薬害」カテゴリーアーカイブ

沢尻エリカさんの断薬過程は日本的な精神療法から

裁判のなかで

既往歴が長く

重度の依存症だということがわかりましたが

薬物依存症は

PTSDの症状の1つです。

治療を受け入れたのは

慶應病院で

現在のところは

「復帰云々以前に

今はまだ何も考えられない精神状態」で

「窓もカーテンも締め切り

反省した様子で

終日、ぼーっとしています。

逮捕されて以来

一度も日の光を浴びていない。

病室のテレビもつけず

パソコンも携帯も弁護士に預けて

一切の情報から距離を置いている。

逮捕と同時に

これまでの友人関係が偽りだったことを思い知って

ほとんど“人間不信”の状態に陥っています」と

文春オンラインが伝えています。

新型コロナウイルスと同じで

入院したからといって

特殊な治療法があるわけでもなく

最新の治験で注目されている

MDMAまで

違法麻薬はほぼ試している。

場所が与えられて

どこかから指示されたわけでもなく

自然に

森田療法や

「森田療法」

内観療法のようなことを始めているようです。

「内観療法」の画像検索結果

これらの方法は

無意識にある自己治癒力から

生み出されたものなのかもしれないと

改めて思いました。

精神療法というと

西洋のものが主流のように思われていますが

日本人が考案した方法で

他に

箱庭療法もあります。

かぐや姫もしたそうな…。

日本的な宗教観がベースになっているのが

特徴です。

新型コロナウイルスPTSD予防最前線にもベンゾジアゼピン処方…(◎_◎;)

新型コロナウイルスに対する

こころのケアは後手後手…みたいですが💦

「こころのケアド...」の画像検索結果

災害には必須のこころのケア

帰国者の報告が圧巻です。

ソシラドさん

「何が面白いって

風邪以外にも下痢と食欲不振を訴えてるのに

これを

連日の報道を見て不安になって緊張してるんだね」 で

片付けられて

コレミナール錠(不安や緊張を和らげる薬)を処方されなことよな」

やっと
安易な処方はやめましょうということになった
ベンゾジアゼピン系抗不安薬ですよ。
脳の興奮などを抑えることで
不安、緊張、不眠などを改善する薬

ウイルスには対応できないから

感染疑いの人の

脳を黙らせるって意味不明…💦

確かに

常用すれば

特段指示しなくても

外出する気力も脚力も損なわれる場合があり

隔離になるってことですか?

