カテゴリー別アーカイブ: 山口百恵

「かぞえてんぐ」から山口百恵へ伝わる【象徴性】で引退のPTSD予防

NHKEテレ

「おかあさんといっしょ」で

大人気の

「かぞえてんぐ」が

 

大人気の歌をフルバージョンで歌い上げたあと

いつも持っていたやつでのうちわを

舞台に置いて引退したので

 

マイクを置いて引退したイメージが鮮烈な

「山口百恵さんみたいだ!」と

話題になっています。

 

テンションが妙に高く

身の回りにあるものを

何でも数えてしまう

かぞえてんぐくんですが

アスペルガーではなく
「かぞえてんぐ」の画像検索結果「百恵マイク」の画像検索結果

 

全然見かけが違うのに

時空を超えてつながってしまう

象徴性を感じさせるのですから

 

 

大人の発達障害ではなさそうですね。

 

そう診断されている人にも

よく見れば

象徴性はあるものです。

 

象徴が使えれば

発達障害ではなく

PTSDなので

治るんです。

 

なので

ちょっとむずかしいかもしれませんが

ここはとても大事なお話なのです。

 

料理酒で塩分過多?!のPTSD解離性イミテーション学問時代

醤油と思って使っているものの
ほとんどが
醤油でない時代叫び
 ―味や香りや
 色をなんとなく似せたら
 
 安く作れるから。
料理酒も
同じらしいです。
①お酒を使う人
②まっとうな料理酒を使う人
③合成料理酒を使う人が
いるそうですが
③には
海水程度の塩分
含まれているそうです。
なぜ
わざわざそうなっているかというと
1リットルあたり
20円
税金を安くできるからです。
それだけの理由です。
どこまでも
経済ですね。
医学だけではない
イミテーションゴールドの時代です。
$翠雨PTSD研究所♪否認♪否認
レシピ通りに作っても
実際はレシピと
違うことが多いから
栄養指導も
ムツカシイ時代です。
 ―多分栄養士さんも
 そこまで考えてないと思う。
 添加物の毒性もスルーだしね。
すると
統計学もおかしくなります。
伝統食否定なんて
変な話もありますしね。
偽醤油や偽料理酒使いながらね。
なんか滅茶苦茶ですねショック!

妊娠でドラマ降板の野波麻帆 PTSD解離芸能人増加

出演が決まっていた
連続ドラマ
「dinner」を
降板するそうです。
$翠雨PTSD研究所
業界も
ドタキャンにも
慣れっこになって
対応しています。
 ―訴訟問題とか
 だんだん言わなくなるのかな。
★国民の投影を生ききり
★けじめをつけつつ
★時代を映す
そういう人が
減りましたね。
体調不良という名の
PTSD発症しての
休業も目立ちますしね。
中森明菜は
どっぷり今の時代だから
 ―歌わず時代を映している。
やはり山口百恵が
最後の時代だったのかな?
AKB48は頑張ってるけど
いじめがすごすぎるようで
気の毒ですね。
 ―割合的には
 維持できてるのかな。
かっとうのエネルギーで
日本文化が
如実に出てます。
 ―総選挙とかじゃんけんとか
 こころのケアとか
命懸けだから
美しいのですかね。

SKi会長橋本美香さんが語るメンバーのPTSD的喫煙事件

AKBの親戚なんですかね。
制服向上委員会の
略だそうです。
 ―ユニフォームは
 どこでもありますが
 制服好きは日本文化
80年生まれで
95年加入
2006年から
会長です。
朝日新聞で
メンバーの喫煙問題を
回想しています。
アイドルが
仕事で
 ―夢を生きる
莫大なお金をかけて
プロデュースされ
契約もしているわけですから
 ―山口百恵などは
 投影を引き受けました。
喫煙行動は
解離行動ですね。
 ―ルールを守らない
 ビョ-キです。
メンバーは
舞台上で
土下座したそうです。
軍隊式の
全体責任は
日本的ですね。
センターで
スポットライトを浴びて
歌って踊るという
 ―センターは自我の象徴
母親の夢に
生きて
そのプレッシャーで
 ―多大なストレス
挫折してしまったようです。
お母さんが
生きられなかったものが
娘に投影された
悲劇
ですね。
機能不全家族でなければ
娘は
そういう投影は
跳ね飛ばしますし
母親も夢から覚めます。

