カテゴリー別アーカイブ: 物語

朝鮮戦争からマリリン・モンロー『 ナイアガラ』のPTSD表現

「ナイアガラ マ...」の画像検索結果

マリリン・モンローは

朝鮮戦争から帰還した夫を邪険にし

1952に撮影

1953休戦体制へ

戦争中

陸軍の精神科病院にいたと触れ回り

ジョナサン・レターマン医師から名付けられたレターマン陸軍病院

 

「スターウォーズ」の画像検索結果

跡地から様々な作品が生み出されることに

 

愛人と共謀し

自殺したように見せかけようとします。

「帰還兵自殺」の画像検索結果

よくある話なので

悪事が成功したと思いきや

死亡確認に行くと

亡くなったのは愛人で

反撃に遭った。

 

ショックのあまり気を失い

PTSD反応

意識不明となります。

 

目覚めますが

PTSD解離性遁走のなかで死亡しました。

 

日本でも

朝鮮戦争関連で

PTSD物語がありましたね。

 

「コクリコ坂PTSD」の画像検索結果「コクリコ坂から」の画像検索結果

 

『ナイアガラ』は

当時のナイアガラの滝の記録映画としても

興味深いです。

 

『 殺戮モルフ 』創造の病で狭心症の発作(心身症はPTSD )

相談なしに黒塗りというのは

実は本人の主観であって

 

狭心症の発作で

相談できる状態ではなかったとのことで

和解したそうです。

 

多重人格性がありますね。

暴走表現する人格と

社会人としての主人格

 

グロテスクな表現は

表現者を蝕むので

心身のバランスを取るために

発作も起こるのでしょう。

 

「思い出のマーニ...」の画像検索結果

 

いじめから喘息発作が起こることがあるように。

 

 

 

 

表現者も命懸けです。

 

「ノーベル文学賞」カズオ・イシグロ さんもテーマは 記憶 とPTSD 予防

今年のノーベル文学賞に

日系イギリス人作家の

カズオ・イシグロさん(62)が選ばれました。

 

「カズオ・イシグ...」の画像検索結果

 

2015年6月

10年ぶりの長編小説として発表した

『忘れられた巨人』は

 

「1990年代のユーゴやルワンダでの

内戦と大虐殺のショック」から

 

過ちを繰り返さないために

記憶をどう扱えばよいのかについて

書かれたものですが

記憶は、デビュー以来の一貫したテーマのようです。

 

 

「アリアドネの糸...」の画像検索結果「中井久夫 兆候...」の画像検索結果

 

 

何らかのショックから

神話が生まれるのは

 

「古事記」の画像検索結果

 

日本の古事記にも明らかな

PTSD予防と昇華の霊的現実です。

 

 

「多崎つくる」の画像検索結果

 

村上春樹のこの小説も

そういう構造ですよね。

 

記憶を封印させる圧力に屈しないことが

今現在

人類に課せられた主要テーマだということでしょう。

 

『赤い陣羽織』PTSD解離悪徳ストーカー代官の怖いもの

木下順二の戯曲で

「赤い陣羽織」の画像検索結果

 

歌舞伎や

オペラ

バレエでも演じられてきたそうです。

 

赤い陣羽織を着た

お代官さまは

 

働き者の「おやじ」の

嫁に会うために

一日に何度も

家にやってくるのですが

 

なんと

庄屋に

邪魔な「おやじ」を捕らえさせます。

 

ストーカーというものは

悪質で

手に負えないものですが

 

この作品では

 

登場人物たちの機転や偶然

駆け引きが重なって

(いわゆるドタバタ)

お代官の悪徳は

奥方に知られることになり

一件落着しました。

 

私は

 

 

文楽で観ました。

 

 

『曽根崎心中』から

名物はすめし弁当です。

(蓮の実が入っています)

 

『海辺のリア』認知症とPTSD

『海辺のリア』の

初日舞台挨拶が

東京・テアトル新宿にて開催されました。

 

「海辺のリア」の画像検索結果

 

仲代達矢さん(84)が

かつてスター俳優だった

認知症「疑い」の老人を演じます。

 

高級老人ホームから

抜け出し

海辺をさまよい歩く部分は

「徘徊」と呼ばれるものになるでしょうが

 

よく話すご老人のようで

(セリフを覚えたのは奇跡的と評価されている)

表現力が豊かであり

妻とは別の女性が産んだ娘と

突然の再会を果たします。

 

徘徊は

人生を哲学的に統合する目的でなされているようですから

 

「エリクソン」の画像検索結果

 

行動を制限しては

(右下隅にも書いてあるように)

リア王のように「絶望」しながら

死を迎えることになります。

 

 

また

死期が迫っていて

時間がないからと言って

アミタール分析なんかしなくても

(精神分析の促進法)

 

適切な時代に退行して

後悔のないようにやり直す力が

人間にはあるということを示しているのが

素晴らしいですね。

 

