カテゴリー別アーカイブ: 書評

PTSD解離人格香山リカをつくった母娘ストレス

『怒り始めた娘たち』という
著書が出たそうです。
「【母子ストレス】の処方箋」
「もうママには振り回されない!」という
キャッチフレーズですが
 ―「こうしなさい」「ああしちゃダメよ」と
  いちいち指示
  「あなたを育てたのはこの私よ」と脅され
   ストレスに耐え続けてきた挙句に
   介護がのしかかる!
自身の母への
「微妙な違和感」が
ベースになって
書かれたものだそうです。
香山リカに振り回され

薬漬けで苦しんでいる人たちも
怒り始めていることでしょう。

香山リカがPTSD解離事象の流行について書いた新刊

『劣化する日本人
 ―自分のことしか考えられない人たち』
小保方晴子さんや
佐村河内守さん
片山祐輔被告を
お騒がせ人物と評し
1つの社会現象として見做しているようです。
このブログにちょっと近いけど
 ―PTSDとも新型うつ病とも
 書いてないでしょうね。
「日本人の美徳が崩れていく!」ならば
香山リカも入れてほしいところですね。


こういうブームを煽った
張本人ですから
実害は甚大です。
精神科医で
臨床心理士でしたね。

ドイツ精神医学(永遠の脳病仮説)からフランス精神医学(PTSD)へ

精神病理学の歴史 精神医学の大いなる流れ
 ―星和書店
心を病む人への
理解と治療のための礎
だそうです。
今の精神科は
ドイツ精神医学の流れを汲み
アメリカのDSMに汚染された
 ―精神分析のトラウマ理論無視で
 表面的に診断する。
薬漬け医療に堕していますが
 ―原因がないなら
 治しようがない。
この本は
フランス語圏の
研究を再発掘し
もっと人間的に
治療的に
見直そうという立場なのかも
しれません。
マリーアントワネットの頃の
フランスで
催眠法が生まれたとき
 ―最初の心理療法
暗示とか
解離とか
PTSD的なものの見方が
 ―ヒステリーと呼ばれていましたが
生まれたのでしたね。
そこに
還ってやり直す時がきたのでしょう。

PTSD社会の『ナラティブ・ソーシャルワーク』

ナラティブソーシャルワーク
支援しない支援法です。
相手に語らせ
自分の物語を生きさせるので
 ― 自己実現
傾聴の立場と
同じです。


こういう押し付けがましい
臨床心理士たちとは
対極にあります。
新聞一面の広告に
こういうのが出るということは
そろそろ退散準備をしているのかな。

PTSD否認の精神科だけではない船瀬俊介さんが伝える『日本の真相!』

$翠雨PTSD研究所
精神科だけでなく
医療や
食など
全体の問題です。
$翠雨PTSD研究所
こういう本もありましたね。
まずは
PTSDの否認を
治療するとよいでしょう。
そうすれば
罠にかかりにくくなります。
精神科バッシングしながら
ステロイド漬けとか
子宮頸がんの定期検診受けてるとか
子どもにプラスチック食べさせるとか
そういうのは
オカシイのです。

『解離する生命』『目立たぬものの精神病理』それはPTSD

$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞一面の
広告です。
橋下代表に
お灸をすえられ
ちょっと
自己治癒力が作動
たまに正気になって
まともな仕事も
します。
そういうのが
解離ですね。
全部壊れてるのではないのです。
『解離する生命』は
傷つき体験なんだったら
PTSDとして
まとめた方がわかりやすいし
哲学が起訴であることや
精神医学のゆくえが
問われている話とも
きれいにつながります。
哲学といっても
芸術や生活への
『ひそやかな眼差し』なんですよね。

星和書店『トラウマと身体』 PTSD否認はやめるのかな?

$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞一面の
広告の真ん中です。
いろんな身体症状が
トラウマのためだと
気づいたかな?
まっすぐにいくとは
思えないけど
せめて
子どもの落ち着きのなさに
 ―トラウマ反応
コンサータとか
妊婦さんの頭痛に
ソラナックスとか
やめてほしいな。

『心の病 回復への道』生活と生育歴をしっかり聞いてPTSD克服

$PTSD研究家翠雨の日記
岩波から
心理学の本は
久々じゃないですかね。
ハウツー本ではなく
 ―薬もそうだけど
 安直なのを求める風潮はダメ
生活を知ることを
大事にされる方のようです。
 ―流行の診断名つけて
 相手を見ない風潮もダメ
「排泄について」だったら
「オムツ」と記録しておしまいではなく
1日、何回、オムツを交換しているのか
排尿・排便は、1日に何回なのか
そのうち夜間は何回か
誰が交換するのか
その交換はスムーズか
オムツを使用しないで
排泄できる可能性はあるか
具体的に知って
ケアの方法をアセスメントします。
テレビについても
どんな番組で
テレビのボリュームや
あと新聞はとってるか
さらに朝日?読売?毎日?日経?
この違いも大事ですね。
書いてないけど
生育歴や
夢など
 ―無意識
同じように
ていねいに読み取ることがあれば
いいのではないかと
思います。

ずーっとPTSDを見続けてきた小西聖子センセイの『新版 トラウマの心理学』

$PTSD研究家翠雨の日記
NHKから出版されてます。
心理臨床学会(2012・3)は
「被災地には
まだ
PTSDは少ない」とまとめてますが
$PTSD研究家翠雨の日記
「多くの人が
心に傷を負った」  
のですね。
真逆なことを言っていると
指摘したら
「いろいろな見方があっていい」
「1つの見方にとらわれないほうが
 いろんな発想が生まれていい」
そういう詭弁で
逃げるんでしょうね。
そういうのは
学問じゃないと思いますがね。
そして
多様性を謳い
寛容なふりして
一律
★でっちあげうつ病
★でっちあげ発達障害
治療は
★薬物療法
★認知行動療法
なんですよね。