カテゴリー別アーカイブ: 聖書

『奇跡の丘 』⑧「PTSD予防」マブイ のケアから『 善の研究 』(西田哲学 ) まで

『奇跡の丘 』ですが

 

 

危険が迫っている場合は

退避することが基本です。

 

「心的外傷と回復」の画像検索結果「心的外傷と回復」の画像検索結果

 

そして

いつか

もとの場所に戻って

(心霊上の場所です)

何があったのか

 

 

「心霊上の事実」の画像検索結果

 

心霊上の事実として

心理学的に

検証することが

PTSD予防になります。

 

サバイバーたちが

 

「マブイが落ちた」の画像検索結果「マブイが落ちた」の画像検索結果

 

それを語り継ぐことは

普遍性につながり

PTSD予防中の人々を励ます力となるのです。

 

「善の研究」の画像検索結果

 

「松は松なりに

竹は竹なりに」

「天賦を充分に発揮すること」

つまり艱難辛苦から哲学し個性化するのが

「人間の善」ということですね。

 

哲学者も宗教学者も

心理学者もみな同じことを言っているのですよ。

 

 

『奇跡の丘 』⑦マフィアも真似る元祖ストーカーとしてのユダはPTSD解離人格

『奇跡の丘』

クリスチャンではない監督が

演技力のない普通の人達と一緒につくった作品なので

素朴で

ひとのこころのメカニズムが

とてもわかりやすいです。

 

ユダは

裏切り者の代名詞のように扱われ

 

イタリアのマフィアも

裏切り者を処刑するとき

イエスを逮捕する時に

ユダが行なった

「ユダの接吻」を

真似るようになりました。

 

 

ユダも

もとは

イエスの

特に選ばれた弟子の一人でしたが

 

イエスの足に

高価な香油を塗ったマリアを批難し

 

 

それを

イエスに諭されたことで

機嫌を害し

イエスを売りました。

 

ストーカーの定義の1つ

好意の反転です。

座間の連続殺人事件でも確認できます。

 

そして

一般には

ストーカーと言えば

他人をしつこくつけ回しておびやかし

危害を加える人ですが

 

ストーカーにはこんな意味もあるそうです。

①狩猟管理人

②大股で歩く人

 

こちらは

ストーカーの本質をよく表していますね。

 

「売った」と「撃った」は違いますが

無意識の中では混ざり合います。

ダジャレとか大好きなのです。

 

 

 

ストーカーは

解離して行動するので

大胆にも大股で

ズカズカとどこにでも入り込んでは

乱暴狼藉を働く習性がありますよね。

 

ストーカー市川さんはブラックデビル💀

興味深いのは

イエスは

ユダが何をするか十分予知していたのに

放置しているところです。

 

自らが

犠牲となって

ストーカー事例も

遺してくれたのですね。

 

『 奇跡の丘』⑤拈華微笑のPTSD原理

『 奇跡の丘 』ですが

 

イエスの墓に

たくさんの人達が集まってきて

各々がイエスの事を考えていますと

 

 

 

 

突然

戸が開き

 

 

 

お母さんは

微笑みました。

 

女優さんじゃない

一般の方だそうですが

きれいな表情ですね。

 

ふと

『借りぐらしのアリエッティ』の貞子さんを

想いました。

右の

自然治癒力(アリエッティ)を追いかけ回して

薬漬けにしようとする

ハルさん

(こころのお手伝いさん=臨床心理士)と違い

 

ふとしたものから

自然治癒力の存在を

感じることで

こころが豊かになるタイプの人です。

 

「アリエッティ貞...」の画像検索結果「アリエッティ貞...」の画像検索結果

 

 

仏教的にも

拈華微笑という言葉があったような。

 

「拈華微笑」の画像検索結果

 

 

『 13日の金曜日』も PTSD解離性負の連鎖から

13日の金曜日のいわれについては

諸説あり

 

 

キリスト教圏でも

不吉と考えない文化圏があるそうですが

 

 

「陰陽五行説」の画像検索結果「陰陽五行説」の画像検索結果

 

数字とイメージの元素の組み合わせで

あれこれ文化的に規定されるものがあるのは

興味深いです。

 

 

そして

このホラー映画の代名詞みたいな

 

「13日の金曜日」の画像検索結果

 

『13日の金曜日』の

連続殺人鬼も

 

息子がクラスメイトのいじめと

監視員達の怠慢のせいで

湖で消息不明となったことを機に

精神に異常をきたし

多重人格化するまでは

優しい母親だったのですね。

 

 

 

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

PTSD予防は大事です。

『 奇跡の丘 』④象徴的に読むPTSD

『奇跡の丘 』の続きですが

 

