カテゴリー別アーカイブ: 物語

『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

インターネット上の掲示板に

ハルシオンなどの向精神薬を譲ると書き込んだ

館林市東美園町の

塗装業の女性(39)が

逮捕され

「販売して生活費に充てようと思った」と

話しています。

 

所持していた

数百錠は

心療内科を騙して

手に入れたものでしょうか。

 

 

ドクターラムネキットには

「銭天堂 あらす...」の画像検索結果

 

薬の瓶と

白衣

黒縁メガネが入っているそうですが

 

それで

 

「香山リカ」の画像検索結果

 

リカちゃん人形の真似の真似をすると

危険だという注意書きを読ませないのが

【解離】というものです。

 

PTSDは真似る病(ヒステリー)なので

逮捕者が出ても

この手口が繰り返されます。

 

 

 

『一週間フレンズ。』も解離性健忘症(PTSD)克服物語

ヒロインは

「一週間で友達の記憶がリセットされてしまう」体質を持つという

設定ですが

 

医者も

「心因性」だろうと診断

 

治療ではなく

現実の人間関係のなかで

治癒し

「1週間フレンズ」の画像検索結果

そのなかで

原因も明らかになるようです。

 

 

『思い出のマーニー』なんかにも表現されている

心理療法における記憶の秘密の基本です。

 

ここを外すと

お話になりません。

 

(最初に

原因とかどうしたらよいのかを知りたくなるのは

普通のことですが

そこにこだわり続けると治らないので

究極的には

愚問ということになります)

 

小学生のときに

(冬ソナは高校生くらい?)

ちょっとした勘違いから

ショックを受けて飛び出し

交通事故に遭った後

記憶障害を起こしたけれども

 

脳のダメージが問題ではなく

こころのダメージが問題だったので

回復できたというのは

韓国ドラマの『冬のソナタ』と同じですね。

 

「冬ソナ」の画像検索結果

 

「1週間フレンズ」の画像検索結果「一週間フレンズ」の画像検索結果

 

 

『東京喰種』と違い

実写には無理がなかった

PTSD物語です。

 

 

コンビニで下半身露出のミニスカ会社員(46)もPTSD解離性倒錯の依存症

埼玉県

上尾市の

コンビニエンスストアに

ミニスカート姿で入店し

レジにいた

女性店員の前で

露出した下半身を見せた

公然わいせつの疑いで

会社員の男(46)が逮捕されました。

 

 

陰陽混乱していますね。

 

「アニマ・アニム...」の画像検索結果

人間は

内的には両性具有であり

(また

そうでなくてはならず)

 

「河合隼雄とりか...」の画像検索結果

「かわりばや男と...」の画像検索結果

 

昔から

文化的にいろいろあり

 

「LGBT」の画像検索結果「LGBT」の画像検索結果

 

こういうご時世となりましたが

 

「ストレスからやった」とのことであれば

話は別で

精神分析で病理とされた

性的倒錯(PTSD)の依存症で

「性的倒錯」の画像検索結果

 

治療の対象になります。

 

「JKビジネス逮捕」の画像検索結果

JKビジネスの大人も

ビョーキです。

 

 

清水富美加さんは

JKビジネスではありませんでしたが

いやいや従事させられ

こころを病む女性が増えているのです。

 

 

PTSD否認のアドラー心理学会から抗議の刑事ドラマ『嫌われる勇気』

180万部超の大ベストセラー

『嫌われる勇気』を原案に

刑事ドラマとして

大胆にアレンジされた

 

フジテレビ系ドラマ

『嫌われる勇気』が

 

日本アドラー心理学会から

アドラー心理学の一般的な理解とは

大きく異なる見解を広めているとのことで

放送の中止

もしくは脚本の大幅な見直しを

求める抗議を受けているそうです。

 

本邦ユング派なんかも

 

肝心要の

象徴に関して

使えない発達障害が増えているとか

(子どもたちが薬漬けに🤔)

かぐや姫はわがままだとかとの

(ジブリは仏性だって言ってるよ💯)

 

トンデモ理論を堂々と垂れ流すような

ご時世ですから

 

ドラマ(作り物の世界)なんだし

そのあたりは

目くじらを立てるほどでもないような気がしますよ。

 