どんな症例でも

「コンサータ 発...」の画像検索結果

考え方の基本は一緒ですね。

やまゆり園PTSD解離性19人刺殺事件の植松被告は法廷でも大暴れ

相模原市の

障害者施設殺傷事件の初公判ですが

「やまゆり園」の画像検索結果

被告が

横浜地裁の法廷内で暴れたため

休廷となりました。

PTSDは

時代の病でもあるので

「宅間守」の画像検索結果

この頃から

法廷も変わってきています。

弁護士は

大麻や精神障害のせいにしようとしているけれども

自分としては

「やまゆり園」の画像検索結果

大麻はよいものだから

大麻のせいにしたくないし

「やまゆり園」の画像検索結果

思想的な確信犯なので

死刑判決も仕方がないと

諦観していたように見えましたが

本心ではなく

いざとなると

抑圧が外れたのかもしれません。

この人の場合も

拘置所内で

向精神薬の置き換えがあるのでしょう。

逮捕されない薬物乱用とPTSDの自己処方

PTSDには

自己処方がつきものです。

クスリに限りません。

「依存症」の画像検索結果

「薬物ダメ」の画像検索結果

田代まさしさんは覚せい剤

沢尻エリカさんはMDMAを

選んだので

逮捕され

強制治療に入りますが

「薬物ダメ」の画像検索結果

「合法薬物依存」

多いみたいですね。

「逮捕されない薬物乱用」とは

言い得て妙です。

「薬物ダメ」の画像検索結果「心療内科スクー...」の画像検索結果

悪いお友達に丸め込まれない

勇気大事ですよ。

それを養うのが

PTSD予防教育なのです。

元農水次官の長男もPTSD誤診で殺害された

東京都練馬区の自宅で

長男(44)をナイフで刺して殺害し

懲役6年の実刑判決を言い渡された

元農林水産事務次官(76)は

「もう少し息子に才能があれば・・・」と語ったそうですが

この長男も

誤診と薬害の被害者だったようです。

長男は

中学2年生の頃から母親に暴力を振るい始め

「PTSD箱庭」の画像検索結果

ここで正しく手を打っていたら

予後は全く違ったハズ

18歳~20歳の頃に

統合失調症と診断されましたが

主治医が親戚で

心理療法的ではない。

2015年11月に

主治医が変わり

アスペルガー症候群と見立てが変わりました。

面談していないので確定診断ではないが

精神科あるある💕サイババ現象

「香山リカ サイ...」の画像検索結果

「アスペルガー症...」の画像検索結果

DSMにはない診断名ですが

空気を読めないとか

他人の言っていることを被害的に捉え

コミュニケーションが一方的である他に

ゲーム依存症という見方がないので

やめさせようとする指示が入らないとの認識しかない。

覚せい剤依存に置き換えればわかる話だが…。

最近はやりの感覚過敏も指摘されています。

「HSC」の画像検索結果

家庭内暴力から始まり

指示が入らないとか

敏感であるとか

父親から聞いた

表面的な様子だけで

その時々に話題となり

流行している診断名がつけられ

処方が行われてきたのです。

医師法違反です。

「賦活症候群」の画像検索結果

「毒を撒かれた」は妄想ではなく

心理に沿った比喩表現ですし

こんなデタラメな診断と治療をする医療や

それを鵜呑みにし

「病気のせいです」と言い切る父親

「アスペルガーに生んで申し訳ない」と語る母親に対して

「お前らエリートは俺をバカにしてるだろう」というのも

よくわかります。

なぜ本人の言葉を傾聴しないのでしょう。

エテ公🐒まで参入した

「公認心理師」の画像検索結果

病院ごっこの悲劇を象徴する事件なのです。

こんなことはもうやめませんか?

PTSD治癒の阻害因子「支援者を舐めて悪化する習性」

精神科病院にアルバイトに行き驚いたことという

記事が出て

どんな方がお書きかと思えば

KYUPIN先生でした。

精神科病院では

女性看護師だけだと

患者さんに舐められる感じになり

(本来出なかったであろう)不穏状態が

出現するので

男性看護師が多いのがよいそうです。

「口唇期」の画像検索結果

口唇期のPTSDが多いのでしょうか。

おしゃべりとか

口がさみしいからと

爪カミ・タバコ・摂食障害や

議論で「かみつく」

あるいは

「呑み込まれる」「舐められる」恐怖からの先制攻撃という

比喩的症状になるのは

無意識の不思議なところです。

PTSDは

クスリをやめないと

こういう点でも治りにくいわけですね。

精神科ごっこのPTSD解離男逮捕 ~少女14名が性被害

前記事に続き

訪問看護師の女性の被害

ツイッターやスマホのアプリで

「誰か援助お願いします」などと投稿してきた少女14人に

「私でよければ応援します」と返信

金銭を渡す約束をして誘い出し

わいせつな行為をした

東京都文京区の無職の男(48)が

追送検されましたが

7月に逮捕され

スマホの

犯罪記録=依存症歴が明るみに

ここでも全員に

処方されたクスリが使われていました。

精神科医ごっこをしたのでしょう。

ヒステリー(PTSDの古名)は

真似る病ですからね。

「伝染るんです」の画像検索結果「解離の舞台」の画像検索結果

心理学を学ぶ人が増え

治療を受ける機会が増えれば増えるほど

見かけ上ですが…

絶望し

自殺サイト等に救いを求める人が増えました。

「自殺サイト」の画像検索結果

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSD予防教育もせず

「なかいきあかち...」の画像検索結果「なかいきあかち...」の画像検索結果

ごっこ遊びに終始

まともに機能していないからです。

国家資格ができて

公認心理師を取得することを

エテ公🐒と呼ぶ。

「日光東照宮 さ...」の画像検索結果

「公認心理師」の画像検索結果

ますます拍車がかかります。

神戸でも訪問看護師がPTSD性薬害の依頼者(79)から睡眠薬わいせつ被害

自宅に来た

訪問看護師の女性に

睡眠薬入りのスープを飲ませ

わいせつな行為をしたとして

神戸市東灘区の無職の男(79)が

逮捕されました。

安易に処方される精神科のクスリは

ろくな使われ方をしません。

「貝塚睡眠薬PTSD...」の画像検索結果

なかには覚醒剤のようなものもありますからね。

「貝塚睡眠薬PTSD...」の画像検索結果

貝塚市では

訪問ヘルパーが被害に遭いました。

伊藤詩織さんもでしたね。

市民を毒牙にかける医師

なかなか逮捕されなかったので

被害者はPTSDを発症しています。

PTSDは

薬物療法ではなく

正しく治療されるべきです。

今もなお高齢者にベンゾジアゼピンのPTSD解離処方横行中

朝日新聞によると

現在も

高齢者にリスクの高い

 のみ続けると

転倒や骨折

認知機能の低下を招きやすい。

睡眠薬や抗不安薬が

普通に処方されているようです。

日本老年医学会の

高齢者の薬についての指針

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」にも

これらの薬について

「使用するべきでない」

「可能な限り使用を控える」と明記されているのですが

スルーされている状態です。

心理職の倫理違反も堂々と行われ

無反省ですからね。

ヒステリー(PTSD)だから似てくるのかな…。

新幹線内無差別殺傷事件の被告(23)は現在もPTSD解離中で無反省

養母だった祖母からの手紙や面会を拒み続け

外部との接触を断っていた被告(23)ですが

横浜地裁小田原支部に現れ

世間の関心は高く

236人傍聴

「殺すつもりでやった」

「刑務所に入りたい」と思い

乗客3人を殺傷したことについて

「見事に殺しきりました」と豪語

押収された凶器のナイフについては

「出所したら

人を殺すためにまた新しい物を購入しますので要りません」と

他者への強い殺意を表現しました。

これだけ1つの強固な人格を維持できるのは

驚愕すべきところです。

拘置所内でも

クスリが処方されているのでしょうか。

「アクチベーショ...」の画像検索結果