カテゴリー別アーカイブ: 裁判

京阪電鉄千林駅の葬儀場住民訴訟と多発するPTSD解離人身事故

「葬儀の場は必要だし

営業の自由も理解している。

けれど

もう少し

住民に配慮してもらえたら」

「窓を開けたり

洗濯物を干したりする気にならない」

 

京阪電鉄の

駅から東へ徒歩1分の場所にある

葬儀場が

周辺住民に提訴されました。

 

人身事故があまりに多いのに

 

PTSD発症リスクを【否認】されているので

 

 

葬儀屋さんも

「陰陽」の画像検索結果

 

ハレとケの感覚が

麻痺したのでしょう。

 

京阪本線は

2日前にダブル人身事故でした。

 

 

「おけいはん」の画像検索結果

 

人身事故が多すぎて

「安心して生活できない」

「早急に対応を!」と

 

国や研究機関に訴えてはいかがでしょう?

 

松居一代さんも離婚PTSDでリベンジポルノ風ネットストーカー化

実際のところは

誰にもわからないことですが

 

訴えられていることが

事実であるとしても

 

「松居一代」の画像検索結果

 

大変な名誉毀損だと思いますから

解離行動と言えるでしょう。

 

ストーカーの流行に乗っていますし

我が国では

精神的慰謝料は安いので

資産家の場合は

無防備に行えるという

司法の欠陥も突いてますね。

 

こういう時代の空気にかぶれやすいのは

PTSDしかありません。

 

 

離婚の危機は

大変なストレスで

PTSD発症リスクになりますが

普通は

ここまでにはならないでしょう。

 

 

数年前に

いろんなストレスから

顔面麻痺を発症されたままですから

(見かけはもとにもどっても

素因はそのまま)

 

「松居一代顔面麻...」の画像検索結果

 

PTSDの負の連鎖により

通常のストレスで

悪化したのでしょう。

 

 

朝霞少女拉致監禁の寺内樺風被告(24)も自らこそがストーカー被害者とPTSD解離性被害妄想

2014年

朝霞市で

帰宅途中だった

当時、中学1年生の少女(15)を誘拐して

千葉市などの自宅で約2年間監禁し

少女に

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を負わせた

罪などに問われている

寺内被告について

弁護側は

「精神疾患があり

責任能力は限定的だった」と主張

本人も

「被害者にストーカーをされていた」

「被害者側が損害賠償をだまし取るため

わざと誘拐されるよう仕向けた」

「直接

脳に大指令を受けて犯行に及んだ」などと

主張しました。

 

 

 

 

DVやストーカー事件の加害者は

妄想と攻撃性がひどくて

厄介です。

 

 

少女が監禁PTSD発症でも寺内樺風被告が精神疾患で無罪主張の朝霞事件

朝霞市の

当時13歳の少女が

去年3月

2年ぶりに保護された

誘拐事件で

寺内樺風被告の

裁判が

さいたま地裁で行われました。

 

 

少女にPTSDを発症させたとして

未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われていますが

被告は

「監禁していたつもりはない」と否認

 

 

弁護側も

「被告は

中学2年生の頃から

精神疾患を患っていて

人を誘拐することの重大性を理解していなかった」として

「責任能力は限定的だった」と

主張しました。

 

 

そういう認知の歪みは

PTSD特有のものだから

きちんと予防&治療することが

必要なのに

流行に便乗してますね。

 

家宅捜査を受けた鹿児島のPTSD解離精神科医(44)を性的被害女性たちが集団提訴へ

患者を診察せずに

向精神薬を

 

「ベタナミン」の画像検索結果

 

営利目的で譲渡した疑いがあるとして

九州厚生局麻薬取締部と県が

異例の

家宅捜査に踏み切った

鹿児島市の精神科医の男性院長(44)ですが

 

それとは別に

 

 

 

発覚しているだけでも

10人以上の女性患者さんと

不適切な関係にあり

集団訴訟が予定されているそうです。

 

 

ジキルとハイドの二重人格を超えて

多重人格性がありますね。

 

口外しないように口止めしたり

だましたりしながら

立場の弱さにつけこむので

(見放されては生きて行けないと思わせる)