認知症患者が集まらなくて頓挫したJ-ADNIの話ではないですが

 

「JADNI」の画像検索結果

 

認知症って

本当は

そんなに多くはなくて

専門家がよってたかって

認知症扱いしたがっているだけだという現実を

表現者たちは

みな知っているのです。

 

『オープンダイアローグ』とムーミンバレエとPTSD

オープンダイアローグが話題になっていますが

 

「オープンダイア...」の画像検索結果「オープンダイア...」の画像検索結果

 

発祥地から

ムーミンたちも

来日中です。

 

「ムーミンバレエ...」の画像検索結果「ムーミンバレエ...」の画像検索結果

 

「専門性という鎧を脱ぎ捨てられますか?」とのことですが

バレリーナたちが

ぬいぐるみの重圧に耐えながら

プロフェッショナルなパフォーマンスを維持している姿は

陰陽真逆で

興味深い現象です。

 

「ムーミンバレエ...」の画像検索結果

 

ちゃんとポワント履いてますよ!

 

テーマは

なんと『ムーミン谷の彗星』

 

「ムーミン谷の彗...」の画像検索結果

 

 

戦争PTSDを連想させますが

 

事実

作者は日本の原爆にショックを受けて

描いたそうですね。

 

 

 

ここは

宣伝のための催し会場で

踊っているのは

日本人女性です。

 

解説者は

フィンランドのものをそのままでは伝わらないので

このようなしあがりになったと言っています。

 

オープンダイアローグにも

そういう視座が必要でしょう。

 

かぐや姫をわがままだと言ったり

象徴が使えていない発達障害が流行っているとの

愚説を垂れ流した

本邦ユング派の二の舞いをしないように

お気をつけ遊ばせ✨

 

『貴族探偵』謎解きの鍵もPTSDの自我と自己

「月9」の30周年を飾る話題作

「貴族探偵」ですが

 

「探偵貴族」の画像検索結果

 

 

主人公は

「推理などという雑事は

使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち

事件関係者の女性と会話を楽しみ

遊んでばかりで

自分は何もしないという異色の探偵です。

 

しかし

心理療法に置き換えて見れば

理にかなっていて

 

「自我と自己」の画像検索結果

 

自我というものは

ついシャカリキになって

(釈迦力とは書きますが💦)

場当たり的に無駄な行動をしますが

 

真実を知っているのは

異次元の自己(セルフ)です。

 

最初の事件が

地下にある井戸で起こるのも

興味深いですが

 

 

またあとで♪

 

『母になる』嫉妬や恨みから始まるPTSD解離物語

普通のささやかな生活が

事件に巻き込まれて

一変してしまうことがあるわけですが

 

事件の引き金となったのは

ヒロインの夫の教え子の嫉妬でした。

 

自分のレポートをすぐに読んで返事せず

3歳の息子と楽しそうにしているのを見て

逆恨みから

息子を誘拐し

自殺してしまいました。

 

そこまでしてしまうのは

生育歴のなかに

父親に関するコンプレックスが潜んでいるからでしょう。

 

「母になる」の画像検索結果

 

子どもを失った母親は

落ち度もないのに

罪悪感に苦しみ

夫婦仲に亀裂が入り

おばあちゃんは

認知症のようになって

よその子を誘拐しようとし

 

子どもはは

どうも親を知らないまま

つまり自分が誰なのかわからないまま

生きているようです。

 

PTSDの負の連鎖ですね。

 

これも

結局は

 

「SNS連続送信」の画像検索結果「SNS連続送信」の画像検索結果

コメントがもらえないと

ストーカー化するような

危険なサインである「SNS連続送信」の問題と

同じではないでしょうか。

 

「小金井事件」の画像検索結果

殺人事件になることもあれば

自殺してしまうこともありますが

自傷と他害はコインの裏表にすぎません。

 

学生さんは

ちょうど連続誘拐事件が世間を騒がせていたので

面白そうと思って便乗したと言っていました。

ストーカー殺人が増えているからと

真似するのと同じ

ヒステリー(PTSD)心理ですね。

 

芦田愛菜さんPTSD物語演じて超難関私学に複数合格🌸💯✨🎉

女優の

芦田愛菜さん(12)が

 

都内の

複数の超難関中学に合格し

芸能活動が可能な

慶応義塾中等部に入学したそうです。

 

「マザー芦田愛菜」の画像検索結果「明日ママがいな...」の画像検索結果

 

幼い頃から

あんなこんな

児童虐待物語を身をもって

演じてこられましたからね。

 

「芦田愛菜ランド...」の画像検索結果

忙しすぎて

小学校にはあまり通えなかったのでしたね。

 

 

次は

悪徳精神科医とか

演じながら

PTSD否認薬漬け社会を

バッサリ斬って下さい。

 

正しい方は

こちらでしたね。