検察側の主張通り

性格的に悪質ということになりますね。

 

ちなみに

この事件に関しては

発達障害説は弱いみたいです。

 

『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

インターネット上の掲示板に

ハルシオンなどの向精神薬を譲ると書き込んだ

館林市東美園町の

塗装業の女性(39)が

逮捕され

「販売して生活費に充てようと思った」と

話しています。

 

所持していた

数百錠は

心療内科を騙して

手に入れたものでしょうか。

 

 

ドクターラムネキットには

「銭天堂 あらす...」の画像検索結果

 

薬の瓶と

白衣

黒縁メガネが入っているそうですが

 

それで

 

「香山リカ」の画像検索結果

 

リカちゃん人形の真似の真似をすると

危険だという注意書きを読ませないのが

【解離】というものです。

 

PTSDは真似る病(ヒステリー)なので

逮捕者が出ても

この手口が繰り返されます。

 

 

 

和歌山小5殺害事件で初公判の中村桜洲被告もPTSD解離性多重人格

和歌山県

紀の川市で

2015年2月

小学5年の森田都史(とし)さん(当時11歳)が

殺害された事件で

中村桜洲(おうしゅう)被告(24)の

 

「中村桜洲」の画像検索結果

 

裁判員裁判の初公判が

和歌山地裁で開かれました。

 

逮捕直後は関与を否定していましたが

公判前整理手続きで認める方針を示し

公判では

午前に否認

午後の公判で「認めます」と

主張がコロコロ変わっています。

 

言動が不自然なので

統合失調症を疑われたこともありますが

 

多重人格性や

病的な対人不安

(武器集め)

「中村桜洲凶器」の画像検索結果

ストレス発散のための

大声を上げながら

ヌンチャクを振り回しながらの徘徊

(PTSDはストレス障害)

 

その奇行を被害男児に指摘された怒りからの

容赦ない襲撃等から

(直接的即座的解離行動)

PTSDであると思われます。

 

父親も

事件前から手の施しようがないと

あきらめていたようで

遺族に対し

事件後初めて謝罪

慰謝料として1千万円を支払う用意があると述べ

被告に微笑み

退廷しました。

 

遺族はいたたまれないと思いますが

一般的には

犯罪被害には賠償がないのが現実みたいで

どこまでも過酷です。

 

こうなる前の

(桜洲被告もこころの傷つきが手当されず加害者になった)

PTSD予防教育が必要でしょう。

 

福岡の女子高校生(16)も殺人未遂で逮捕!PTSD解離性ストーカー事件増殖中

福岡県苅田町の自宅で

交際相手の少年を

刃物で刺して

殺害しようとした

高校生の少女(16)が

現行犯逮捕されました。

少年は

意識不明の重体です。

 

別れ話がこじれても

 

最初から相手にされなくても

 

ストーカー化すれば

とても危険です。

 

高校生の殺人事件の報道が続きますね。

 

ストーカー心理研究を徹底し

 

 

 

PTSD予防教育をして

事件を未然に防止いたしましょう。

 

愛子さまもキャサリン妃も激ヤセ!摂食障害(PTSD)密かに大流行中

 

キャサリン妃のカショオ(過食嘔吐)も驚きですが

愛子さまも

 

更にお痩せに…😱

 

 

精神科医も「拒食症で危険水域」と指摘 だそうです。

 

 

拒食症の多くは

「かぐや姫コンプレックス」とも呼ばれる

PTSDの世代間負の連鎖から

起こります。

 

単なるわがままとか発達障害ではなく

根が深いのです。

 

 

死に物狂いで脱皮する蛇のように

断食しようとしているのですが

 

自力ではなかなかむずかしいので

 

心理療法というものが生まれました。

 

キャサリン妃もカショオ(PTSD)で極秘セラピー

キャサリン妃の身長は

推定175cmと言われていますが

体重は40kgを切ったそうです😱

「エリザベス女王が

ウィリアム王子に

王位継承の意志を示したことで

キャサリン妃は

『自分は完璧にならなくてはいけない』という

プレッシャーに悩まされていたようです。

それで食べては吐くという

拒食症のような状態が続いていましたが

キャサリン妃は

このことについて触れられることも嫌がっていました」

 

「ウィリアム王子は

自分の母親であるダイアナ妃が

同じ症状に苦しんでいたのを知っているため

断固として

この問題を解決したいと考えていました。

この問題に取り組まないのであれば

離婚も辞さないという構えでしたが

キャサリン妃は

話し合いの場を持つことさえ拒否していたのです」

「しかしある時

キャサリン妃が涙ながらに

食後に吐いて苦しんでいる様子を目撃し

心配したジョージ王子が純粋に

『マミー、どうしたの?大丈夫?』と問いかけたことで

キャサリン妃の気持ちは一変したようです」

 

「ジョージ王子やシャーロット王女のためにも

そして離婚を避けるためにも

なんとか立ち直らなくてはいけないと考え

ウィリアム王子と極秘でセラピーに通っているようです」

 

典型的な摂食障害ですね。

 

 

過食嘔吐が密かに流行中のようです。

 

 

離婚は避けられたとしても

お母さんが苦しんでいると

お子さんがPTSD発症リスクを負いますから

 

極秘セラピー(になってませんが)の成功を

お祈りいたします✨

 

『一週間フレンズ。』も解離性健忘症(PTSD)克服物語

ヒロインは

「一週間で友達の記憶がリセットされてしまう」体質を持つという

設定ですが

 

医者も

「心因性」だろうと診断

 

治療ではなく

現実の人間関係のなかで

治癒し

「1週間フレンズ」の画像検索結果

そのなかで

原因も明らかになるようです。

 

 

『思い出のマーニー』なんかにも表現されている

心理療法における記憶の秘密の基本です。

 

ここを外すと

お話になりません。

 

(最初に

原因とかどうしたらよいのかを知りたくなるのは

普通のことですが

そこにこだわり続けると治らないので

究極的には

愚問ということになります)

 

小学生のときに

(冬ソナは高校生くらい?)

ちょっとした勘違いから

ショックを受けて飛び出し

交通事故に遭った後

記憶障害を起こしたけれども

 

脳のダメージが問題ではなく

こころのダメージが問題だったので

回復できたというのは

韓国ドラマの『冬のソナタ』と同じですね。

 

「冬ソナ」の画像検索結果

 

「1週間フレンズ」の画像検索結果「一週間フレンズ」の画像検索結果

 

 

『東京喰種』と違い

実写には無理がなかった

PTSD物語です。

 

 

『東京喰種トーキョーグール』役作りでハエ食べたトラウマで清水富美加さんは PTSD予防中

 

役作りのために

 

「居酒屋で

飛んできたハエをおしぼりでつかまえて食べた」ら

それがトラウマになって

「好きだったものでも

(ハエに)似た食感のものは

全て戻してしまうようになった」というのは

 

 

PTSDの【回避】行動ですね。

自ら「ぺふぺふ病」と名づけた

離人症状態も同じく

無意識の防御反応でしょう。

 

人の血を吸う

ドラキュラ伝説も

日本人の場合は

 

 

『ポーの一族』くらいにしないと

刺激が強すぎるので

 

血を吸うどころか

人肉を食べる種族を描いた

 

 

この実写を演じるのは

大変なことです。

 

ヒットするのは

PTSD問題に関するものばかりですから

女優さんにも

こころのケア

(PTSD予防)が必要だということを示した

象徴的な騒動にも見えます。

 

カジノに精神科医が常駐しているように

 

 

撮影場面には

倫太郎先生が必要では?

 

薬はダメですけどね。