カテゴリー別アーカイブ: 精神分析

和歌山小5PTSD解離性妄想殺人に懲役16年の判決

和歌山県

紀の川市で

2015年2月

小学5年の森田都史くん(当時11歳)が殺害された事件は

 

検察側、弁護側とも

中村桜洲(おうしゅう)被告(24)に

被害妄想があったことは認めていて

争点は量刑でしたが

 

懲役16年の判決が出ました。

 

 

「中村桜洲」の画像検索結果

逮捕時はこのような感じだったのが

「【否認】という方法で自分を保っているが

謝罪を述べるに至ったのは

大きな意味がある」などと

情状酌量が求められていたそうです。

 

 

「なかったことに」の画像検索結果「なかったことに」の画像検索結果「なかったことに」の画像検索結果

 

逮捕されて

【否認】の治療が進んでよかったですが

 

都史くんは戻りません。

被害妄想で追い回されて

どれだけ怖かったことでしょう。

 

「中村桜洲」の画像検索結果

 

子どものころに

 

PTSD予防教育があればよかったのにと

思わずにいられません。

「まるがめボート」爆破予告でレース中止させたPTSD解離性愉快犯

香川県の

まるがめボートの

事務所代表電話に

男性の声で

「場内に爆弾を仕掛けた。

19時に爆発すると

上に伝えてくれ」と爆破予告があり

主催者は警察に通報

7Rのスタート展示後に

場内に開催執行委員長の声で

「爆弾を仕掛けたとの爆破予告がありました。

お客さまの安全を確保できないため

7R以降を打ち切りとさせてもらいます」とアナウンスがあり

7R以降の中止が発表されました。

 

ボートレース歴50年の81歳男性は

「しょっちゅう来ているけど

こういうことは初めて」とビックリ。

 

56歳男性も

「いたずらだと思うけど

帰らないと仕方ないですね」

広島県から来たという44歳の男性は

「せっかく車で来たのに

がっかりです」

 

人身事故で電車が遅延したり

爆破予告で

休日の楽しみが台無しになったりする

今日このごろです。

 

爆破予告の電話一本で

甚大な被害となるわけですが

それを自分の潜在能力と勘違いして

ストレス発散しようとするのは

放火ネットストーカー同様

 

ある種の愉快犯で

PTSD解離人格だけです。

 

 

3・11こころのケア6年目の千葉に変質者「少年の口に指入れ男」PTSD解離性徘徊中

千葉市稲毛区の

JR稲毛駅周辺などで

昨年8月以降

男子中高生が口に

不審な若い男から

指を入れられる事件が

相次いでいます。

 

警察は「変質的」だと捉えていますが

変質者になる

第一原因は

PTSDです。

なりたくて変質者になったのではなくて

何らかの原因(トラウマ)があるのでしょうが

 

「ポーの一族」の画像検索結果

(ドラキュラに噛まれると

ドラキュラになる

PTSD負の連鎖の法則💡)

 

たいていは

放射能のように目に見えないので

 

 

自称「貢献する心理学」ギョウカイ人たちには

 

 

見過ごされたり

誤診されたりしているものです。

 

千葉と言えば

 

市原市では

市原コンビナートが爆発したそうですし

 

「千葉の海」の画像検索結果

 

きれいな海ですが

「千葉の海魚釣り...」の画像検索結果

 

こんな話もあるそうです。

 

こんな話とだけ💡

書かせる風潮もまた

 

正しくこころのケアされないなか

PTSD予防(こころのケア)中の

 

この国の

見えない病巣というものでしょう。

 

「足立区放火」で逮捕されたのは地元の消防団員(PTSDの放火依存症)

先月19日

東京・足立区の住宅で

落ち葉に灯油をまき

火を付けたのは

34歳の地元消防団員で

「他にも数件やった」とのことですが

 

消防団長は

勤務実態について

「真面目で

これまで不祥事はなかった」などと説明しています。

 

 

解離性同一性障害

多重人格という名の

PTSDですね。

 

時々

解離して

放火することで

幼児的万能感を満たさずにはおれなかった

依存症です。

 

 

匿名をよいことに

(教育委員会に

スクールカウンセラーと知られたら困る)

 

ネット上で名誉毀損という名の

落書きをするサイバーストーカーと同じ

心理です。

 

コンビニで下半身露出のミニスカ会社員(46)もPTSD解離性倒錯の依存症

埼玉県

上尾市の

コンビニエンスストアに

ミニスカート姿で入店し

レジにいた

女性店員の前で

露出した下半身を見せた

公然わいせつの疑いで

会社員の男(46)が逮捕されました。

 

 

陰陽混乱していますね。

 

「アニマ・アニム...」の画像検索結果

人間は

内的には両性具有であり

(また

そうでなくてはならず)

 

「河合隼雄とりか...」の画像検索結果

「かわりばや男と...」の画像検索結果

 

昔から

文化的にいろいろあり

 

「LGBT」の画像検索結果「LGBT」の画像検索結果

 

こういうご時世となりましたが

 

「ストレスからやった」とのことであれば

話は別で

精神分析で病理とされた

性的倒錯(PTSD)の依存症で

「性的倒錯」の画像検索結果

 

治療の対象になります。

 

「JKビジネス逮捕」の画像検索結果

JKビジネスの大人も

ビョーキです。

 

 

清水富美加さんは

JKビジネスではありませんでしたが

いやいや従事させられ

こころを病む女性が増えているのです。

 

 

「弁護士局部切断事件」PTSD解離性私刑執行官の元慶大生(26)に2審も懲役4年6月

妻と不倫した

弁護士の男性の

局部をはさみで切り落とした

元慶応大法科大学院生(26)は

一審の判決に

「量刑が不当に重い」と控訴していましたが

東京高裁の裁判長は

「1審の量刑判断に誤りはなかった」として

控訴を棄却しました。

 

