DV・ストーカー事件」カテゴリーアーカイブ

高松家裁の事務官(50)PTSD解離ストーカー容疑で逮捕

知り合いの女性につきまとい行為を

繰り返した

高松家庭裁判所の

事務官が

逮捕されました。

勤務先の

高松家庭裁判所は

およそ1時間にわたって

捜索され

関係資料を押収されたそうです。

「ストーカー病」の画像検索結果

防犯カメラに

証拠を残させ

逮捕されるまで

暴走し続けるための

エネルギーを与え続ける

無意識は

なかなか凄いですね。

弁護士不当懲戒請求もPTSD「予防」の失敗から「解離」の「集団ヒステリー」もれなく30万円支払い命令の憂き目

ブログ

「余命三年時事日記」に煽られて

「余命三年時事日...」の画像検索結果

「PTSD予防」の画像検索結果

タイトルは

PTSD予防中のイメージ

弁護士に対し

不当な懲戒請求をした人物に対し

弁護士会に

この弁護士を処分してくださいと申し込む自由はあるが

弁明しなければならない弁護士の

時間的・精神的に負担は甚大なので

根拠もなく嫌がらせで行うのは

業務妨害

東京・横浜両地裁は

被告1人あたり

弁護士3人に対して

慰謝料30万円ずつの支払いを求める判決を出したわけですが

その決め手となったのは

「普通の注意」を欠く行為が

不法行為に当たるとの判断です。

自分がしようとしている

懲戒請求が

不法行為に該当するかについて

(根拠を欠くことを)知りながら

または

通常人であれば普通の注意を払うことで回避できるような

不注意は

アウト!ということです。

要するに

解離してはダメ!という話ですね。

ストーカー達の嫌がらせに

王手!かかりました(^_-)-☆

弁護士懲戒請求に加担したPTSD解離ネットストーカーたちの集団ヒステリー性格

ネット上で

社会活動する弁護士に対し

全国の弁護士会に

大量の懲戒請求が寄せられた問題で

出る杭は打たれる式の

法難ですね。

保身風見鶏の

公認心理師なんかは安全圏にある話です。

対象とされた弁護士2人が

請求は業務妨害などにあたるとして

請求者712人を相手取り

横浜地裁に提訴しました。

一方で

提訴され

過ちに気づいて

弁護士(左)にわび

裁判前に和解した

60代の男性(右)は

記者会見に応じ

「退職で、取引先も仲間もなくなって疎外感がある中

正しい運動をしているという正義感や高揚感があった」と

話しています。

よく考えずに

懲戒請求すれば

弁護士に対して

住所と名前が開示されるとは知らず💦

正義と勘違いして

便乗してしまうのは

ヒステリー性格ですね。

なかなか治療的で

意義ある

教育的な提訴だと思います。

「人が刺された」PTSD解離性虚偽投稿バカッターでは書類送検どまり

「人が刺された」とツイッターに投稿があれば

「ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです。

犯人はまだ捕まっていません。

場所は町田市です」

それを見たり聞いたりした

町田市付近の方々は

不安にさいなまれたことでしょうし

警察も確認作業に翻弄させられたことでしょうが

書類送検される程度だそうです。

目立ちたかったけど

PTSD解離性愉快犯

こんなに大事になるとは思わなかったというのは

現実感覚を解離していると言えるでしょう。

学校がネットストーカーの味方をするから被害女子高生が絶望して「人身事故」という名のPTSD解離自殺

群馬県の

県立高校2年

伊藤有紀さん(17)が

先月

電車にはねられ死亡し

「ネットで悪口を言われた」

「先生は私の言葉を信じてくれなかった」などと書かれた

遺書が見つかった事件で

学校は

やっと

いじめを一部認める

調査結果を公表しました。

大事にならねば

隠ぺいし

加害生徒とタッグを組む

学校の体質は

本当に罪なことです。

不法共同行為

訴訟を起こしても

ネット活動を禁止されている

「岡口基一ツイッ...」の画像検索結果

裁判官たちは

「勘違いして書いてるだけ」なんて

バカなことを平気で言うわけですが

それで大喜びして

増長するような

情けないプロのネットストーカーになったら

どうするのでしょう。

若いうちに

きちんと指導教育しておかねば

モンスターが育ちますよ。

杉並の女性保育士殺害のPTSD解離ストーカー保育士(32)