要するに

こういう手のものは

象徴的に読まねば

意味がわからなくなってしまうということでしょう。

 

 

 

経典学者は

聖書の時代から

おろかで

邪悪で

 

「投入堂」の画像検索結果「一日で織り上げ...」の画像検索結果

 

愚民と同じ思考回路ですから

(日本の場合は

嘘つき扱いされませんでしたが)

 

救世主が

悪者扱いされ

危険に曝されます。

 

1人の人間のこころとして考えると

 

「自我と自己」の画像検索結果

 

正気を保つのは

実は

容易なことではないということでしょう。

 

『奇跡の丘 』③『 崖の上のポニョ 』の海上行も重要な PTSD克服原理 の1つ

『 奇跡の丘 』の続きです。

 

イエスが

突然

波の上に現れます。

 

幻などではないから

よく見よと言われ

 

信じた弟子の1人が

その場所に渡ろうとしますが

 

 

 

 

渡れるかどうか

一抹の不安を感じて

失敗しかけたので

 

イエスに信仰が薄いと言われます。

 

ポニョは

宗介に会いに行くために

波の上を走り抜け

崖も駆け上がりました。

 

「崖の上のポニョ...」の画像検索結果「崖の上のポニョ...」の画像検索結果

 

現実には

不可能なことですが

 

その心意気が大事で

 

宮﨑駿は

「波の上というものは

走ることができるのだと思ってもらえれば

(この作品は)正解!」と

言っていました。

 

ポニョは

華厳経満載の物語ですが

 

崖の上のポニョというのは

如人千尺懸崖上樹という

禅の公案から来た名前で

 

正法眼蔵のなかに

「海上行」について書かれた

一節があります。

 

宗教は違っても

海の象徴性は同じなので

似たような表現になるのでしょう。

 

常識にとらわれず

自分の目でよく見て

子どものように素直に

突き進むことは

大事なことだと思います。

 

 

『 奇跡の丘 』② 『レッドタートル』と 聖書 のPTSD超越心理学

『奇跡の丘』ですが

 

 

エジプトに逃げる途中に

こういうシーンがありました。

 

 

レッドタートルと似ているなと思いました。

 

「レッドタートル」の画像検索結果「レッドタートル」の画像検索結果「レッドタートル」の画像検索結果

 

ジブリは

サハラの熱風という意味でしたね。

 

宮﨑駿は

アフリカを旅し

『奇跡の丘』を観ているでしょうから

 

ジブリが

こういう世界観を前提に

物語を創出している可能性は高いです。

 

聖書も

字面を追うだけではなく

現地の空気を感じながら

味わうと観えてくるものがあるのではないかと思います。

 

そういうことを夢にも見ない

 

 

偏狭な経典学者には

その象徴性が理解できず

大人の発達障害に見えるのかもしれない

世界のお話です。

 

 

 

『奇跡の丘』①イエス が癒やす蹇( ヒステリー=PTSD)

『奇跡の丘』は

「マタイによる福音書」の解釈に沿って

イエスの生涯を再現した物語です。

 

「奇跡の丘」の画像検索結果「奇跡の丘」の画像検索結果

 

 

イエスの到来を知って

両杖をついた

足の不自由な男性が

必死でかけつけました。

 

イエスに

その杖を手放して見なさいと言われ

素直に応じたシーンです。

 

 

男性は

もと来た道をかろやかに去ってゆきます。

 

ヒステリーですね。

 

今はPTSDと言いますが

失立・失歩・失声・失聴から失神まで

何でも起こります。

 

 

「ポニョPTSD」の画像検索結果

 

『崖の上のポニョ』にも

そんなシーンがありました。

 

治癒に至るには

 

法典学者のように

安息日に治療してはならないと

杓子定規に奇跡の邪魔をするのではなく

 

 

人を試すようなことをせず

 

 

狭き門から入る勇気をもち

哲学的忍耐力を養うことが必要です。

『少女のための秘密の聖書』でPTSD予防教育

古典は

 ―『古事記』も
たいてい
PTSD予防教育によい
教材です。
ドラキュラに咬まれた時に
 ―PTSD解離事件に巻き込まれる。
それが
ドラキュラの仕業であること
ドラキュラが
普遍的な存在であることを知り
ドラキュラの呪いから
解脱していった先人の事例を学ぶことは
大切なことです。
『古事記』に出て来る
裸踊りは
教育に悪いと
言われますが
 ―ユング派僧侶がそう言った。

失意の人
アマテラスを外に出すために
大事なことを
象徴的に教えたものであって
なにも
この通り真似るように
勧めたものではありません。
読み方が大事ですが
 ―間違った読み方をし出すと
  迷路にハマり
 PTSDは治らない。
子どもは
教えなくても
感性的に理解するようです。