カテゴリー別アーカイブ: 薬害

奄美病院の向精神薬7万錠超も闇販売?手にするのは PTSDか 大人の発達障害か

鹿児島県奄美市の

奄美病院を運営する

公益財団法人「慈愛会」

(鹿児島市)は

 

今年3月までの約5年間で

複数回にわたり

計7万3千錠を超える抗うつ薬や睡眠導入剤が

所在不明になったとして

被疑者不詳のまま

窃盗の疑いで

奄美署へ告訴状を提出しました。

 

何らかのかたちで

転売されるのでしょうね。

 

「向精神薬ネット...」の画像検索結果

 

「ヒロポン」の画像検索結果「ヒロポン」の画像検索結果

 

向精神薬は麻薬なのに

自動販売機のように処方され

ヒロポン中毒の流行時のようです。

 

学習効果がないから

大人の発達障害の国なのかな?

 

神戸の内科医横流しの向精神薬は風俗女性(性虐待PTSD )に飛ぶように売れた。

向精神薬を

営利目的で横流しした

神戸市中央区の

台湾籍の

内科医(58)に

神戸地裁は

懲役3年

執行猶予4年

罰金30万円を

言い渡し

裁判官は

「医師としての責任感、倫理観が

十分ではなかった」と述べました。

 

内科医が横流しした薬は

複数の人物を介して

薬局に流れていましたが

ある経営者の男(60)は

市価の数倍でも

「福原地区の

風俗店の女性従業員に

飛ぶように売れ

8年ほど前から周囲に仕入れを依頼していた」と

供述しています。

 

風俗店で働くと

虐待PTSD発症リスクが高まりますから

応急処置として自己処方していたのでしょうが

(安易に頓服とか勧める困った風潮があります)

 

そのうち依存症になったのでしょう。

 

いくら高くても手放せなくなります。

この世の地獄ですね。

 

国家資格を悪用して

こんな風に人を不幸に陥れるわけですから

悪魔と呼んでよいでしょう。

 

そこは

天が裁きます。

 

AKB等芸能人も

よく体調不良という名の

PTSDを発症しますよ。

 

 

合併症としての

摂食障害は

おどろくほど多いようです。

 

トラウマは

早めに根本対応いたしましょう。

 

オンタリオ州 はマリファナ 合法化でPTSD 否認による依存症増加懸念

カナダの

オンタリオ州は

 

「カナダ」の画像検索結果

 

マリファナを合法化するそうです。

 

政府が運営する

販売店とネットで

管理することで

 

「向精神薬ネット...」の画像検索結果

日本のような

違法販売や闇市場の問題が発生しないように

工夫するとのことですが

 

「医療用」でもなく

「嗜好品」扱いなので

 

PTSDの自覚なしの

自己処方というかたちですね。

 

 

オピオイドに気をつけてPTSD解離自殺対策

オピオイドについては

「オピオイド プ...」の画像検索結果

プリンスが

過剰摂取で亡くなり

芥川龍之介も

「芥川龍之介自殺」の画像検索結果

自殺前に

毎日のように服用していたようで

「オピオイド」の画像検索結果

 

「オピアム 毎日服用致し居り

更に便秘すれば

下剤をも用い居り

なお又その為に痔が起れば座薬を用い居ります。

中々楽ではありません。」と

書いています。

なぜオピオイド依存になったかは

自伝をみれば明らかですが

 

ふたりとも

医者から処方されていました。

 

くれぐれも

薬の飲み過ぎには

注意して下さい。

 

出産前後のオピオイドと向精神薬がつくる未来の発達障害( PTSD )

出産前後に

オピオイドに曝露した

妊婦約20万人と

その子どもを対象にした研究で

 

向精神薬との複合曝露が

新生児薬物離脱症候群に及ぼす影響が

顕著であることが証明されました。

 

オピオイド単独曝露に比べた

相対リスクは

抗うつ薬同時曝露1.34(95%CI 1.22 – 1.47)

ベンゾジアゼピン系薬同時曝露1.49(同1.35 – 1.63)

ガバペンチン同時曝露1.61(同1.26 – 2.06)でした。

 

重症度も

オピオイド単独曝露に比べ

向精神薬との複合曝露で高かったそうです。

 

 

文献:Huybrechts KF et al. Risk of neonatal drug withdrawal after intrauterine co-exposure to opioids and psychotropic medications: cohort study. BMJ. 2017 Aug 2;358:j3326. doi: 10.1136/bmj.j3326.

 

オピオイドが

ケシからつくった麻薬ですから

(もちろん手術には必要です)

 

向精神薬のカクテル処方みたいなもので

 

わざわざ実験しなくても

わかりそうなものですが

無痛分娩の問題として書いてきました。

「オピオイド」の画像検索結果

 

母体が

これだけストレスに曝されていたら

 

赤ちゃんは苦しいでしょうね。

 

 

「ストレスは悪魔」の画像検索結果

 

インドでは

ストレスは

うろつきまわる悪魔だと言われました。

 

生涯つきまとわれた文豪もいましたね。

 

「芥川龍之介」の画像検索結果

 

戦争PTSDによるアル中 も癒やすエクスタシー (MDMA )は画期的治療法とFDA

なんと

違法麻薬MDMAが

「画期的治療法」としてFDAに指定されました。

 

治験において

 

ヘリや砲撃の幻聴や不眠という

PTSD症状を消すために

 