東京都杉並区のアパートで

乳児院勤務の

保育士(32)が

刺殺された事件で

突然

保育士2人が消えた

乳児院には

こころのケアが必要との世論あり

同僚の

保育士(31)が

逮捕されました。

屋根伝いに

ベランダから侵入

ガラス窓を焼き破り

別種のプロの犯罪手口と

身体能力の高さ

「松岡佑輔」の画像検索結果

犯行後は

平然と徒歩で立ち去り

翌日も

平然と勤務しますが

ここまで

解離しているから可能なこと

不自然な大怪我をしていたので

不審に思われたようです。

逮捕されても

報道陣に一瞬視線を向けるものの

表情を変えることがないというのも

やりきったという

万能感的達成感に満たされている。

この種のストーカーの特徴です。

ただ目的があるだけで

目的のためには

手段は選ばないので

火事場の馬鹿力が発揮できます。

女性保育士は

結婚が決まっていたというだけで

殺害されてしまったようで

理不尽極まりない事件です。

恋愛関係でないと警察が動けないということで

ストーカー規制法にかからないケースは

そもそも

一方的に恨まれているのだから

知りようがない

このような悲劇でしか

処罰されないわけです。

勤続20年暴言依存症型プロのストーカー女性(63)ついに逮捕

20年前から

建具屋さんに

「うるさい!」等と絡むだけではなく

「建具屋の音がうるさい。

今鳴っているから測定してくれ」と

市の環境保全課に電話したり

「逮捕される直前までご連絡はいただいていました」

警察に苦情を訴えていた

1000回ぐらい

明石市の女性(63)が

兵庫県迷惑防止条例違反で

やっと逮捕拘留されました。

3年前には書類送検

息子(38)には

「迷惑かけて本当にごめんな」と言い

涙もこぼしていたそうですから

解離スイッチが入ると豹変する

二重人格です。

朝9時から正午まで続き

午後は1時から再開し夕方5時で終わることが多いなら

専従のお仕事ですね。

雨の日は傘をさして叫び

雪の日も休まない勤務ぶりです。

雇い主は

無意識に押し込めた

トラウマでしょうか。

そして

夜も

ドアホンを連打し

電池を抜いて音が鳴らないようにされてからは

音が鳴らないからと

警察を呼びます。

被害者の建具屋さんは

大きなヘッドホンをつけ

音楽を流して

ひたすら暴言を我慢するしかなく

逮捕でほんの一瞬

平穏が戻るだけだと言います。

「PTSD逆上」の画像検索結果

水道橋博士活動休止『博士の異常な健康』でもPTSDは発症する。

水道橋博士は

今月7日から全ての活動を休止しました。

過労による体調不良で

仕事の他に

春には独立騒動

夏にはネットストーカー被害騒動で

精神的に張り詰めた日々が続いた。

 

主治医から

休養しなければ回復しないと

ドクターストップがかかったそうで

復帰時期は未定だそうです。

 

関係者によると

「本格的な治療に向けて検査をしており

自宅で療養していると聞いています」とのことですが

 

「不要な薬」の画像検索結果

どんな治療かだけが気になります。

 

うつ病や発達障害と違い

ストレスとは無関係に発症

人間であれば

どんなに強い人でも

PTSDを発症する可能性があるということですが

 

「博士の異常な健...」の画像検索結果「博士の異常な健...」の画像検索結果

 

適切に休養した芸能人は

発症することなく

短期で復帰しています。

 

黒崎愛海さんストーカー殺人事件迷宮入り?で容疑者PTSD解離逃走中

おととし12月

フランス留学中に

行方不明になった

黒崎愛海さんですが

元交際相手で

チリ人の容疑者が

殺人容疑で国際指名手配されたものの

新たな証拠は見つからなかったということで

フランスの捜査当局者は

「できることは全てやり尽くした」として

10月末に捜索を打ち切っていました。

 

チリの最高裁判所に

容疑者の身柄引き渡しなどを要請しても

犯行を直接裏付ける証拠が乏しいので

チリ側が要請に応じる見通しが立っていません。

 

「黒崎愛海」の画像検索結果

 

ストーカーには

加害者型PTSD

良心や恐怖心等一部だけを

人格から解離しているので

計画的に大胆な行動がとれる。

警察も裁判所もお手上げ気味で

これから迷宮事件も増えるかもしれませんね。

 

ストーカー行為で書類送検の泰葉さん「PTSD治りかけだった」

元マネジャーの男性を脅したとして

書類送検された泰葉さんですが

「被害届を出してくださった方に

謝罪と感謝をしたい気持ち。

私は人間として立ち直ることができました」

「行き違いがございまして

事件を起こしてしまった。

PTSD心的外傷後ストレス障害)の

治りかけの時期だった。

反省しています」と謝罪

 

警察で

2度の聴取を受け

「きちんとお話をできて心の整理ができた。

ファンの方も応援してくれているので

仕事を頑張りたい」と

決意を新たにしているそうです。

 

「ストーカー警察...」の画像検索結果

 

医療機関での治療の総仕上げを

警察がしたというわけですね。