カテゴリー別アーカイブ: 行動療法

在日米軍は全兵士の飲酒禁止でアルコール依存症(PTSD)の行動療法

米海兵隊員の

飲酒運転による死亡事故を受け

 

 

在日米軍は

全兵士の飲酒を

全面的に禁じる措置をとりました。

米兵にお酒を売るのもダメです。

 

福岡市でも

2012に

職員2人が

飲酒後に暴行や傷害容疑で逮捕される事件を受けて

全職員約9600人と教員を対象に

外出先での飲酒を

1カ月間自粛するよう求める通知が出ましたが

効果はあったのでしょうか。


米軍内では性的暴行も多発しているのですから

米国防総省が17日に公開した報告書

2013年からの4年間に米軍施設で

性的暴行が疑われる事件が2万件以上

 

アルコールだけを禁止するのではなく

PTSD問題として取り組むべきですが

 

トラウマが酷いのだと判明しても

 

「帰還兵は自殺」の画像検索結果

 

認知行動療法ではお手あげなので

大麻の合法化が進んでいるという体たらくなのです。

 

まさか

日本で大麻解禁にするわけにもいかず

お得意の「投票」なら

間違いなく合法化になる。

「とりあえず禁止令」なのでしょう。

 

「とりあえずビー...」の画像検索結果

 

「アレルギーの子どもへの 行動療法で脳障害」に公認心理師はPTSD予防教育可能か?

横浜市にある

「神奈川県立こども医療センター」で

食物アレルギー治療

臨床研究に参加していた子どもが

重いアレルギー症状を起こし

一時心肺停止の状態から

脳障害を起こして治療中です。

 

食物アレルギーのある患者に対し

原因となる食物を

毎日少しずつ摂取することで

徐々に食べられるように治療する

「経口免疫療法」とのことですが

 

これは

心理学でいう「行動療法」の

系統的脱感作法です。

 

過食症でも拒食症でも

気がつかないくらい少しずつ

食事量を変えてゆくという

歴史的身体を無視した

(どうしてそうなったのか不問)

 

 

経絡やツボってものがあるでしょう。

大雑把な方法で

めったにうまくいきません。

 

公認心理師は

医師のもとで

認知行動療法や

誤診と薬漬けのお手伝いをすることになると

推測されますから

 

「公認心理師 医...」の画像検索結果

 

これまた

マツコ・デラックスの入院同様

 

タイムリーにして

なかなか象徴的なニュースですね。

 

常に

弱者の犠牲を踏み台に

少しだけ考えるようになる人類です。

 

座間見ろ?!9人が犠牲となったtwitter自殺サイト(PTSDの墓場)が選ばれたのはなぜか?

座間市で

9人の若者を自宅アパートに引き込んで

次々に殺害した

27歳男性は

 

自殺志願者になりすまして

(ストーカー御用達手口その1)

 

自殺願望のある人達をおびき寄せ

殺人願望を満たしていました。

(メサイアコンプレックス)

 

この事件は

自殺するしかないほどに追い詰められた場合

ネットにしか救いがないと

勘違いする人が少なくない現実を物語っています。

 

一駅に1つは心療内科があり

1歳をすぎれば

精神発達の検診も縦横無尽になされ

学校にはスクールカウンセラーがいるのに

なぜでしょう?

 

イスラム諸国やインドネシアで

自殺が少ないというのが

参考になるような気がします。

 

これらの国にも

いろいろな問題があるのは確かですが

(人類は非暴力の哲学に対しては発展途上ですから)

 

「イスラム女性」の画像検索結果

 

宗教が生きていれば

「死」と「再生」について

学ぶ機会があります。

 

また

生活のなかに文化が生きておれば

それを感覚的に知る機会があります。

 

「バロンとランダ」の画像検索結果

 

要するに

今の心理療法には

宗教性と芸術性が欠けているのです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果「PTSD予防箱庭」の画像検索結果

 

こころの病はすべて

PTSDで

フロイトの精神分析は

死ぬかと思うような驚愕が原因となる

トラウマ心理学です。

当時はヒステリーと呼びましたが。

象徴的に扱われるものなのに

 

「変容の象徴」の画像検索結果

 

木で鼻をくくったような

無意識抜きのコレじゃダメでしょ?

