カテゴリー別アーカイブ: 臨床心理士・公認心理師

絵本『 #たべてあげる 』で「抑圧」せず「影」を育てないPTSD予防教育

絵本「たべてあげる」がトラウマ級に怖いとTwitter騒然だそうです。

この現象が起こった背景を分析してみました💕

 

 

お金も権力もない子どもたちは

日々

「好き嫌いは駄目🙅」

「ごはんは残さず...」の画像検索結果

(…?…)

 

「残しては駄目🙅」と言われて

 

「給食掃除中に食...」の画像検索結果「給食掃除中に食...」の画像検索結果

 

理不尽な状況をどうしたらよいのか

生きるために頑張って考えています。

 

そんな哲学的実践活動の参考になるのが

この本です。

 

「たべてあげる」の画像検索結果

 

人間は

内的には多重人格ですから

「食べたくないなぁ」と困惑すれば

「食べなくていいよ」という

内なる声が聞こえてくることもあるでしょう。

 

「たべてあげる」の画像検索結果

「たべてあげる」の画像検索結果

 

食べたくない気持ちは

ほっとしますね。

 

でも

ここで考えるのをやめてしまうと

問題がこじれて大変なことになることを

この本は教えてくれているわけです。

 

本を読んだ孤独な子どもたちは

そういう架空のお友達の事例を参考に

自分はどうするとよさそうか

自分の頭で考え続けるようになります。

 

答えなんか要らないのです。

考え続けられる人間になるために

本や学問や心理療法というものがあるのですから。

ユング心理学では

個性化の過程=自己実現と言います。

 

好き嫌いをする子=発達障害

ピーマン嫌いな子=アスペルガーと書きそうな勢いの

DSM10でも参考にしているのかと思われる

専門家による

 

「発達障害です」「コンサータ呑んで下さい」=ゴールの選択は

その二番煎じの

適応論と呼ばれ

「食べてあげる」おばけ👻と同居する人生を選ぶことを意味します。

お化け屋敷ですから

今後もお化けは出放題ですよ💦

 

内なる声に呑み込まれてしまうことを

精神分析では

「抑圧」と言います。

 

抑圧したまま生きるということは

「影」を育てることになりますが

そういうことを教えた物語は

図書館にたくさんありますね。

 

食べる=受け入れるということですから

「食べろ!」「食べなさい!」と言いながら

メタボのパパやママも

実はこの問題がまだ解決できていません。

なので子どもに

自分が生きられなかった影を

過剰に託すのでしょう。

 

「ジキルとハイド」の画像検索結果「影を売った男」の画像検索結果

 

「影」の行ってきた悪行をなかったことにしようとする

スクールカウンセラーに

知らないところで無断で実名をさらされたブロガーさんもいますよ。

(心理療法には

時空を超えて

親子問題が持ち込まれますからね)

 

食べるか食べないか

影をどうするかは

誰にとっても

他人事ではない問題です。

 

だから話題になっているのでしょう。

平成の怪談です。

確かにコワい

日本を覆っている「影」に関する絵本なのでした。

 

小金井PTSD解離性ストーカー殺人未遂事件で懲役14年6ヶ月確定

東京・小金井市で

芸能活動をしていた

女子大学生を

殺害しようとして

懲役14年6か月の判決を受けた男(28)が

控訴を取り下げました。

 

「岩崎友宏」の画像検索結果

 

全く反省していないので

出所後が恐怖ですね。

 

 

「著作権侵害」「ドロボー」と

勘違いして

ネット等

あちこちに言いふらしただけなので

違法行為にはあたらないという判決を貰った

私のストーカー被害裁判は控訴

別訴も継続中です。

 

関係者の皆さまへの脅しの数々

(ストーカー気質の現れ)

大変申し訳なく思っております。

 

ストーカーというものは

本当に怖ろしいです。

 

「我孫子市女児殺害」スクールカウンセラー派遣でPTSD予防の予定

千葉県我孫子市の

排水路脇で

26日朝

松戸市立六実第二小学校3年

レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の

遺体が見つかった事件で

 

リンさんが通っていた

六実第二小に

近くスクールカウンセラーを派遣し

児童の心のケアにあたるそうです。

 

「スクールカウンセラーがこころのケア」と

久々に聞きました。

 

 

 

こういう印象が強いのですが

 

 

こころのケアの意味を知ってるかな?