体調不良にもならず引退し象徴受け入れPTSD予防した山口百恵と華厳経

$PTSD研究家翠雨の日記
体調不良という名の
PTSDで休業したり
 ―中森明菜
犯罪者になって
拘束されたり
 ―光源氏メンバーは1人今刑務所に
 SMAPメンバーにも逮捕歴
薬物中毒で死んだり
 ―マイケル・ジャクソン
 ホイットニー・ヒューストン
「自分がわからなくなった」と
アイドルを降りたり
仕事ドタキャン中
できちゃった結婚したり…。
 ―どれだけ
 PTSDの【解離】が流行ってるか叫び
山口百恵は
最後の人だったのかも
しれないですね。
みんな真似して
デビューしたけど
賞味期限がとっくに
切れてしまったので
 ―同じ柳の下に
 どじょうはいない。
みんな
お腹壊してるのです。  ☚こころのおなか
山口百恵だって
生育歴には
問題があったようですが
象徴に生き
戦争PTSDチックな歌を
 ―恋愛仕立てにしてるけど
 横須賀ストーリーだし
 絶体絶命だし
 
自分の置かれた立場に引き寄せ
お母さんも本人も
強靭な精神力で
【昇華】させたんですよね。
 ―♪1つむすぶぅ~夏の花とかは
 華厳経のうたに聞こえて仕方ない。  ☚海印三昧
 優曇華という奇跡の花があります。
 (咲かないと思われてるけど
  よく見てたら咲く習性なんです)

『山口百恵 赤と青とイミテイション・ゴールドと』歌姫がPTSD克服できない時代

$PTSD研究家翠雨の日記
星屑のように
アイドルが生まれては
消えゆくなか
 ―最近は
 体調不良という名の
 PTSDで休業してゆきます。
山口百恵だけが
忘れられず
 ―幸福そうで
伝説とか神話とか
言われてます。
 ―時代をそのまま生きたのは
 無我だからでしょうね。
 松田聖子は我が強いから   ≠自我が強い
 真似してもダメでしたね。
横須賀ストーリーは
戦争PTSDという
日本人のこころの
大問題に関わるものです。
 ―恋愛仕立てにすると
  わかりやすいので
  そうしてますが。
二つの人格なんて
章もあるそうです。
 ―こころは2つの中心を持ちますからね。
 ユング的で面白そうです。
 解離人格は
 ヒステリーで
 二重人格は基本ですしね。
$PTSD研究家翠雨の日記
赤と青は
陰陽五行説で言えば
火と水です。
調理の基本であり
茶道の基本でもあります。
 ―『コクリコ坂から』の朝も
 ここから始まります。
$PTSD研究家翠雨の日記
まっすぐ人を愛することが
むつかしく
稀有な時代になりましたね。
完成された
本物の金が
作られにくくなったように
思います。
人間がそうだから
学問も医療も
偽物だらけです。
やはり
アイドルは
時代を映す鑑ですね。

『春琴抄』未治療PTSD春琴と介護者佐助のトラウマティックな一生

物語が
春琴の墓を訪ねる
「私」のモノローグから始まるのは
PTSDの回想を思わせます。
春琴(本名は琴)は
9歳の頃に眼病により失明し
 ―PTSD予防が必要です。
音曲を学ぶようになります。
 ―芸術的な
 表現がPTSD予防に役立ちます。
わがままに育った
 ―可哀想と思って
 気を回しすぎると
 情緒障害を作ります。
 PTSD児のストレス軽減のため
 発達障害ということにして
 人生を閉じられたものにする
 毒親と一緒です。
春琴の相手をさせるため
 ―責任を放棄し
 治療を外注してます。
 (お金持ちのクセに格安料金で)
丁稚の佐助を連れてきますが
両親の思惑とは裏腹に
佐助が泣き出すような
激しい稽古をつけます。
 ―テイのよいイジメですね。
 両親の意図を読んで
 反撃したところも
 あるかも
 