私は

心理学科卒業の刑事さんに

犯罪は人間関係からなんて言わせている

(サリバンっぽいけど)

その発想を評価してますけどね。

 

ただ

 

アドラー好きな人は

よく「トラウマは存在しない」と言うので

 

「アドラー トラ...」の画像検索結果

 

そこは真逆の

 

 

このあたりが基本になる日を夢見ています✨

 

 

市原悦子さんの自己免疫性脊髄炎と『こぶとりじいさん(PTSD養生のコツ)』

女優・市原悦子(80)さんも

自己免疫性脊髄炎と診断され

入院治療に専念するため

当面休養するそうです。

 

芸能人も

よく体調不良を起こすようになりました。

 

 

 

高齢であることを踏まえて

当面は入院とのことですが

 

「掛け軸の老夫婦」の画像検索結果

 

昔のご老人は

そんなに難病にならなかったような。

 

「こぶとりじいさ...」の画像検索結果

 

こぶとりじいさんも

がんではなくて

 

PTSD(こころの病)との付き合い方を示した

喩え話ですしね。

 

 

『砂の塔』ハーメルンの笛吹き男が認知症の母親(離婚PTSD)とネグレクト児たちを合同治療

松島菜々子演じるストーカーの恐ろしさに

目を奪われていましたが

子どもたちへの連続誘拐事件が

主テーマでした。

(ストーカーはその便乗犯)

 

子どもたちにもお母さんたちにも人気の

一番犯人らしくない

体操教室のおにいさん先生が

最後に逮捕されます。

 

 

なぜ多重人格になってしまったかと言うと

 

虐待を受けて育ったのですが

離婚で苦労するお母さんを支えたいと思っていたところ

(トラウマの否認)

お母さんは認知症のようになってしまいます。

(離婚PTSD)

 

「音楽療法」の画像検索結果

 

音楽療法で提示された曲を聴くと

落ち着くようになったのはよいのですが

子どもを家に連れてきてしまうようになります。

(音楽によって退行が促された状態なので

治療のチャンスですが

そのままでは犯罪です)

 

しかし

子どもが嫌がっておらず

お母さんも子どもと一緒にいると

落ち着くようなので

 

ついつい

子どもを誘拐しては

時期を見て開放していたようです。

 

誘拐された子たちは

親が依存症等の

「放置児」なので

 

「放置児」の画像検索結果

 

「放置児」の画像検索結果

 

「放置児」の画像検索結果

 

優しいお兄さんに声をかけられると

容易についていくし

優しいおばあさんが相手をしてくれると

帰りたがらず困ることもあったようです。

 

おばあさんをやさしくする

お兄さんの魔法の口笛とともに

楽しかった時間が思い出されるので

 

「ハーメルン」の画像検索結果

開放されたあとも

その曲を聴くと

子どもたちは

うっとりと

催眠状態に陥ります。

 

虐待児たちや大人が

「お薬あげるよ~」

「そのままでいいよ~」と言ってくれる

セールスマンについてゆかないようにも

気をつけないといけません。

 

 

学校では

スクールカウンセラーと呼ばれてますけどね。

 

『笑ゥせぇるすまん NEW』28年ぶりアニメ化でPTSD否認薬害ブームの反省

藤子不二雄A氏による

ブラックユーモア漫画

『笑ゥせぇるすまん』が

28年ぶりに

テレビアニメ化されるそうです。

 

 

ストレスや心の闇を抱えた人の前に

 

黒いスーツを着た謎の男

喪黒福造が現れ

願いをかなえてくれますが

 

気がつけば

【解離】させられ

二重人格になったり

ストーカーみたいな依存症になって

大きな代償を負わせられ

破滅させられるというストーリーです。

 

今では

喪黒の発する「ドーン!」という呪文は

電気ショックを連想させますし、

特徴のある高笑いは

 

 

 

このあたりから

聞こえてきそうです。

 

眠れるようにしてあげるというセールストークに乗って

地獄を見た人

たくさんいますね。

人身事故も増えました。

 

セールスマンには要注意です。

 

対馬父娘殺人放火犯も『砂の塔』「砂山崩し」のストーカー気質(PTSD解離人格)