 

私が

学会で説明したら

一斉で

メモメモφ(..)してましたよ

 

 

 

こころのケアの専門家でもない人が
テキトーなことしゃべったり💦

 

 

すぐに語り合うことを

わざわざ否定したり…💦

 

我孫子市御用達のスクールカウンセラーは

もうすぐ公認心理師と名乗る

臨床心理士だろうか。

 

信用ならない風見鶏たちです。

 

3・11こころのケア6年目の千葉に変質者「少年の口に指入れ男」PTSD解離性徘徊中

千葉市稲毛区の

JR稲毛駅周辺などで

昨年8月以降

男子中高生が口に

不審な若い男から

指を入れられる事件が

相次いでいます。

 

警察は「変質的」だと捉えていますが

変質者になる

第一原因は

PTSDです。

なりたくて変質者になったのではなくて

何らかの原因(トラウマ)があるのでしょうが

 

「ポーの一族」の画像検索結果

(ドラキュラに噛まれると

ドラキュラになる

PTSD負の連鎖の法則💡)

 

たいていは

放射能のように目に見えないので

 

 

自称「貢献する心理学」ギョウカイ人たちには

 

 

見過ごされたり

誤診されたりしているものです。

 

千葉と言えば

 

市原市では

市原コンビナートが爆発したそうですし

 

「千葉の海」の画像検索結果

 

きれいな海ですが

「千葉の海魚釣り...」の画像検索結果

 

こんな話もあるそうです。

 

こんな話とだけ💡

書かせる風潮もまた

 

正しくこころのケアされないなか

PTSD予防(こころのケア)中の

 

この国の

見えない病巣というものでしょう。

 

「ミナミ通り魔(41)死刑破棄」加害者型PTSDに襲撃される不運

2012年6月10日の

大阪・ミナミの通り魔事件で

2人の命を突然奪った被告を死刑とした

1審の裁判員裁判判決が破棄され

無期懲役が言い渡されました。

 

「南通り魔」の画像検索結果

 

 

本人としては

5月下旬に

新潟刑務所を出所し

「自殺しようと包丁を買ったが

死にきれなかった。

人を刺して殺してしまえば

死刑になると思ってやった」だけなので

(人の立場に立って考えられない)

「済まなかった」と繰り返すしかないようですが

 

遺族は

呆然としたり

泣き出したり

体調が悪くなったりして

休廷するほどでした。

 

今の司法制度では

こういう理不尽なことが多く

 

 

PTSDの負の連鎖が起こってしまいます。

 

小学生殺害の桜洲被告も

 

「桜洲」の画像検索結果

 

無反省なので

お父さんが1千万円の賠償金を支払うようです。

 

どちらも

裕福な家庭の子どもとして育ち

よい子だったのに

攻撃的な性格に変貌してしまったそうです。

 

悪い子に見えた時に

話を聴いてくれる大人がいればよいのだと思います。

 

 

こういうのじゃなくてね。

 

福岡の女子高校生(16)も殺人未遂で逮捕!PTSD解離性ストーカー事件増殖中

福岡県苅田町の自宅で

交際相手の少年を

刃物で刺して

殺害しようとした

高校生の少女(16)が

現行犯逮捕されました。

少年は

意識不明の重体です。

 

別れ話がこじれても

 

最初から相手にされなくても

 

ストーカー化すれば

とても危険です。

 

高校生の殺人事件の報道が続きますね。

 

ストーカー心理研究を徹底し

 

 

 

PTSD予防教育をして

事件を未然に防止いたしましょう。

 

JKビジネスの象徴としての清水富美加さんPTSD性体調不良による出家問題

警視庁は

女子高生による接客などを売りにする

「JKビジネス」で勤務経験がある

少女たちへのアンケート結果を公表しました。

家庭や学校に不満がない

「普通の女の子」たちも関わっているとのことですが

 

 

本当にフツーなのか

調査しなければならないでしょう。

 

「やむを得ぬ」場合があるなんて言っているそうですが

 

 

体調不良を起こし

引退と出家を表明した

清水富美加さんも

 

本当は

嫌で仕方がない仕事をさせられていたのだと

訴えています。

 

 

一即多 多即一

 

ひとりの清水富美加さんの影に

たくさんの清水富美加さんがいるという

世相を映し出しているのではないでしょうか。

 