そのうち
妊娠していることが発覚しますが
春琴も佐助も関係を否定し
生まれた子は
里子に出されます。
 ―今の時代にPTSDを生きる
 女の子にもいるタイプですね。
 赤ちゃんポストもあるし。
 しかし
 罪のない子は
 生まれながらに
 トラウマティックで
 負の連鎖が始まります。
20歳になり
 ―まだ20歳でここまでの
 トラウマティックエピソードがあります。
独立し
我が儘はさらにつのります。
 ―放置すると悪化
腕前は一流になり
有名になりますが
種々の贅沢のために
財政は苦しいので
 ―今だと
 大人の発達障害ですね。
佐助は苦労します。
 ―しかし感謝とかはしません。
言い寄る名家の息子を
袖にし
稽古の仕置きで
 ―稽古で虐める癖が強化されている
額にケガをさせますが
一ヶ月半後
屋敷に侵入してきた何者かに
火傷を負わされ
佐助を近づけようとしないので
佐助は自ら両眼を針で突き
失明した上で
その後も春琴に仕えました。
 ―この部分は
 ギリシア悲劇に似てます。
 小さい時から
 当たり前に仕えた世界は
 他人から見ればひどくても
 拠になるんでしょうね。
琴は明治19年に脚気で亡くなり
佐助は21年後に亡くなりました。
二人を     ☚陰陽
見ていた目が  
太極でしょうね。
 ―語ることで統合される。
学校では
マゾヒズムを超越した
本質的な耽美主義とか
 ―子どもにそんなこと
  わかるか!
 センセイだって
 きっとわかってないと思う。
教えるようですが
PTSD解離小説ですよね。
無我な印象の
山口百恵に演じさせるのが
アタリましたね。
主張の強い松田聖子では
ダメですね。
しかし
大阪で未明に催涙スプレー撒いた人は
 ―無意識は
今朝の朝日新聞で
『春琴抄』が紹介されてるのを
知ってたのかな?

横須賀線のPTSD解離自殺と『愛を読むひと』

14:57頃
大船駅で発生した
人身事故の影響で
現在も
広範囲で
列車に
遅れや運休が出ています。
$PTSD研究家翠雨の日記
戦争PTSDのうたの
舞台でしたね。
ドブ板通り
ファッショナブルになっても
板1枚下が
ドブだということを
忘れてはいけません。
 ―無意識のなかのトラウマ
2008の
『愛を読むひと』を
観てました。
戦争の傷を受けながらも
記憶を大事にしながら
よりよく生きようとする人々が
美しく描かれています。

日本は昔から♪『回転木馬』

アメリカに言われてしまいました。
 ―戦後は
 「12歳」でしたっけ?
「優れた政治制度への過渡期か
継続的な衰退の症状か
答えられるのは日本だけ」
だそうです。
$PTSD研究家翠雨の日記
山口百恵が
オーディションで歌ったのが  ←デビュー前
『回転木馬』

首相が悪いとかではなく
システムが
センター争い
 ―AKB48
 多分に商業主義
山口百恵の頃は
チャンネル争い
哀しいかな
無我の構造
 ―その場その場で変わる。
この国で
短くても4年と決まってたら
もっと怖いものがあります。
自我構造の違いで
別に発達障害ではないのです。
 ―12歳なら
  IQどのくらいになるかな?
PTSDで停滞してて
競争以前の問題なんです。

紳助電撃引退ショック ~山口百恵になりそびれた【ヤンキー】

23日に電撃引退しましたが
皮肉なことに
引退会見が高視聴率ですクラッカー
みんないろいろ学んでますね。
 ―上原美優さんも
  死をもって
  多くのことを教えました。
問題は【ヤンキー】問題ですね。
Yankeeという語源は
アメリカ南北戦争で生まれた
北部出身者への蔑称でしたが
日本では
不良少年および少女という
PTSDのことです。
 ―口伝えで広まった言葉のため
 あいまいな定義のまま使用され
 「不良」「チンピラ」「不良軍団」など
 いろんなニュアンスがあります。
 ヤンキーは象徴ですねひらめき電球
$PTSD研究家翠雨の日記
大阪アメリカ村で
1970-1980ころ流行った
派手なアロハに太いズボンとかの
ファッションが
ヤンキーの元祖らしいです。
この頃から
卒業してないんですね。
仲間を大事にする
律儀さの観念が
少年時代のままです。
本人も首をかしげながら
「申し訳ないけど
僕の中ではその程度なんです」
気をつけてくださいみたいな
感じで印象的でした。
$PTSD研究家翠雨の日記
横須賀ストーリーをしっかり
歌いながら
 
 ―子どもがPTSDに翻弄される歌
卒業しないといけません。
紳助さんも
マイク置いてたから
いじめっ子は卒業するみたいですがね。
 ―弱いものには威張り
 強いものにはへーこらも
 ヤンキーです。