薬害」カテゴリーアーカイブ

発達障害の半数にPTSD性睡眠問題、治療法は覚醒剤のデタラメ学問これ如何に…

子どもは

よく眠るイメージがありますが

日本の小学生の

約4分の1は

何らかの睡眠問題を抱えているそうです。

睡眠不足や起床困難

不眠症、過眠症、睡眠時無呼吸症候群

睡眠時驚愕症(夜驚)

夢中遊行など

「自閉症スペクトラム障害(ASD)」や

「注意欠陥多動性障害(ADHD)」などの

発達障害のある子どもで

50%以上になる理由は

明らかになっていないとのことですが

増えすぎた発達障害は

かくれPTSDですから

PTSDの睡眠障害が起きやすいのは

当然ですね。

「日中の眠気」については

いつも眠いのではなく

興味のないことをやろうとした場合に突如起きますから

明らかにPTSDの回避行動です。

ストレスに弱く

やりたくないと意識化する前に

(無意識のうちに否認)

身体化すらしてしまうわけですね。

脳は

いわゆる発達障害を起こしているのではなく

むしろ

本人を守るために器用に活動しているのです。

(大局的には守っていることになりませんが)

ADHDの治療薬の一つ

メチルフェニデートは

「メチルフェニデ...」の画像検索結果

このような厄介な眠気の治療薬として用いられてきた

医療用覚醒剤

なのだそうです(◎_◎;)

「公認心理士」の画像検索結果

資格を登録すれば

「おかしいでしょ💢」と

言えないんですよね。

人間性を疑います…。

サルは「花粉症」で歴史的身体的にPTSD予防学習中

 

動物も

野生を失うと

飼いならされる。

 

人間のように

心身症になるようです。

 

ニンゲンさまに

ライバル出現!

 

つらそうに目をこするだけなら

サルと一緒ってことでしょうか。

 

一番よい方法はさておき

知ってるけど書かない!(^^)!

 

サルには

一時しのぎの医療という発想はないでしょうし

 

「ステロイド」の画像検索結果

 

薬局ごっこして遊ぶ妄想力もないのが

救いでしょうね。

「抗不安薬」の画像検索結果

 

こじらせないだけで

予後が大違いなのですから。

 

今のところ

軍配はお猿さん🐒に?

 

名古屋拘置所で女性被告がPTSD性怪死も多分薬害

名古屋拘置所に

収容中の

50代の被告の女性が

12日未明

ベッドに横たわり

「もうダメ、もうダメ」などと

うなされたあと

AEDを使用するなど応急措置をされ

すぐに病院に運ばれましたが

およそ2時間後に

死亡が確認されたそうです。

精神的な病を患い

不調な時には薬を飲んでいたということですが

拘留のストレスで

PTSDが悪化したところに

精神科の薬を飲むのが

よくないことは

PTSD関係のブロガーさんのあいだでは

常識ですよね。

若草寮無差別殺人未遂事件もPTSD予防教育不足から

東京都渋谷区の

児童養護施設

「若草寮」の施設長

大森信也さん(46)が

刺殺された事件で

逮捕された

元入所者(22)は

9月に

アパートの家賃を滞納し

呼び出された

保証人である施設の職員が確認すると

部屋の壁には無数の穴があき

錯乱状態で

警察に保護されたあと

アパートを退去し

半年後に

無差別大量殺人するつもりで

(他の職員も殺害するつもりだった)

この事件を起こしました。

統合失調症と見まごうような

PTSDを発症していますね。

おそらく

統合失調症等と診断され

不適切な薬を飲んでいたのでしょう。

「アクチベーショ...」の画像検索結果

施設に入所する=PTSD発症リスクがあるということですから

(これだけは顔を見なくてもほぼ確定)

きちんと傾聴してPTSD予防し

病院へのかかりかたや

社会制度等の知識を与えて

自暴自棄にならず

自分で対応できるように

PTSD予防教育を徹底してから

世に送り出すことが

施設には求められます。

「公認心理師」の画像検索結果

心理職が

公認心理師なら

こういう発想はないし

風見鶏だから

アクチベーション・シンドロームという

薬害も止められないと思うけど!(^^)!

また昭和大医学部でPTSD解離性婦女暴行逮捕者2名

「昭和大殺人」の画像検索結果

学生が

おかしな思想で

タイ人女性を撲殺したかと思えば

女性に睡眠薬を飲ませた上で

わいせつな行為をした

昭和大学病院の医師(28)と

研修医(26)が

逮捕されました。

解離すると

一番してはいけないことをするようになるという

PTSD法則の典型です。

医学を学ぼうとする人を

勘違いさせるような

雰囲気が

昭和大医学部にはあるのでしょう。

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

学内に漂う

歴史的に蓄積された集合的無意識を

しっかり分析し

PTSD予防教育をしないとダメですね。

日本の教育界の問題についての

象徴は

日大劇場から

(日本の大学)

昭和大劇場に移行中?