 

「認知行動療法」の画像検索結果

髪抜く抜毛症(PTSD)にもトラウマ不問の認知行動療法

博多の女性(41)は

 

高校2年のとき

自らの髪を抜いてしまうようになり

後頭部の髪がなくなり

大学入学後は

寮に引きこもった末に

入退院を繰り返し

22歳で大学を中退

 

仕事は

薬の副作用でぼーっとして

長続きせず

薬をやめても

疲れやすく

20年間

精神的に不安定な状態は続いたそうです。

 

 

薬でなんとかしようと思うと
遠回りになります。
 

働き方を工夫することで

「人と接する中で

自己肯定感が低く

他人を否定的に捉えがちな癖に気付き

直せた」というのは

認知行動療法的な考え方です。

 

つまり根本問題(内的適応)はそのままに

外的適応のために

表面的な心理を調整します。

 

PTSDならば

原因があるわけですが

そこを不問にするかどうかで

2種の解決法があるということですね。

 

「夢見るこころ母...」の画像検索結果

 

かつらやさんや心療内科が潤い

経済は活性化されるかもしれませんが

それでよいのでしょうか。

 

日本ストレス学会とPTSD

本日から

第33回

日本ストレス学会学術総会開催中です。

 

 

「疲労とストレス」

「笑いとストレス」と

ストレスマネジメントが中心ですが

 

大野裕先生の

認知行動療法もありました。

うつ病もどきのPTSDの治療法ですね。

効くかどうかは知りませんが。

 

明日は

「トラウマティックストレス研究」がありますが

「PTSD」とは呼ばないところが

微妙ですね。

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

 

最近は

PTSD概念に収まりきれずって

ケースが増えているのでしょうか。

 

 

象徴が使えない発達障害が増えているって

愚説みたいに。

 

九州医療刑務所のカショオ( PTSD の依存症 )治療は森田療法的認知行動療法

摂食障害の現在の流行は

(PTSDなので流行がある)

過食嘔吐ですが

 

治療難民がほとんどなので

政府は

難病指定しています。

 

 

北九州医療刑務所は

正面から取り組んでいるみたいですね。

「行動制限を用いた認知行動療法」を

刑務所に合うよう

独自にバージョンアップさせ

食事や入浴、運動量などを著しく制限する行動療法と

「心を育てる治療」を組み合わせて行うそうです。

 

摂食障害には

原因があると考える立場で

(後天的な問題)

つらいこと、様々な問題からの

「回避」傾向も見抜いています。

 

DSM5にも明記されていますね。

 

そして

「『何が』どうなのか」という主題を

全く提示せず

困惑しても

助け船は出さずに

語り始めるのを

じっと待つそうです。

そして

話したことを評価しません。

 

PTSDの人は

過剰適応を起こすので

認めてもらおうとして

相手の喜ぶ自分になろうとするからですね。

 

説明にはありませんが

滞在型(刑務所なので)で

チーム医療であることも

奏効していると思います。

 

治療に通うのは

結構ストレスなので

特に

こういう依存させない方法は

(正しいのですが)

「回避」されやすいのです。

 

また

 

「制限を緩和してほしい」と主張しても

認めてもらえない場合に落ち込んで

刑務官に話を聴いてもらうのは

 

「森田療法」の治療構造を思わせます。

 

医者は「父性」で

看護師は「母性」

入院患者は「兄弟」みたいな構造でしたね。

 

情報源: 【塀の中の摂食障害】「ここが最後の砦」~北九州医療刑務所で行われていること(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

もちろん

この方法しかないわけではありませんが

参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

********アメブロでコメントいただきました

 

知的障害特別支援学校で10km走体罰による高1男子意識不明の重体も「認知行動療法 」?