 

少女らにPTSD予防がなされないと

世代間負の連鎖が加速化され

 

 

象徴とは無関係の

大人の発達障害と誤診される人が増え

 

日本はますますダメな国になるでしょう。

 

黒崎愛海さんストーカー殺人事件犯の陳述書もPTSD解離性虚偽だらけ

フランス東部の

ブザンソン

(Besancon)に留学中の

黒崎愛海(21)さんが

行方不明になっている事件で

 

仏当局に国際手配されている

元交際相手のチリ人は

黒崎さんが最後に姿を確認された 「当日会ったが立ち去った」等と

殺害容疑を否認する

宣誓陳述書を提出しました。

 

寮の学生らは

当日夜

叫び声や悲鳴

ドアをたたく音を聞いたと証言しているのですが

 

容疑者の記憶では

いつも通り過ごしていたら

黒崎さんが罪悪感からパニック発作を起こし

あとで必ず連絡するから

今は出ていってほしいと言ったので

その場から退出したことになっています。

 

 

サイバーストーカーidthatidのデタラメ陳述書と同じですね。

 

 

取り返しのつかないことをしてしまった時

主人格が絶望してしまわないように

脳内ではいろんな作業が行われます。

 

 

激しく拒絶された事実はなかったことに

自分の罪悪感は他人の罪悪感に

妄想し放題ですが

 

被害者の名誉は

毀損され続けることになります。

 

 

「次期学習指導要領」スクールカウンセラーがしない「こころのケア(PTSD予防)」教育は体育で?

本日

文部科学省は

次期学習指導要領の改定案を発表しました。

 

小中学校の社会科では

「鎖国」の表記を

「幕府の対外政策」に改め

「聖徳太子」は

「厩戸王(うまやどのおう)」に変更します。

(親しみがあるので小学校では両方教える)

 

「不安や悩み」「ストレス」への対処法を学ぶことが

新たに明記され

今後

深呼吸して気持ちを落ち着かせる「呼吸法」や、

体をリラックスさせる方法などが

指導要領の解説書に

盛り込まれる見通しだそうですが

 

これは

体育の先生らが教えるみたいですよ。

 

公認心理師が国家資格になるということもあり

 

PTSDを

フツーとスルーしたり

発達障害誤診で薬漬けにしてきた

 

 

臨床心理士らによる

スクールカウンセラーは

撤退させるのでしょうか。

 

 

臨床心理士の資格が紙くずになるとは

今更言えず

内部では

「Wライセンスの時代かもねぇ💕」と騙し続けながら

 

臨床心理士の資格団体から

公認心理師の資格団体へと

看板だけ書き換えようとしているらしいですよ。

 

こんな団体に

子どもたちのこころの教育を

任せるわけにはいきませんよね。

 

一宮市立浅井中学校生徒(14)が大阪グランフロントでPTSD解離自殺に追い込まれるまで

中学3年で

14歳の男子生徒が

今月6日深夜に

JR大阪駅前にある

「グランフロント大阪」の

7階から飛び降り

自殺していました。

 

男子生徒は

中学3年生になってから

担任の教師との人間関係に悩んでいて

 

両親は

「昨年から両親が何度も学校に足を運び

改善をお願いし続けてきた」ので

悩んでいたことは学校側も把握していたはずと

指摘していますが

 

一宮市教育委員会は

「自ら死を選ぶまでに

思い悩んでいたことに気付かず申し訳ない」と

コメントしています。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

男子生徒は「自殺する」と

家族に伝えて家を出て

友人に携帯用ゲーム機を預け

メモ機能を使った遺書のなかで

教師との関係で悩んでいたという内容も明記していました。

 

大人はよってたかって

自殺を変死にしようとしますからね。

 

市教委は

カウンセラーを配置して

生徒の心のケアにあたるそうですが

 

 

PTSDの何たるかも理解できていない

 

市教委やスクールカウンセラーに

何ができるのでしょう。

 

 

日本心理臨床学会からして

いじめ対応がなっていませんので

仕方がないですね。

 

国家資格になるなる詐欺の

臨床心理士の資格が

名実ともに紙くずと化した今

 

総入れ替えが必要なので

(公認心理師のための団体に

看板を書き換えるつもりらしいけど)

業界全体に撤退を望みます。