カテゴリー別アーカイブ: 獅子頭

朝日新聞『獅子頭』物語の終わり方

舞台恐怖症という名の
PTSDを克服する過程にいる
二順の物語でした。
★料理人として成功し
日本にくることもできた
華々しい時代と
★運命のいたずらで
日本女性と結婚し
中国の妻子と離婚するはめになり
もがき苦しむ時代がありました。
 ―名前は
 陰陽の二順かもしれません。
行くあてもないまま
初々しいのなかに
飛び込みたいという衝動に
 ―陰陽五行では
 【木気】のイメージです。
  この気持ちを高揚させるため
 春の行事があります。
 (行事は五行のめぐり)
駆られるままに
歩き回り
中国の妻子の家に電話すると
妻の分身のような
娘が出て
★「お父さんは頓珍漢なんだから」と言われ
 ―PTSDの
  トラウマによる脱線に関する
  適格な表現でしょう。
  他人にはよくわかりますが
  本人は複雑な気がします。
★「強い思いがあるなら
自分からぶつかっていかなきゃ」と
何気に指摘され
 ―支配&搾取の時代の
  マインドコントロールが解除されず
  依存的な性格が固まってしまった人も
  多いですネ。 
いろんな人の顔が浮かんだのですが
自分の顔を叩いて
顔をゆるめました。
娘さんの指摘は
タイムリーで適格でした。
 ―誰に言われるかとか
 タイミングや言い方が大事ですよねニコニコ
こころの中に
いろんな人が住みすぎて
 ―内的対象関係
自分がわからなくなりがちな
自分のクセに気づいたところで
物語が
急に終わっています。
東洋的な最後ですね。
いきなりブツっと切れます。
集合的無意識の中の
記憶という名の
煩悩が自覚を邪魔するのですから
それを否定して
自分の意思でぶつかることができたら
PTSDは克服できるのでしょう。
自覚がすべてですひらめき電球
その暗示のみ示して
作者はペンを置いています。
 ―心理療法も
 起承転結の
 起承転までくらいです。
 最後のピースは自分で置いてもらいます。
$PTSD研究家翠雨の日記
心境がよく表現されてます。

朝日新聞『獅子頭』第二百五十話 感官

日本に来た
中国人が
お寿司を食べます。
$PTSD研究家翠雨の日記
外国に行けば
食べ物が変わりますね。
食べ物は
文化と密接につながっていますから
時間が経つと
その人の心身に
多大な影響を与えます。
ベジタリアンになれば
非暴力思想に近くなりますし
かつての日本人のような
ベジタリアンに近い人種が
フランスへ菓子職人修行に
行ったり
日本にいても
中華料理店を経営したりして
 ―楽な経営ではないので
  子どもはラーメンを主食に
  してました。
リウマチになったケースを
知っています。
 ―前者は少し
  後者は甚大な
  精神障害を併発しました。
$PTSD研究家翠雨の日記
ポニョは
お父さんの与える食べ物を
拒否し
かぐや姫も
月からお迎えが来ると
食べものが変わり
気持ちも変わりました。
食べ物だけ
心だけ
考え方だけと
バラバラな問題ではありません。
すべては
感官で縁起していますニコニコ

朝日新聞『獅子頭』二百四十九話 「すみません」

二順は
いつのまにか
「すみません」が
口ぐせに
なっています。
無意識的に
世間に対して      ←世間は神さまだからセルフ
すまないという気持ちを
表現するのに
本当にぴったりな言葉だと
感じているから使うのですが
一体何を伝えたいのかは
もうあいまいなまま
無意識的に
繰り返しているようです。
そういう人結構いますよニコニコ
 
「すまない」は
気が済まないという意味です。
は東洋的な言葉ですね。
 ―元気や気合の【気】
 陰陽五行の5つは【5気】
洗浄強迫の人は
汚れているからではなく
気が済まないから
洗い続けるのです。
 ―PTSDですから
 トラウマがあります。
 トラウマに気づかない限り
 永遠に気がすみません。
日本の精神分析では
【甘え】という
極めて日本的な問題の
変型として
「済まない」があると
説明されています。
甘えという
日本独特の対人関係を
学ばないと
気がすまないし
PTSDは克服できないのです。

朝日新聞『獅子頭』第二百四十三話 気づきと行動

未治療の
大物PTSDである
幸子は
相変わらずだが

自分の情けなさに
しっかり向き合った
二順は

【搾取】されているのに
気づき

家出した。

そうすると

風向きが
急に変わってきた。

仕事が見つかり

一ヵ月後
給料を貰うときには
アパートが借りられるようになった。

雇い主は
テレビと布団をくれた。

  …

気づきと行動が大事ですネ。
続きを読む

朝日新聞『獅子頭』第二百四十三話 気づきと行動

未治療の
大物PTSDである
幸子は
相変わらずだが

自分の情けなさに
しっかり向き合った
二順は
【搾取】されているのに
気づき
家出した。
そうすると
風向きが
急に変わってきた。
仕事が見つかり
一ヵ月後
給料を貰うときには
アパートが借りられるようになった。
雇い主は
テレビと布団をくれた。
  …
気づきと行動が大事ですネ。

朝日新聞『獅子頭』第二百四十二話 家出成功

二順は家出に成功しました。

心配してくれる人にも
相談せずに
まず
家出し
 
 ―これが大事です。
  
住む場所と収入源を
確保しました。

なかなか
身軽です。

元は軽業師ですからね。

 ―無関係なようで
 案外関係あります。

それに
PTSDを克服する過程で
身に着けた
中華料理の才能が
ありますからね。

何が役に立つか
わからないものです。
続きを読む

朝日新聞『獅子頭』番外編2 好奇心

作者の楊逸さんは

人間は知識やプライドがあるから
すばらしいとも言えるけど

それが障害になることがあると
言います。

そうですね。

PTSDの克服も邪魔しますよね。

人目や義務感から
「私はこうあるべき」     
「私はこうであっちゃダメ」って
自分を縛ってしまうと
 ―優等生タイプも
  反逆児タイプも
  結局同じです。

できることもできなくなります。

病魔の思うツボです。

それよりは
【好奇心】

面白い言葉ですね。

本当の意味で        ←案外難しいひらめき電球
好奇心がもてるようになったら
最終段階に
来てるのではないでしょうかね。
続きを読む

朝日新聞『獅子頭』第二百四十二話 家出成功

二順は家出に成功しました。
心配してくれる人にも
相談せずに
まず
家出し
 
 ―これが大事です。
  
住む場所と収入源を
確保しました。
なかなか
身軽です。
元は軽業師ですからね。
 ―無関係なようで
 案外関係あります。
それに
PTSDを克服する過程で
身に着けた
中華料理の才能が
ありますからね。
何が役に立つか
わからないものです。