東京都立永福学園

(杉並区)で

23日

高等部1年の男子生徒(15)が

バスケットボール部の部活動中に

熱中症のため救急搬送されましたが

意識不明の重体です。

 

顧問教員から

ペナルティーとして

屋外で約10キロのランニングを指示され

走っていた最中に発症したそうです。

 

体罰という名の暴力は

PTSD解離自殺を起こすこともあるくらい

危険なものだと知られるようになり

禁止されているのに

 

「バスケット自殺」の画像検索結果「バスケット自殺」の画像検索結果「バスケット自殺」の画像検索結果

 

学習能力がないですね。

 

そして

 

このように

報道されるような事件の背景には

 

 

何でもかんでも発達障害にして

囲い込まれ

 

「ノックアウトマ...」の画像検索結果

 

いじめつくされる子どもたちが

たくさんいるのです。

 

「特別支援」って何ですか?

 

ネットストーカーは「誰でもなり得る(福井裕輝)」ものではなくPTSDの依存症治療が必須

ストーカー問題に取り組む

一般社団法人

「男女問題解決支援センター」代表理事の

福井裕輝医師は

「ストーカーは

変質者とのイメージを持たれているが

誰でもなり得る」

「すぐにやりとりできるネット上では

相手をよく知らないうちから

感情が先走り

理想化してしまいがち。

拒絶されると恨みに転じ

相手の不幸を快楽に感じる。

そうなると

「恨みの中毒状態に陥る」と語っておられますが

 

「福井裕輝」の画像検索結果

 

 

ストーカー問題に取り組む

NPO法人

「ヒューマニティ」

小早川明子理事長の

「メールに限らず

SNSのコメントが

3日以上ないと

気になって仕方ないという状態なら黄信号」という目安も

重要でしょう。

 

普通の人は

「返事が来ないのに

同じ内容のメッセージを3回送る」 ←危険なサインです💡

「交際を断られても3カ月以上

好意を伝えて求め続ける」ようなことはできません。

 

そして

そのような場合は

薬物依存の場合同様

トラウマ不問の

「条件反射制御法」などでは

治らないでしょう。

 

競馬でも問題になるPTSDの【回避】

角居勝彦調教師によると

 

お馬さんも🏇🏼

走らされているだけではなくm(_ _)m

 

「勝てると思ったのに

抜けなかった

(抜かされた)」と思ったり

 

「あの馬に3回も負けた」と

劣等感を持ったりすることがあり

 

自分は

ベストを尽くしても勝てないんだというトラウマで

ラストのせめぎあいに

弱くなったりすることがあるそうです。

 

PTSDの【回避】行動ですね。

 

勝ち負けという傷つきくらいなら

そういう理屈を知って

トラウマにならないように予防したり

トラウマを克服するお手伝いをしたりすることは

可能だと思いますが

「認知行動療法回...」の画像検索結果

「福知山線脱線事...」の画像検索結果「福知山線脱線事...」の画像検索結果

 

人間が

大惨事に巻き込まれ

PTSDを発症した場合は

小手先の

認知行動療法では

なかなか難しいというのが

現状のようです。

 

公認心理師にさせようとしている

心理療法は

コレなんですよね。

 

「認知行動療法の限界」東武東上線は夕方のPTSD解離自殺で現在も遅延中

16:47頃

新河岸~川越駅間で発生した

人身事故の影響などで

現在も

池袋~小川町駅間の列車に

遅れや運転変更が出ています。

 

 

PTSD発症リスクに苛まれながら

学習効果により

驚くほど短時間で

復旧することに成功してきたように見えましたが

 

人間には

こころというものがありますから

 

認知行動療法的な

無理強いは

破綻してきたのではないでしょうか。

 

そういう手法しかもっていない

公認心理師なんて

今からでも遅くないから

国家資格にするのは

やめましょう。