 

そのうちの一人は

自殺に追い込まれたそうです。

 

薬物を使って

 

「麻原LSD」の画像検索結果

 

複数の信者をマインドコントロールし

テロ事件などを起こした

麻原彰晃みたいですね。

 

「アクティベーシ...」の画像検索結果「アクティベーシ...」の画像検索結果

 

追い込まれた患者さんの

怒りや絶望を

向精神薬は後押しするわけですが

 

この精神科医は

自殺との因果関係は否定しています。

 

この訴訟は注目されるでしょうね。

泣き寝入りした人もいるかもしれません。

このような理不尽な話はPTSD発症リスクになるので

(この場合は悪化する)

紙面にある

訴訟代理人である弁護士に

連絡するとよいと思いますよ。

 

諦めずに

がんばりましょう✨

 

詩織さんは「デートレイプドラッグ」によるPTSD解離性健忘を主張

元TBSワシントン支局長

山口敬之氏(51)から

準強姦被害を受けたが

不起訴とされたのは不当として

検察審査会に審査を申し立てた

ジャーナリスト詩織さん(28)は

 

当日の記憶が欠落していることについて

 

これまでに「お酒ですっぽり記憶をなくした経験はなく

被害に気づいて

目が覚めた時も

お酒の二日酔いのような状態ではなく

頭がクリアだった」ので

「デートレイプドラッグを混入されたと思っている」と説明

 

詩織さんの弁護士は

睡眠薬などの悪用により

他人からは普通に行動しているように見えても

 

「夢遊病」の画像検索結果

 

本人は覚えていないという症状が出るとされており

状況と合致する」と

説明しました。

 

そういうのは

【解離】と言って

自殺や犯罪の際にも

問題になる

無意識の

心的防衛機制だけど

 

DV被害者なんかも

危機的な状況に対応するために

【解離】することがあり

 

 

アルコールとの同時使用では

酒類が少量でも

効果が強まるんですよね。

 

 

裁判所に

PTSD理論について

わかりやすく

説明することは大切なことです。

 

裁判所書記官のPTSD解離「忖度」に対する異例の証人尋問

大阪地裁岸和田支部で作成された

刑事裁判の

「公判調書」をめぐり

大阪高裁の控訴審で

被告側が

「事実と異なる記載がある」と指摘し

作成した地裁支部書記官を

高裁が証人尋問する

異例の決定をしました。

 

「忖度」流行してますからね。

 

書記官も

解離すれば

忖度してしまいます。

 

心理職なんかは

 

 

 

忖度お上手で

だんまりなんてお手のものです。

 

臨床心理士資格が紙くずになっても

文句一つ言わず

迷わず公認心理師資格を取得の予定です。

マインドコントロールが徹底してますね。

 

こんな頭お留守の心理職たちが

学校に入り込むようになったために

若者の死因第一が自殺になったという

不名誉な現実をつきつけられても

まだ目が覚めないのでしょうか。

 

いつか証人尋問を受ける日が来て

慌てても遅いのですよ。

 

ネットストーカーはリアルなストーカーにエスカレートするPTSD

ネットストーカー恐怖の実態とのことで

 

「ネットストーカーは

次第に

リアルなストーカーに

エスカレートしていく傾向がある」って

書いてますが

 

そんなこと

当研究所では

3年前に

把握してましたよ。

 

そして

ストーカーは

後手後手の法改正を逆手に

楽しんでいる愉快犯なのです。

 

自分は

頭がよいと勘違いしながら。

 

2017もハイペースで増加中のストーカー(PTSD)相談

昨年

愛知県警に寄せられた

ストーカー被害の相談件数は

1273件(前年比11・1%増)で

統計を開始した2002年以降で最多

今年1~3月も300件超と

昨年同時期並みに多いとのことで

県警は

重大事案に発展しないように

警戒中です。

 

 

当研究所関係者も

いまだに複数の方々が

読みたくない郵便やアメブロメッセージを送りつけられたり

返事を強要されたり

訴訟予告される等の

恫喝被害に遭っておられます。

 

 

こういうのダメなんですけどね。