長崎県

対馬市

豊玉町で

漁業古川敬氏さん(65)方が全焼し

敬氏さんと

医療機関職員の次女聖子さん(32)の

遺体が見つかった

殺人放火事件で

 

犯人は

犯行前まで

敷地内の

納屋に潜み

犯行の機会をうかがっていたようです。

三鷹事件のトーマスみたいですね。

 

2人の遺体は

頭の骨の一部が陥没するほど

強く殴られており

骨折に至らない傷も複数あり

強い殺意を持っていたことがわかります。

 

クリスマスイブに生まれたので

聖子さんと名付けられたそうですが

婚約者は

誕生日であるクリスマスイブに

プロポーズする予定だったそうです。

 

 

何かとこのドラマに

モチーフが重なりますね。

 

ストーカーに狙われると

職業も家族も

夢も

命も危険にさらされます。

 

そのストーカーの恐怖の手口『砂山崩し』について

脚本家は

ドラマのなかで刑事に

解説させました。

 

 

ドラマと現実は

深層でつながっていますね。

それを架空と言います。

 

 

絵空事とか無意味という意味ではありません。

 

重要な物事は

架空で考える必要があるというのは

普遍的な真実です。

 

 

 

『砂の塔〜知りすぎた隣人』「砂山崩し」はストーカー(PTSD)恐怖の象徴

松嶋菜々子は

元夫の家庭を破壊してゆくようになった

ストーカータイプの

サイコパス女性

弓子を演じています。

 

画像

 

元夫の家の上の階を購入して忍び寄り

静かな対人操作で

元夫の夫婦関係に亀裂をつくり

元夫の職場での立場を悪くしながら

 

いじめで苦しんでいる実子を

計画的に救出し

身分を明かさないまま

気がつかない養母はダメだと洗脳

「本当のお母さんに会わせてあげる」と誘い出し

養母とはもう会わないと

強引に約束させます。

 

実子に本当のお母さんの話をするときは

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

自我分裂していて

とても気味悪いです。

 

手段のためには何でもするので

誰もが怯えていますが

 

刑事は

養母には

弓子の母親が

過干渉で今風に言うと【毒親】

それで

高校生の時に

家を出て

ホステスをして

大学に通い

結婚しましたが

ホステス時代の客がストーカー化

 

子どもを守るために

ストーカーを殺害してしまい

刑務所に入り

子どものために離婚したエピソードを話し

 

弓子には

「そんなことでは

幸せになれないとわかっていて」

なぜそんなことをするのか

人の所属する環境を次々破壊する行為は

 

 

砂山崩しだ」と諭します。

 

 

砂山崩しは

ストーカー恐怖の象徴だと思います。

 

脚本家は

よくご存知ですね。

 

昨夜、姫路城に出没のお菊さんもPTSD物語のヒロイン

昨夜

姫路城は

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-44hu

 

ライトアップされ

敷地内の

お菊井戸も見ることができたそうです。

 

この井戸から

「1まーい、2まーい(枚)‥」と

聞こえるとか聞こえないとかという伝説ですが

 

昨夜は

 

なんと

声の主の

お菊さんがお出迎え😱😱😱

 

%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81-44hi

 

『リング』の貞子みたいですね。

 

ec7b12d7hkl;pyjimage7Z823KS2bbkj

 

 

皿屋敷伝説は

全国にあるようですが

姫路市では

この怪談のことを

『播州皿屋敷』と呼びます。

(江戸では『番長皿屋敷』)

 

お菊さんは

優秀なスパイだったのですが

ひと仕事したあとに

正体がバレてしまい

なんと

敵方にプロポーズされます。

 

しかし

それを拒否したので

お菊さんが管理係だった

10枚そろえないと意味のない

(『ワンピース』)

家宝の皿のうちの

一枚を隠して因縁をつけられ

責め殺されたあと

井戸に放り込まれたのです。

 

井戸から夜な夜な

女性の皿を数える声が聞こえてくるようになったというのは

殺害した男性の悪夢なんでしょうね。

 

yjimageyful

 

責めるものは責められるもの

殺すものは殺されるものです。

 

解離犯罪を犯した人も

こころの鬼(トラウマ)に

責められるんですよね。

 

そんなことを思い出してほしいから

お出ましになったのでは?