カテゴリー別アーカイブ: 障害受容

がんPTSD予防はなく「外見ケア」ご盛況

がん宣告は
死の宣告ですから
 ―がんは治らないと
 信じる人にとっては
PTSD予防が必要です。
しかし
国立がん研究センター
中央病院でも
熱心なのは
「外見ケア」
脱毛にはかつら
乳房切除には再建
 ―痛くないし
  綺麗に完成すると
 今日は報道
皮膚や爪のトラブルには
お化粧やマニキュア
臨床心理士の
センター長も
そういう
美容部員みたいなことを
しているみたいです。
それぞれ
経済効果がありますしね。
PTSD予防しても
お金にはならないし
院長にはほめられないですね。
下手すりゃクビかも…。

乳癌PTSDを超えて成長物語へ

乳がんになった女性700人のリアルな声
乳がんを宣告された女性たちは、大変な病気と向き合う自分に人間としての成長を感じているそうです。
P……….
≪続きを読む≫

久々に
PTSDという言葉が
出てきています。
がん宣告は
PTSD発症リスクになるから
こころのケアが
 ―PTSD予防
必要だということは
随分前に
明らかになったことです。
この文章では
話が飛んでますが
傾聴されることで
「ストレス」障害に陥ることが
回避されたら
「成長」すると
いうことですね。
死の問題は
宗教哲学の問題ですから
人間の器が
大きくなるわけです。
宣告後
すぐに前向きになるのは
普通は考えにくく
 ―ないことはないでしょうが。
【否認】が形をかえた
美化や合理化だと思います。
美化は
予後が悪いですね。
$翠雨PTSD予防&治療研究所
DSMではないですが
表面的な言動では
わかりにくいところが
あります。

禿げ恐怖PTSD予防法

どのくらいが
遺伝なのか
そんなことは
知りませんが
禿げかけ
ほぼそういう人生であると
思われていた人も
防止できました。
がんもどき
うつ病もどきならぬ
禿げもどきが
あるのです。
昨日の
「湯シャン」が
1つの方法で
もう1つは
断食です。
 ―湯シャンは要らないと思う。
湯シャンですが
石鹸で洗髪するのは
よいのですが
向精神薬をやめる時と
同じで
離脱症状が
しばらくあります。
 ―瞑眩反応
髪がギシギシし
フケが出るかもしれません。
髪も毛穴も
コーティングしてきたからです。
しばらく
我慢が必要だというのを
書き忘れてました。
障害でもないけど
無理な受容の前に
頭を解放してあげることが
大事です。

遺族外来の前にがんPTSD予防

周囲からの
不用意な言葉に
傷ついて
カウンセリングに通う人が多いので
埼玉医科大
国際医療センターには
家族を亡くし
精神的な症状に見舞われた人をケアする
「遺族外来」があるそうです。
①興味本位の詮索
 がん家系かとか聞いて
 「あーやっぱり」とか
 自己完結
②メリットの強調
 自由になって保険金も入っていいねとか
 よくそういうこと言えますね。
③表面的に元気そうと判断する。
 体裁を取り繕って元気そうにする
 人が多いのにね。
周囲も
傷つきの連鎖を
【否認】して
おかしなこと言ってしまうのでしょうね。
PTSDの集団心理療法が
むつかしいのはここです。
興味深いのは
実は
「もっといい治療法があったのでは」
「看病が不十分だった」と後悔し
受診に訪れる数の方が
多いということです。
 ―こちらをメインに
 記事を書くべきでしょう。
医療化の問題を薄めての
 ―病気を増やしすぎている。
 生前の人の病にきちんと向かい合わない。
親切ごかしに
遺族は複雑な気持ちを
味わうと思います。
キューブラー・ロスの調査で
がん告知は死の恐怖を
与えるから
PTSD予防が必要なことは
当たり前なのに
それはテキトーで
遺族外来なんてね。
 ―抗不安剤を出していないことを
 祈ります。

