カテゴリー別アーカイブ: 過食嘔吐・カショオ・拒食症

連続強姦事件で保釈中に暴行のPTSD男にも「依存性」「解離」「認知の歪み」

連続強姦致傷事件で

懲役9年の実刑判決を受けて

控訴中に保釈され

その約2週間後に

再び女性に暴行した

無職男(27)に

東京地裁は

懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を

言い渡しました。

 

裁判長は

「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり

性犯罪に対する抵抗心が弱く

順法精神も低下している」と

述べています。

 

控訴中だった一審判決は確定したので

今回の判決が確定すると

合算されて執行されるそうですが

 

認知の歪みを伴う

解離性の依存症ですから

行動療法的な効果も期待できず

薬漬けにされそうな気がします。

 

PTSDはストレスに弱いので

同じ依存症でも

より軽めの摂食障害ですら

病院でも刑務所みたいと感じるようですから。

 

 

 

子どもの頃から

ちょっとした心身の不調が見逃されず

安易に薬などで

対症療法的に片づけられるのでもなく

 

 

正しくケアされることが大事ですね。

 

PTSD予防教育は

未来の被害者を救うこともできるのです。

 

中森明菜の摂食障害(七味唐辛子依存症)もPTSD原理で解明

トラウマエピソードは

(松田聖子にはない

昭和のアイドルの聖痕)

ネットを少し読めば明らかなので

PTSDでしょうが

 

唐辛子依存症については

前記事にヒントがあるかもしれないと思いました。

 

要するに

無意識的に

烏の真似をしているわけです。

 

象徴が使えているのですが

ユング心理学で中途半端に解釈すると

 

 

雅子さまの被害のように

適応障害とかわがままとか

発達障害ということになってしまい

 

薬物療法や

行動療法を受けても

限界があるみたいです。

 

拒食症患者さんの証言も多いですよ。

こんな方法で治るはずがないです。

 

「中森明菜唐辛子」の画像検索結果

 

痩せると

整形みたいに

みな似てきますね。

キャプチャ

 

「鈴木その子」の画像検索結果

 

息子さんが拒食症で亡くなり

その悲しみのPTSD予防中に

克服法を考え

広告塔になるために

(目立たないと聞いてもらえませんから)

滅私の覚悟で

白塗りスタイルを選択されたそうです。

 

それとは別に

 

「愛子美智子」の画像検索結果

 

見かけではない部分で

(原理的に)

似てくる場合もありますね。

 

「DSM」の画像検索結果「DSM」の画像検索結果

 

DSMより

科学的な思考法があります。

 

「野生の思考」の画像検索結果「無分別智」の画像検索結果

 

「春分の日」腹ペコ烏占いでPTSD予防

今日は

彼岸の中日ですね。

 

春分なんて言葉が出て来る

おおもとの

陰陽五行説では

春はとても大事です。

 

なので

しつこく

春のお祭りを繰り返す

日本民族です。

 

 

「ヤマザキ春のパ...」の画像検索結果

(私はこのパンは食べませんよ👎)

 

 

新春行事なんかは

寒すぎて実感がありませんが

お水取りが終わり

春分のお祭りともなると

桜🌸の季節もすぐそこです。

 

かつては

どこでも

烏祭りがあったそうですが

 

「厳島神社」の画像検索結果「熱田神社」の画像検索結果

 

烏に供物を食べさせて

五穀豊穣を占う神社は

今でもあります。

 

 

 

 

実際は

烏には

7日間ほど断食させてあるので

食べるに決まっているのだそうです。

 

なぜ烏に米や餅を食べさせるかというと

春(木気)が元気になるには

金気が邪魔なので

(金剋木)

金気の象徴である米・餅(固くて丸く白いのは金気の属性)を

烏(火の象徴太陽のなかに八咫烏がいる)に

「八咫烏」の画像検索結果「八咫烏」の画像検索結果

 