気を失うまで

アルコールを飲み

5度の自殺を試みるようになった

 

イラクからの帰還兵が

MDMAのカプセルを服用することで

苦しみから解放される等の

効果が確認されたからのようですが

 

 

幸福感や社交性、共感力がアップし

眠らなくても平気になるどころか

恐怖心なんかも取ってくれるというのは

 

平気で人を殺害することで恐れられている

イスラム国などでも

証明済みです。

 

苦しみからは開放されるかもしれませんが

一時的なものであり

副作用に悩むようになるし

 

自傷や他害も平気になるでしょうから

 

流行中のPTSDの治療法として認めてしまうと

限りなく治安が悪くなります。

 

被害者もPTSD発症リスクとなり

負の連鎖しますしね。

 

 

PTSDは

安易な方法に頼らず

正しく治療いたしましょう。

 

秋田横手のアパート火事3人死亡10人けがもPTSD否認薬漬け医療から

22日未明

秋田県横手市で

火事があり

3人が死亡し

10人がけがをしました。

 

 

一人暮らしの男性が多く住むアパートと

報道されていましたが

ほとんどが

精神病院に通院中でした。

 

病院ではなく

地域で生活できるようになったのは

よいことですが

精神医療を「ハコモノ」としてしか

考えないようでは

何も変わらないということでしょう。

 

 

PTSDをうつ病や発達障害と誤診され

薬漬けにされている人は

 

回復を諦めさせられ

生きる力が削がれているので

こういう意味で

とても危険です。

 

 

夢見るこころ

取り戻してください✨

 

 

「身土不二」でPTSD治療 ~伝統医学と仏教のコラボで麻薬乱用者を更生させるタイの寺

タイには

 

流行中の

覚せい剤の一種

ヤーバー

(狂気の薬)の乱用者を受け入れ

タイ伝統医学に基づく治療で

更生させるお寺があるそうです。

 

麻薬をやめたい人であれば

どんな人でも受け入れてくれるし

1日200バーツ(約660円)の食費以外は

すべて無料なので

外国から訪れる人もいるそうです。

 

そして

警察も「治療」を優先しますから

寺にいる人を逮捕したりしません。

 

 

「麻薬2度と使わない」乱用者更生させる寺 壮絶な治療で注目 嘔吐とうめき声、もがくタイの若者たち

 

まずは

ブッダに

二度と麻薬を使用しないと誓ってから

(ブッダ=自分のセルフとラポール形成)

最低15日は

お寺の生活をしなければなりません。

 

薬草による解毒治療がメインで

これが苦しいそうですが

先輩たちが

歌と太鼓で

「♪これで麻薬をやめないと、後は死ぬだけ…」と鼓舞

ある種の瞑想空間のなかで

心から生まれ変わることを目指すのだそうです。

 

クスリをやめるには

人間性が変化するほどの

心理療法が必要だということですね。

 

小手先の

「認知行動療法」とは異質の世界で

PTSDは治癒します。

 

「身土不二」という言葉があります。

その土地で採れたものを食べましょうということですが

医学や心理学もそうだと思いますよ。

 

 

厚労省女性局長(56)が精神科通院歴のある弟(52)にPTSD解離刺殺されるという象徴的事件発生💀

午前5時20分ごろ

東京都港区高輪2のマンションの一室で

厚生労働省関東信越厚生局長が

刺殺され

 

直後に

「人を刺した」と

119番通報した弟(52)が

逮捕されました。

 

精神科通院歴がある弟が

調子を崩したので

様子を見に行って

刺されたようです。

 

 

象徴がつかえない発達障害が増えているとのことですが

(象徴がつかえる=治療可能)

 

「アクチベーショ...」の画像検索結果

 

なんとも

象徴的な事件ばかり起こるものですね。

 

「厚労省厚生局」の画像検索結果

「厚労省厚生局麻...」の画像検索結果

 

向精神薬も取り締まりましょう。

 

 

ろくな使われ方をしておりませんよ。

 

そして

PTSD予防教育を推め

このような悲劇を回避いたしましょう。

「気分がハイになると聞いて」睡眠薬遊びをする少年は発達障害ではなくPTSDの依存症

大阪府警に

道交法違反

(過労運転等)容疑で逮捕された

18歳少年が運転する車の

助手席に乗っていた知人男性は

向精神薬に該当する睡眠薬を飲んで

興奮状態になる行為を繰り返していました。

 

睡眠薬は

「薬をそのまま飲めば眠くなるけど

粉々にして飲めば

ハイ(興奮状態)になる」ので

ネット上でも

「眠剤(みんざい)ハイ」

「眠剤ラリ」などと称されていて

 

「大阪市内の路上で

密売人と知り合いになり

欲しいときは電話していた。

1錠100円で買っていた」と

警察官に説明しているそうです。

 

 

「脱法ハーブ」の画像検索結果

 

脱法ハーブの流行もありましたね。

(現在は

酔ったように脱法行為をする人が増えてます)

流行に敏感なのは

PTSDです。

 

「発達障害コンサ...」の画像検索結果

 

スクールカウンセラーも

心療内科に行って

コンサータもらっておいでって

(覚醒剤)

言いますから困りものです。

 

わざわざ車に乗って

事故を起こすのは

今の教育現場について

どう考えてよいかわからないよ~という

サインなのでしょう。

非行少年というものは

時代のカナリアなのです。