カテゴリー別アーカイブ: 夢見るはにわ?idthatidは共依存関係

岡口基一裁判官は分限裁判で「戒告処分」国民の不信感【否認】の最高裁

ツイッターの投稿を問題視され

裁判官の免官・懲戒に係る

分限裁判にかけられていた

東京高裁の

岡口基一裁判官について

最高裁判所大法廷は

 

10月17日

「戒告」の懲戒処分を決定しました。

 

争点となった裁判官のツイートについて

放置された犬を保護した人物が

飼い主から返還を求められた裁判の控訴審で

東京高裁が返還を認めたというニュースを紹介

「え?あなた?この犬を捨てたんでしょ?

3か月も放置しておきながら…」と投稿

東京高裁の林道晴長官が

当事者の感情を害したとして

懲戒を申し立てていた。

最高裁判所は

「表面的かつ一方的な情報や理解のみに基づき

予断をもって判断をするのではないかという疑念を

国民に与えた」等と判断

過去2回

ツイッターの投稿について厳重注意を受けていたことに触れ

「2度目の厳重注意を受けた際の

反省の弁にもかかわらず

わずか2か月余りが経過したばかりで

同種同様の行為を再び行ったことを問題しているものである」と

結論づけました。

 

「表面的かつ一方的な情報や理解のみに基づき

予断をもって判断をするのではないか」というのは

疑念ではなく

私のストーカー裁判でも証明された事実です。

裁判所に記録があり

誰でも閲覧できます。

Twitterをやめなさいといわれて

「はい」と従うようなヒラメで

「ヒラメ裁判官」の画像検索結果

ネット常識に欠ける0点

勘違いしてネットにウソを書き込んで

世界に拡散しても

名誉毀損にならない。

裁判官たちは

普通にとんでもなく世間知らずな判断をしていますよ。

 

サイバーストーカー裁判最高裁決定

最高裁に上告していましたが

棄却され

 

これで裁判は全て終了しましたので

とりいそぎ

お知らせいたします。

 

ネット上に

実名を書いての誹謗中傷

複数の関係先への怒鳴り込み

学会活動妨害

嫌がらせ裁判…

これらストーカーに典型的な行動は

すべて

民事で裁かれませんでした。

 

弁護士の先生に一任しても

裁判の終わりには

ストーカーに会わねばならないし

DV被害でも同じですね。

ボコボコにした等と馬鹿にされ続けるなど

楽なものではありませんでしたが

 

SNS連続送信は

すべて自分がなりすましたと認め

その他

駅弁祭りさんの実名を明かして大学に行くように支援したとか

(嘘みたいですがスクールカウンセラーです)

騒動の始まりから駅弁祭りさんを友人と呼び

怖がっているから関わるなと命令してきた。

いいね!してもいけないとか

駅弁祭りさんの人格を無視したような

所有物のような扱いは異様だと思った。

挙句の果ては無断で虚偽症例報告!

そういう嘘を平気でつくタイプなのだという実態が浮かび上がり

ネット上でもこんな調子でした。

かたちになってよかったです。

裁判をしないと知ることもなかった貴重な情報です。

 

裁判官にも驚愕しました。

まずは

和解を必死で勧めます。

 

この手の裁判の和解は悉く失敗しているのを知っているので

お断りすると

しぶしぶ判決を書いてくれたのですが…

敗訴判決を書いたが

(このままでは負けますよ!)

期日を延ばしてあげるから和解しなさいとまで!

 

問題の始まりは

SNS連続送信なのに

ブログ上にすべて残していますから

いつでも確認できます。

ネット事情がわからない裁判官は

その後に起こった画像騒動を始まりと誤審

私は

複数の名前をつかうストーカーを特定するために

ストーカーが使用していた画像を使用した。

削除してほしかった気持ちはわかるとか

いきなり「ドロボー」「著作権侵害」とまくし立てる一方

もっと使えとも言ったので

ストーカーのための口実だと思う。

勘違いして著作権侵害等と言っているだけとか

世界に発信されるんですよ、裁判官!

驚愕の内容でした。

 

高裁の裁判官は

書面を読むだけですから

ますます実態がわからないようで

 

ストーカーが

丁寧に質問しているのに(?)

わかりきった質問に

気味悪さを感じて

危機感から放置したのに。

アブナイ人だというカンは正しかったでしょ?

「邪魔くさい」と放置するとは!と揚げ足をとる始末…?

そんなに不適切な言葉ですか?

 

最高裁は

基本的に憲法違反でないと受けつけません。

最高裁の判例と違う場合は

最高裁の胸先三寸ですが

ネット問題なので

取り上げるかもと思ったのですが

門前払いとなりました。

 

別訴の学会妨害は

前に書きましたが

理事長が出てきて

妨害があり発表を阻止したと証言しないと

因果関係が明確にならないとの無茶振り?

一学徒の人生の危機を保護する意思ゼロの理事長に

そんなこと期待できません。

長いものには巻かれよを絵に描いたような御仁ですよ。

 

裁判は終了したので

場は法廷からどこかへ移り

ゆっくりと

第二幕の始まりです。

 

精神保健指定医不正取得の医師たちは各地の裁判所で仮処分申し立て中の無反省

精神保健指定医資格の

精神障害がある患者の

強制入院の要否を判定

不正取得に関わったとして

厚労省が

医師89人の資格を取り消した問題ですが

 

裁判所に仮処分申請という裏技をつかって

資格取り消し処分の無効と

業務停止処分の執行停止を主張

業務を行っている医師が28人いるそうです。

2カ月(2人)

1カ月(11人)

戒告(15人)

 

 

裁判を起こし

判決が出るまで待っていては

損害が甚大だから起こすのが

仮処分の申し立てですが

本当に裁判を起こす気があるのでしょうか。

 

倫理観のおかしい人たちの考えることは

似ているもので

 

 

嘘つき症例報告のサイバーストーカーも

 

ネット上でも酷い虚言ばかり…?