『「余命3か月」のウソ』宣告ストレスでPTSDになる

「がんが恐ろしいのではない。
がんの治療が恐ろしいのです」
うつ病が治らないのではなくて
うつ病の治療が治らないように
させているのでしたね。
がんもどきというものがあるように
うつ病もどきの
PTSDがあり
それはストレス障害だから
不治の病だとか脅されたら
 ―精神的には「死」と
 受けとめられます。
解離し
 ―頭を医者に預けると
 もう怖くない。
医者の言うことを
鵜呑みにし
 ―洗脳
どんどん深みにはまってゆくのです。
一度この癖がつくと
 ―条件付け
断薬しても
似たような洗脳にかかりやすいようです。
せっかくDVから逃げたのに
論理破綻したような
暴言を信仰したりね。
認知行動療法のような
 ―手軽でわかりやすい
 (そして無意味)
治らない
 ―トラウマに触れない安心感
ワークを好んだりね。
 ―何かをしているという
 達成感はある。

『聖痕』変質者による性器切除被害PTSD昇華物語

朝日新聞で
連載されていた
精神分析的な
お話ですが
5歳の時に
事件に遭遇
葛藤する家族を
防波堤にしながら
 ―守りもあるけど
 傷つけられもする。
 特に負の連鎖した弟は
 主人公の天敵のように
 虎視眈々と動く
美食を追求し
適切な相手と結婚し
 ―どんな人にも
 最適の人がいるものです。
子宝にも恵まれ
 ―実母の子ですが
3・11では
炊き出しの
ボランティアに行き
 ―トラウマは癒されると
 外界に向かう。
加害者の男性に遭遇
 ―共時性
和解します。
1つの理想ですね。

アンジェリーナ・ジョリーの乳房予防切除手術でブラッド・ピット激太りPTSD負の連鎖

アンジーの闘病に寄り添った
ストレス食いと
言われています。
わけのわからない
倒錯行動に対する
不安も大きいと思います。
洗脳で
人は相当なことを
平気でするように
なるものですね。

はるな愛気持ちに正直に(場当たり的)性同一性障害(PTSD)

「男性に戻る可能性」に触れ
「今まで
自分の性を選んで
生きてきたのだから
これからも。
変化したりしなかったり。
気持ちに正直に生きていきます」
普通は与えられたものを
受け入れて生きています。
自分で選ぼうというのは
特殊で
揺れているのは
良いことですが
 ―意識的に傾きすぎると
 無意識が揺り戻そうとする。
揺れながら
考えるのではなく
意識レヴェルで
きれいな答えにしてしまうのが
問題の
 ―己事究明の課題
否認というものでしょう。
そういうのは
本当の個性ではないですね。

大島渚さんもPTSDで寿命を縮め負の連鎖

80歳だったそうで
早すぎるとは
言えないかも
しれませんが
脳梗塞に倒れたあとの
介護生活が長いですね。
 ―奥さんが介護PTSDになった。
ストレスが
命を縮め
連鎖しています。
受賞作も   
問題作も
 ―裁判沙汰にもなった。
 
  無罪だったけど。
多いのは
何かトラウマがあり
陰陽超えて
表現せざるをえなかったのでしょうね。
よい人生だったと
おっしゃると思いますから
よい悪いの問題では
ないと思いますが。

台湾で大腸がん患者PTSD発症して解離し病院放火

台南市の病院で
12人の死者が出た
火災ですが
2010年から
この病院に入院していた
67歳の男性患者が
病院の保管室に
隠れているところを見つかり
自分の病状に
取り乱して

火を付けたと供述しているそうです。
がん宣告は
死の恐怖ですし
心身の痛みは
想像を絶します。
簡単に受容できるものではないから
こころのケアが
 ―PTSD予防
必要なのです。
がんでなくても
死ぬような驚愕を覚えたら
こころのケアです。
公衆衛生で
一番大事なのは
予防ワクチンではありません。