退治して貰えば

「火剋金」になるという話らしいです。

その際

唐辛子入りなら最強だそうですよ。

(辛味=金気)

 

ご先祖さまたちって

ほんと理屈っぽいですね。

 

それはそうとして

(ここを間違うと

PTSDが

象徴が使えない発達障害になっちゃうから大事だけど)

 

 

ヨーガで動物の真似をするように

神の遣い

烏の真似をして

断食すると

判断が冴えるかもですね。

 

 

愛子さまの断食も

正しく遂行されますよう

お祈り申し上げております✨

 

皇后さまは帯状疱疹で愛子さまは拒食症PTSD世代間負の連鎖

宮内庁は

皇后さまが

帯状疱疹になられたことを

明らかにしました。

 

国民から

理不尽なバッシングを受けて

失声となられたこともありました。

 

雅子さまも

帯状疱疹から適応障害になられ

休養中です。

 

愛子さまは拒食症ですね。

 

「美智子様愛子様」の画像検索結果

 

見かけだけではなくて

心理のある部分も似ておられるのだと思います。

 

拒食症は

かぐや姫コンプレックスから読み解くのが

精神分析の常識です。

 

「摂食障害かぐや...」の画像検索結果「摂食障害かぐや...」の画像検索結果

 

思い出のマーニーの

ヒロイン杏奈は喘息でしたが

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

難治性の喘息もPTSDですから

(普通は薬が効く)

治癒する時に

世代間負の連鎖が明らかになりましたね。

 

そういったことを不問にする

行動療法は無効

 

「杏奈PTSDマーニ...」の画像検索結果

 

無意識(マーニー)と遊ばないと治らないみたいです。

 

PTSDの認知の歪みや多重人格、拒食症によく効く薬とは?

 

本日

インドネシアのおじいさんとおばあさん

ペルーの動物や人形を

箱庭療法用に追加しました。

 

 

トラウマのストレスで

バラバラになった人格たちや

 

 

心身症で仲違いした心身

 

自分でも

何をどれだけ食べたいのかがわからなくなった

摂食障害にも

 

 

よく効きます。

 

オノ・ヨーコさんも殺人ストーカー恐怖で痩せて車椅子生活の複雜性PTSD

故ジョン・レノンの

妻オノ・ヨーコさん(84)は

「オノヨーコ」の画像検索結果

「驚くほどやせ細り

体調が非常に悪い。

いつも元気いっぱいの彼女だったが

その面影は消えてしまった」と友人らが懸念

車椅子での生活を強いられるほどに

健康状態が悪化しているそうです。

 

高齢ではありますが

健康な高齢者は

お元気なものですから

 

「ジョンレノン襲...」の画像検索結果

1980年12月にニューヨークのマンハッタンで

ジョン・レノンを殺害した

マーク・チャップマン(61)が

仮釈放を申請しつづけているストレスによる

複雜性PTSDでしょう。

 

米ニューヨークの仮釈放委員会は

「多くの好意的な要素も見られるものの

計画的かつ有名になることを求めた犯罪が

それを勝る」

「インタビューと記録の再検討の結果

仮釈放は社会に適切でなく

また法律を軽視する犯罪の深刻性に反することになる」と

声明で説明

オノ・ヨーコさんも

常に緊張を強いられていて

「チャップマンのことを考えるのは

私にとって本当に苦しいことなの。

特に

彼はそれが悪いことだって思っていなかったようだから。

クレイジーよ」と語っています。

「オノヨーコ」の画像検索結果

 

愛子さまも

日々

ストーカー被害のような

他人からは目に見えないストレスに

苛まれておられるのでしょうから

車椅子生活にならないうちに

手をうつべきでしょう。

 

 

日本のストーカーも

せめて

仮釈放を厳しくしてもらいたいですね。

 

愛子さま の拒食症は雅子さまからのPTSD家族間負の連鎖と週刊女性

皇太子さまの

57歳のお誕生日に公開された

愛子さまの“激ヤセ”ぶりが

話題になっていますが

週刊女性は

 