(昭和な勘違い教育の見直し)

『レナードの朝』発達障害にコンサータは無効でPTSDの負の連鎖

レナードの朝(Awakenings)』等の名作で知られる

米映画監督

ペニー・マーシャル(Penny Marshall)氏が

75歳で亡くなりました。

死因は糖尿病による合併症

「レナードの朝」の画像検索結果

この作品は

こころの病が

作品は精神病ではなく

ウイルスが原因の嗜眠性脳炎

クスリで劇的に治ることがあるかもしれず

そうなれば

患者さんは大変な幸福感に満たされるであろうけれども

長続きしないことを教えています。

 

30年も眠っていたならば

つくられた発達障害状態ですから

恋をして外出したいと願い出るが

経過を慎重に観察したいと反対され

怒って暴れだしたあと

凶暴になり

母親はショックを受ける。

並行して

こころのケアを行う必要があるということでしょう。

 

また

レナードが回復している時は

他の患者さんにもクスリが劇的に効き

レナードが悪化していくと

他の患者さんも同じように元に戻り

以後は誰にもクスリが効かなくなったというのは

 

後天的器質的な神経病と言っても

ヒステリー性(心因)の部分が大きいのではないかと思わせる表現です。

「伝染ルンです」の画像検索結果

PTSD(ヒステリー)は無意識のうちに真似る病

母親がショックを受けたのは

PTSDの負の連鎖

おとなしかったレナードが暴れたからですが

昔から

「手のかからない良い子」はこころを病みやすく

ウイルスに感染したのも

免疫力が低下していたからかもしれません。

 

映画自体はフィクションですが

原作は

患者の名前等も書かれている

今ではありえないノンフィクション

今の薬漬け医療に示唆を与える内容であると思います。

「PTSD予防」の画像検索結果

発達障害にコンサータなんてまだ信じてる?

 

名古屋第一赤十字病院薬剤師が向精神薬約200錠自己処方はPTSDの「出来心(解離)」

名古屋第一赤十字病院

(名古屋市中村区)の

薬剤師が

向精神薬約200錠を

無断で持ち出していることが

外部からの通報で発覚したので

 

愛知県は

麻薬及び向精神薬取締法に基づき

ほとんど変わらないんですよ!

病院へ立ち入り検査に入りました。

 

無断で持ち出したのは

向精神薬ばかりで

「サイレース」10錠

「ハルシオン」10錠

「マイスリー」175・5錠

「眠れなかったので自分で服用した。

出来心だった」とのことです。

 

不眠はPTSDの予兆でよく起こりますが

クスリを飲むとこじれます。

 

出来心はPTSDの基本症状の1つ「解離」ですね。

「出来心 落語」の画像検索結果

え~

認めないってことを

難しい言葉で「しにん」なんて呼ぶんだそうですがぁ…

 

今月3日から

体調不良で入院中とのことで

診断名はいろいろに考えられますが

薬害による身体症状とか

落ち込んでうつ病に見えるとか

考え方が幼稚だから発達障害とか

実質は「PTSD」でしょう。

否認はいけません。

江戸っ子じゃなくても

意味としては

「否認」は「死人」(ゾンビ)につながります。

抗不安薬で蕁麻疹抑えて夫と同居しなさい「佐賀家裁のPTSD解離命令」

DVシェルターも別れさせ屋だし

DV=解離行動は

100%治らないと決めつける。

離婚を勧めるケースが多いのかと思っていましたが

 

こういう修復方法はちょっと…   ❓

しかも

裁判所だから「命令」なんですよね。

パワハラ裁判だったら

上司の理不尽な暴言に

パキシル飲んで行きなさいと言われるのかな…💦

 

高裁で却下されてよかったですが

 

 

ネットも禁止で

世間知らずな裁判官が増えているようですね。

私も

ネットストーカーが勘違いして

嘘を書き込むくらい我慢しなさいと言われました。

睡眠薬殺人の72歳PTSD解離准看護師に懲役24年の判決

2017年

千葉県印西市の

老人ホームで

同僚職員らに

睡眠導入剤を飲ませ

交通事故を起こさせて

殺害した罪などに問われた

准看護師(72)に対し

千葉地裁は

懲役24年の実刑判決を

言い渡しました。

 

「刑務所高齢化」の画像検索結果「刑務所高齢化」の画像検索結果

 

PTSDには流行があるので

刑務所も様変わりしているそうです。

 

塀の中も

薬漬けなんでしょうね。

 

臨床心理士にデートレイプドラッグ処方された被害者は泣き寝入りしPTSD発症で心療内科へ

性暴力は

「魂の殺人」とも呼ばれてきましたが

PTSD発症リスクになる。

「デートレイプドラッグ」を使った

卑劣な犯行が後を絶ちません。

 

「しおりレイプ」の画像検索結果「魂の殺人」の画像検索結果

「しおりレイプ」の画像検索結果

 

しかも

立証の壁があり

加害者である

PTSD解離人格たちは野放し状態です。

 

これは

そんなことが社会問題になっているから

まずは

各都道府県にある性暴力被害者支援センターに行って

心と体のケアを受け

PTSD予防

「PTSD予防」の画像検索結果

捜査に必要な証拠物をとっておくようにと呼びかける

覚せい剤で逮捕されそうになると

いろいろ思い出しながら

髪の毛を切る人がいますね。

国内処方の睡眠薬なら

極微量でもすべて検出できるので

ショックで初動が遅れ

尿検査ができなくても諦めないことだそうです。

よい報道ですが

 

なんと…\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

加害者は臨床心理士でした。

精神科医の事件もなかなか事件化されません。

「精神科医逮捕」の画像検索結果「精神科医逮捕」の画像検索結果

これだけの被害者がいながら

詐欺で立件するのが精一杯

被害者も

働きながら臨床心理を学んでいた女性なのに

被害に遭ったあと

誰にも相談できず

電話番号やメールアドレスなどをすべて変え

産まれ育った土地を離れました。

【特集】逃げ得を許さない!証明が難しいデートレイプドラッグ犯罪…『毛髪鑑定』で”時期の特定”を

 

そして

臨床心理士になるはずが

そのために大学の先輩である

加害者に相談していた。

「病院で

緊張や憂鬱な気分を和らげる薬を

処方されるようになりました」

とのことです。

 

被害者と加害者の学んだ大学には

PTSD予防教育がないということですね。

 

これは

このギョーカイを象徴する一事例なのでしょう。