「男性が小番被告の妻と不倫したことは

民事上の賠償責任が生じる

違法なものであり

男性側に落ち度があることは明らかだ」が

「(暴力ではなく)

民事訴訟などで対抗すべきだった。

局部切断は極めて悪質で危険な上

男性に大きな肉体的苦痛と

生涯消えることのない精神的苦痛を与えた」ので

実刑判決は妥当だったとの判断です。

 

日本は法治国家なので

私刑はダメということですね。

 

間に入った妻のウソは

法的には

裁きにくいようですが

 

私刑ではなく

人を陥れたトラウマによる

内なる責め苦に苛まれ

目に見えない

社会的制裁を受けることでしょう。

 

 

小此木啓吾のいた慶大で

こんな事件ばかり起こるのも

不思議なことです。

 

精神分析の第一人者ですが

フロイトは

PTSDの原因を

性的外傷の抑圧と考えたのでしたね。

(本当は他にもある)

 

【解離】と【抑圧】は

 

真逆の心的防衛機制ですから。

 

この構図は

とても「象徴的」ですから

 

これらの慶大関係者は

大人の発達障害ではありません。

 

 

本来

診断ってものは

こんな風に行うものなのです♪

 

大学では

きちんと教えてね(^_-)-☆✨

 

PTSD否認のアドラー心理学会から抗議の刑事ドラマ『嫌われる勇気』

180万部超の大ベストセラー

『嫌われる勇気』を原案に

刑事ドラマとして

大胆にアレンジされた

 

フジテレビ系ドラマ

『嫌われる勇気』が

 

日本アドラー心理学会から

アドラー心理学の一般的な理解とは

大きく異なる見解を広めているとのことで

放送の中止

もしくは脚本の大幅な見直しを

求める抗議を受けているそうです。

 

本邦ユング派なんかも

 

肝心要の

象徴に関して

使えない発達障害が増えているとか

(子どもたちが薬漬けに🤔)

かぐや姫はわがままだとかとの

(ジブリは仏性だって言ってるよ💯)

 

トンデモ理論を堂々と垂れ流すような

ご時世ですから

 

ドラマ(作り物の世界)なんだし

そのあたりは

目くじらを立てるほどでもないような気がしますよ。

 

私は

心理学科卒業の刑事さんに

犯罪は人間関係からなんて言わせている

(サリバンっぽいけど)

その発想を評価してますけどね。

 

ただ

 

アドラー好きな人は

よく「トラウマは存在しない」と言うので

 

「アドラー トラ...」の画像検索結果

 

そこは真逆の

 

 

このあたりが基本になる日を夢見ています✨

 

 

PTSDからみたパーマ大佐版『森のくまさん♪』 の意味

『森のくまさん』の訳詞家が

替え歌を歌う

お笑いタレント

パーマ大佐らを訴えた裁判は

 

 

円満解決したそうです。

 

そもそも

アメリカ民謡ですから

今となっては

原作者に尋ねるわけにもいかないわけですが

 

日本語訳が適切だったかどうかも

わからない話です。

 

 

表現者の意図というのは

専門家にも難しいようで

「象徴が使えない発達障害が増えている」なんて

間違ったことを言って

発達障害薬漬けブームに加担していますし

 

かぐや姫がわがままだなどとの解釈は

(正しくは自己実現モデルなのですから)

 

この裁判での論争以上に

あってはならない原作に対する冒涜行為です。

 

さて

『森のくまさん』の意味ですが

 

「森のくまさん」の画像検索結果

 

くまさんとの遭遇は

 

死ぬかと思うような恐怖心が起こるような状況の

比喩ではないでしょうか。

 

実際のところ

霊長類の研究者も

(お嬢さんじゃないですが💦)

何人か

ゴリラやくまに襲われていて

必死で逃げたときのことを

よく書き残してくれています。

 

 

まずは

安全確保が大事ですから

「お嬢さん!お逃げなさい」

 

でも

天災(トラウマ)は忘れた頃に

トコトコやってきます。

 

お待ちなさいと言われたら

立ち止まる必要があります。

 

トラウマワークをしたら

「白い貝殻の小さなイヤリング」が

無意識からプレゼントされるでしょう。

貝殻は

波打ち際(意識と無意識の間)で

見つけることができるものですから

【昇華】のことですね。

恐怖心が智慧に変化して

はじめて経験が意味をもつのです。

 

そこで考えるのが

哲学や宗教であり

人間を強く賢くします。

童謡は深いですね。

 

PTSD解離犯罪者には警察鑑識から【投影】返しのサイコセラピー

容疑者の男が

スマートフォンで盗撮した

被害者の画像について

徳島県警鑑識課が詳しく解析したところ

被害者の瞳に

加害男の姿が写っていました。

 

犯罪の現場を撮影して

拡散する犯罪者が増えていますが

 

 

「映すものは映されるもの」

 

 

PTSD解離犯罪を犯すような人物の盲点である

客観的証拠です。

 

普通の人には当たり前の話ですが

投影で

自他がドロドロになったまま

妄想の世界に逃げていたら

わからない世界らしいです。

 

加害者が

逮捕されることが増えれば

被害者のPTSD予防にも

貢献しますね。

 

鍬もてなし豊作願う「おくわさま」はゲシュタルト心理学でPTSD予防

神様に見立てた

鍬に

ごあいさつする

富山市の

ご老人です。

 

 

 

「ゲシュタルト療...」の画像検索結果

 

西洋から来た心理学は

たいてい

昔から

日本にもあります。

 

 

これは

悠仁さまがおつくりになったものですが

こんなミニチュアを使う

箱庭療法なんかも

どちらかというと

日本的です。