私に対して

無意味な仮処分を申し立てました。

わずかな訴訟費用を負担するだけで

被害者を裁判所に呼び出せるという

新種のストーカー手口

(前年は、少額訴訟制度悪用で呼び出し)

永遠に返還されない5万円の担保を収めてでも

嫌がらせの嘘つき勝利宣言がしたいのです。

起訴命令を申し立ててもいいけど

すぐに提訴しないと仮処分は無効に

関わりたくないでしょ?

 

みなさんならどうされますか?

 

ネットストーカーの蛮勇と 解離性障害 

昨日の

『ネットストーカーの虚言癖もトラウマに』

 

アメーバブログ

公式ハッシュ・タグランキング

解離性障害で

67位 /7585

でした。

 

要するに

どこから見ても

これこそが

THE 解離行動✨ ということなのでしょう。

 

『99.9-刑事専門弁護士』裁判官もだます悪い人たち

腹話術の好きな

解離遊び

元裁判官ですが

 

「99.9腹話術」の画像検索結果

 

フラッシュバックのように

何度も登場するこの画像から

 

「99.9元裁判...」の画像検索結果

 

冤罪事件でも起こしたトラウマで

裁判官をやめたのかと思いきや

 

なんと

逮捕されたからと言って

無実の自分の弟を

犯人と思い込み

親切ごかしで

弁護士として

執行猶予付きを狙った。

示談にし

前科をつけさせながら

気づかずにいたことが発覚します。

 

「99.9弟」の画像検索結果

世の中には悪い人たちがいて

この元裁判官みたいな

世間知らずな人を嗅ぎつけ利用しながら

嘘をついて

人を陥れようとしたりするのです。

 

 

誰も信じてくれないと絶望し

理不尽な現実を受け入れた弟さんは

PTSD発症リスクを負わされていましたが

 

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II

 

新事実が判明し

再審手続きに入ることになるようで

よかったです。

 

加害者を守るための

逮捕前弁護専門ではなく

隙間産業で

こういうところが増えている。

弟さんのような被害者を救う刑事専門弁護も

警察なみの調査と推理力が必要

必要な世の中だということを

 

脚本家はご存知なのでしょう。

安談サイバーストーカーidthatid(tlros)の虚言癖

蛮勇だらけのストーカーですが

安心させながら近づき豹変

 

 

1年前の虚言ぶりも酷かったですね。

 

どう読めば

こういう話になるのでしょう。

もう誰からも信用されてないから

言わせておけばよいって

話でもないですよ。

 

みなさま

お大事に✨

 

袴田さんにPTSD解離死刑判決を書いた元裁判官(81)謝罪

1966年に

静岡県で起きた

一家4人殺害事件で

死刑確定後

2014年3月の

静岡地裁の再審開始決定で

釈放された袴田巌さん(81)と

一審・静岡地裁で死刑判決を書いた

元裁判官の熊本典道さん(79)が

対面しました。

約50年ぶり

 

元裁判官は

無罪の心証を持ちながら死刑判決を書いたとして

朝日新聞などに

当時の経緯を実名で告白

再審開始を求める書面を

最高裁に提出していましたが

「(袴田さんに)会って謝りたい」と

希望していました。

 

袴田さんは

長年の拘禁生活の影響で

PTSD発症で

統合失調症のようになり

今は認知症のようになった。

精神を病んでいますから

罪深いことですが

 

反省できる人には救いがありますね。

 

 

 

前記事の行司のセクハラ引退と併せて

象徴的な出来事です。

 

私の裁判もまじめにやってほしいものです。

 

twitter悪用し中学生に性虐待の神奈川病院PTSD解離医師(40)逮捕

twitterで知り合った

中学2年女子生徒への

わいせつ行為で

国立病院機構神奈川病院などに勤務する

医師(40)が逮捕されました。

 

twitter上には

親切ごかしが多いですから

中学校でも

しっかりPTSD予防教育をしないとダメですね。

イマドキは

大学にも必要です。

でないと

加害者を出すと

倒壊大学になりますよ。

 

自殺幇助の被害はまれとしても

個人情報を公開されたりして

現役スクールカウンセラーでも

この調子ですよ。

問題をこじらせることが多いので

要注意です。

 

PTSD解離ネットストーカーidthatid(tlros)裁判で異例の判決文

ネットにウソばかり書き込んだり

職場に怒鳴り込んだりした件は

上告中ですが

ボコボコにしたと書かれました。

複数の学会に怪文書を送ったり

変な訴訟を起こしては取り下げた 別訴については

昨日

判決が出ました。

 

学会の理事長が

証人出廷し

提訴恫喝されて私に発表させなかったと

認めない限り

怪文書を送っていない学会では発表しているし

何の問題も指摘されていないので

状況証拠はバッチリなのに

被害は認められないとのことで

また負けてしまいました。

 

しかし

理不尽であっても

この事実が重要です。

ストーカー被害に遭遇中のみなさま

提訴予定のみなさま

こういうことに気をつけて

対応してくださいね。

 

そして

判決文に

珍しい文面がありましたので

紹介します。

 

 

何と

被告も

請求を却下されてるんです。

普通は口頭で行われます。

 

訴訟すら利用して

ストーカー行為をしていた証ですね。

私の書いたものや関係情報を得ようとして

裁判所にまで請求したのです。

 

 

 

法廷でも逆上するので

傍聴人は最後はゼロに?

裁判官も

怖かったのでしょう。