自殺防止対策」カテゴリーアーカイブ

エルビス・プレスリーの孫(27)が銃でPTSD解離自殺

エルビス・プレスリーの

プレスリー

双子の兄弟は誕生時に死亡し一人っ子

父の服役で

(不渡り等経済的な理由)

貧しかったが大事に育てられ

ライフルの代わりにギターを与えられ

音楽に没頭するようになった。

孫の

母親がプレスリーの一人娘(52)

離婚再婚を繰り返し

現在は11歳の双子の母親

ミュージシャン(27)が

ロサンゼルス郊外で

銃による自殺をしたそうです。

「エルビスの生まれ変わり」と言われるほど

そっくりだったので

母親に溺愛され

2009年に

レコード会社と

500万ドル(約5億3400万円)で

アルバム契約を結びますが

姉(31)も女優で

ホラー映画など多くのB級作品に出演

際立った音楽活動は無かったとのことです。

兄弟の死は人を哲学者にするようですし

アドラーは精神科医に

母親の溺愛も虐待の一種です。

母に溺愛されたことが原因で

精神分析するだけで治療せず

友人をコカイン中毒にした

フロイトの真似をする精神科医が続出

両親の離婚もあり

借りぐらしのアリエッティと心理療法

心臓病くらいにはなる。

正常知能の山下清は発達障害風の浮浪児に

PTSD発症リスクがたくさんあるなか

おじいさんと比較されるのは

大変な重圧だったことでしょう。

おじいさんも

同胞の死について疑問を抱えていた幼い頃に

通った教会で賛美歌も聴いたでしょうが

神さま(セルフ)と考える場

一緒に聴いたのが

貧しい労働者階級の黒人家族だったこともあり

バッシングされながらも黒人音楽に傾倒

公民権運動前ですから命がけですが

それが真の芸術というものでしょう。

苦労があったのか

42歳までしか生きられませんでした。

おじいさんが買ってもらえなかった銃で自殺するのも

もちろん与えなかったのは正解です。

皮肉な負の連鎖です。

最期には

無意識内で

一族の家族的無意識が

意識されていたのでしょうか。

【人身事故】武蔵野線は西浦和駅でのPTSD解離自殺で遅延中

14:13頃

西浦和駅で発生した

人身事故の影響で

武蔵野線は運転を見合わせています。

PTSD解離自殺ですが

もしかしたら

前記事のソウル市長のように

急性ストレス障害かもしれません。

1か月経っても続くようならPTSDの診断

病院では発達障害等の診断で

向精神薬が出されるかもですが…

PTSD薬物療法

『Blackbox』ソウル市長が遺書残しPTSD解離自殺でパワハラ疑惑迷宮入り 

朴元淳

(パク・ウォンスン)

ソウル市長は

9日突如

すべての予定をキャンセルし

携帯電話の電源を切り

遺書を残して

登山姿でリュックサックを背負って

ソウル市長公邸を出る姿が確認されている。

失踪していましたが

娘さんから失踪届け

警察が捜索を始めて7時間後の

10日未明

ソウルの山中で

遺体となって発見されました。

8日に

秘書として働いていた女性からの

セクハラ告訴状が警察に受理されたことが

原因ではないかと考えられていますが

市長執務室での継続的なセクハラ

わいせつ画像とメールの送信

女性にも送るように要求

他にも被害者がいるとの訴え

ソウル市長3選に成功し

与党の次期大統領候補の一人にも挙げられていた

大物政治家

しかも

弁護士時代からファミニストとしても知られていたので

「ソウル大学セクハラ事件」で

被害者を弁護し

「セクハラは犯罪」という認識を

初めて韓国社会に浸透させた。

女性の性暴力の根絶に向け

国際社会に慰安婦問題を積極的に提起

「女性国際戦犯法廷」に韓国代表検事として参加

日本政府を告発したこともある。

市長就任後は

「女性にやさしいリーダーになる」と何度も公言

韓国社会は騒然とし

亡くなったと信じたくない。

そんなことする人ではない。

死亡報道とほぼ同時に

記者団のチャットルームには

ソウル市警察庁がすべての報道を

「誤報」と伝える公式見解がアップされました。

韓国警察は

朴市長の死因について

「故人と家族の名誉のために

明らかにできない」と発表

どこかの国と違って

検察とマスコミはズブズブではありません。

笹山登生

真相は迷宮入り

セクハラ告訴状は

朴市長の死によって「公訴権なし」で終結

遺族が民事でとかはあるかも

語り継がれ

伝説となりそうです。

告訴状が本当だとしたら

解離すると

一番してはいけないことをするようになるということですし

冤罪なら

最近の韓国では

酒席に誘ったり

「かわいくなったね」と言うこともアウトで厳しく

それに便乗する女性に

冤罪に巻き込まれる事件も問題になっている。

悲劇です。

政治家はタフでないと務まりませんが

人権派弁護士出身ですから

純粋な人ほど

身近な人から虚偽告訴されるだけで

人間不信になりますし

潔白であっても

あることないこと世間に知られ

精神的には大変な負荷がかかって

急性ストレス障害で死亡

PTSDと診断される前に

自殺してしまったという推論も可能でしょう。

口外禁止の和解は危険

三宅雪子さんの例もあるので

こういう時のために

自分には関係ない世界の話と

誰もが思うでしょうが…。

「言論の自由」を放棄するような

命取りになるのです。

わかった時には後の祭りです。

約束はしないようにしておくことを

お勧めいたします。

大麻でも依存症になる♬ ~保釈中PTSD解離ラッパー大麻所持でまた逮捕

ラップのテクニックを競う

 

大麻PTSD

大麻PTSD

テレビ番組に審査員として出演していた

人気ラッパーが

今年5月

東京・新宿区の路上で大麻を所持していて

逮捕・起訴され

保釈中に

千葉県成田市で

乾燥大麻を所持していて

逮捕されました。

 

大麻PTSD

 

大麻PTSD

 

言外に

にじみ出る音楽や生きざまを

人は見ています。

 

入り口のイラスト文字

覚せい剤等への入り口になるかどうかは

PTSD度数で変わりますが

普通の人は

禁止薬物を所望しないと思います。

軍人でなくても

戦時中や

いじめや虐待・DV・パワハラの日々

ゼロ戦・零戦のイラスト
特攻隊員のイラスト

帰還兵のような心理的生活の人

サバイバー

戦争のイラスト

御用達みたいです。

PTSD治療がないから自己処方