長らく闘病中の雅子さまからの負の連鎖であることを

指摘しています。

 

 

精神科にかかり

薬を呑むことになるだろうと言われていますが

拒食症は

そんなことでは悪化するばかりです。

悩む力もコントロールされて

カショオに移行したらどうするんですか💢

 

 

 

『かぐや姫コンプレックス』ですから

 

 

無意識を見てゆけば

治癒し

自己実現モデルであることがわかるでしょう。

 

そのあたりは

『思い出のマーニー』にも表現された

サイコセラピーの常識です。

 

治癒する時に

すべてがわかるのです。

 

「認知症を治す薬」は存在しなくて( Yahoo!ニュース)断食で治るようならPTSD

今月14日

アメリカの大手製薬会社メルクは

アルツハイマー病の治療効果があると

期待されていた薬剤の開発を

 

 

相次ぐ開発失敗により

一部中断しました。

 

断食で治るようなのは

 

 

PTSDなんですよ✨

 

なので

心身に不調を起こすと

 

 

とりあえずビール🍺くらいの感覚で

とりあえず拒食になる人が多いのです。

 

でも断食は難しいので

そんな人達のために

心理療法が生まれたんですよ。

 

知ってました⁉

 

『かぐや姫の物語』小保方晴子さんの拒食とうつ(PTSD)にも「罪と罰」のマスコミ

婦人公論での

連載「小保方晴子日記」の

 

 

第一回目で

うつとPTSDで治療中であるが

「今は栄養療法による治療に取り組んでいる。

この一カ月で食事もかなり食べられるようになって

一日中寝込むこともなくなった」と

書かれましたが

 

第2回目で

理研退職直後の

2014年の大晦日頃

自宅を飛び出し

旅館に潜伏していた時の心境について

 

「この部屋にこのままいたら間違いなく死んでしまう

(中略)どこかに行かなければいけないと思う」と

 

死の恐怖について回想されています。

 

大変な状況のなかでも

日記等で記録し

それをあとで読み返したり

人に聴いてもらったりすることは

とても大事なこころの作業だと思います。

 

 

順調だった研究が

否定され

生命も脅かされている状態ですから

気持ちが落ち込んだり

食べられなくなったりすることは普通に起こります。

 

回復の過程で

料理のことを書くようになるのは

自然なことだと思うのですが

 

Yahoo!ニュースなどは

医療ガバナンス研究所の上昌広理事長の

「STAPのことには触れず

自身の周りや食べ物の話を書いています。

おそらく彼女には

我々には計り知れない自尊心

自己顕示欲があるのでしょう。

だから

あの事件を引き起こしたのだと

読んで分かりました」との言葉でまとめてしまいます。

 

拒食症には世間は厳しいものですね。

 

骨折した人に

早くオリンピックに出ろと言っているようなものなのに

なぜわからないのでしょう⁉と思いますが

 

 

仏性として自己実現しようとする存在だからでしょうね。

 

 

ジブリが

「罪と罰」と掲げた意味がわかりました。

 

闘病中の方々は

これらの現実を知りつつ

負けずにがんばりましょう✨

 

愛子さまもキャサリン妃も激ヤセ!摂食障害(PTSD)密かに大流行中

 

キャサリン妃のカショオ(過食嘔吐)も驚きですが

愛子さまも

 

更にお痩せに…😱

 

 

精神科医も「拒食症で危険水域」と指摘 だそうです。

 

 

拒食症の多くは

「かぐや姫コンプレックス」とも呼ばれる

PTSDの世代間負の連鎖から

起こります。

 

単なるわがままとか発達障害ではなく

根が深いのです。

 

 

死に物狂いで脱皮する蛇のように

断食しようとしているのですが

 

自力ではなかなかむずかしいので

 

心理療法というものが生まれました。