カテゴリー別アーカイブ: PTSD

連続強姦事件で保釈中に暴行のPTSD男にも「依存性」「解離」「認知の歪み」

連続強姦致傷事件で

懲役9年の実刑判決を受けて

控訴中に保釈され

その約2週間後に

再び女性に暴行した

無職男(27)に

東京地裁は

懲役4年6月(求刑・懲役7年)の判決を

言い渡しました。

 

裁判長は

「強姦致傷事件の控訴中に犯行に及んでおり

性犯罪に対する抵抗心が弱く

順法精神も低下している」と

述べています。

 

控訴中だった一審判決は確定したので

今回の判決が確定すると

合算されて執行されるそうですが

 

認知の歪みを伴う

解離性の依存症ですから

行動療法的な効果も期待できず

薬漬けにされそうな気がします。

 

PTSDはストレスに弱いので

同じ依存症でも

より軽めの摂食障害ですら

病院でも刑務所みたいと感じるようですから。

 

 

 

子どもの頃から

ちょっとした心身の不調が見逃されず

安易に薬などで

対症療法的に片づけられるのでもなく

 

 

正しくケアされることが大事ですね。

 

PTSD予防教育は

未来の被害者を救うこともできるのです。

 

中森明菜の摂食障害(七味唐辛子依存症)もPTSD原理で解明

トラウマエピソードは

(松田聖子にはない

昭和のアイドルの聖痕)

ネットを少し読めば明らかなので

PTSDでしょうが

 

唐辛子依存症については

前記事にヒントがあるかもしれないと思いました。

 

要するに

無意識的に

烏の真似をしているわけです。

 

象徴が使えているのですが

ユング心理学で中途半端に解釈すると

 

 

雅子さまの被害のように

適応障害とかわがままとか

発達障害ということになってしまい

 

薬物療法や

行動療法を受けても

限界があるみたいです。

 

拒食症患者さんの証言も多いですよ。

こんな方法で治るはずがないです。

 

「中森明菜唐辛子」の画像検索結果

 

痩せると

整形みたいに

みな似てきますね。

キャプチャ

 

「鈴木その子」の画像検索結果

 

息子さんが拒食症で亡くなり

その悲しみのPTSD予防中に

克服法を考え

広告塔になるために

(目立たないと聞いてもらえませんから)

滅私の覚悟で

白塗りスタイルを選択されたそうです。

 

それとは別に

 

「愛子美智子」の画像検索結果

 

見かけではない部分で

(原理的に)

似てくる場合もありますね。

 

「DSM」の画像検索結果「DSM」の画像検索結果

 

DSMより

科学的な思考法があります。

 

「野生の思考」の画像検索結果「無分別智」の画像検索結果

 

はなわの新曲『お義父さん♪』PTSDで「天然ボケ」になった事例を歌に

お笑い芸人のはなわ(40)が

4日に

YouTubeに投稿した

動画『お義父さん』が

感動を呼ぶと話題となっているそうです。

私も昨日

教えてもらって聴きました。

 

奥さんの天然ボケを

温かく笑っているのかと思いましたら

どうして

天然ボケになったか

その理由が

なんとその原因を作ったお義父さんに向けて

やさしく語りかけられます。

 

実話だそうですから

これは1つのPTSD克服症例ですね。

 

 

原因をつくった人を

許すとか許さないとかいう話はよくありますが

すべてはすでに解決していることを

見守った人たちが伝えるスタイルが

斬新だと思います。

 

PTSD薬物治療は自己責任でと『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』紅子さんも

「銭天堂」の画像検索結果

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」のお店は

悩みをかかえる

選ばれた人ではないとたどりつけない

ちょっと変わった駄菓子屋です」

 

悩みは

自己実現のパスポートですからね。

 

店主の紅子さんが

「その人の悩みにあった

「銭天堂」の画像検索結果

 

ぴったりの駄菓子をみつけてくれる」そうで

例えば

しわで悩んでいる女性には

食べるとしわがなくなる「しわとり梅干し」

長男でいることに疲れた男の子には

兄弟の順番を入れ替えられる「兄弟だんご」。

ところが

食べたら万事解決!」とは問屋が卸さず

 

注意書きをしっかり読まないと

大変なことになるそうです。

 

「わらうせえるす...」の画像検索結果

 

 

笑うせえるすまんの

おばあさん版みたいなものでしょうか。

 

 

PTSD症状なんかも

簡単になんとかしようと

甘く見ていると

「カリスマボンボンを食べた美容師」みたいな

(実力もないのにカリスマ美容師になって・・・💦)

精神科医に

地獄を見せられますよ。

 

このお話は

ネット上に転がっている実話を超えた

フィクションなので

リアリティが感じられ

人気があるのでしょうね。

 

 

南スーダンPKOの隊員20名に「PTSD予防のためのケアが必要」と防衛省

政府が撤収を決めた

南スーダン国連平和維持活動(PKO)では

現地で悲惨な場面を目撃し

 

 

心的外傷後ストレス障害(PTSD)発症へのケアが

必要になった隊員が

約20人いたことを

防衛省は認めました。

 

 

防衛省が開示した日報は

黒塗りが多く

「TK」=戦車

「200」=200メートル等と略されており

 

おそらくは

裁判員裁判で裁判員が

PTSD反応を起こすような

読むに耐えない生々しいものではないかと

推測されます。

 

 

組織全体が過度のストレスに巻き込まれてしまった場合に

誰かを「スケープゴート」にして

乗り切ろうとすることは避けるべきであると

集団ヒステリーの危険性まで言及されるほどの

 

尋常ではない危機的ストレス状況に

身をおいていたのだという事実が

帰還後

なかなか家族に理解されないことからくるすれ違いも

深い孤独等かなりのストレスとなるものなので

 

いろんなストレスが重なり合って

 

「夜中に何度も起きたり

店のレジに並んで

じっとしていられなかったりするなどの症状があったら

相談してほしい」と

呼びかけられています。

 

家族になかなか理解されないのは

学校でいじめにあっている子たちが

(スケープゴートとしていじめられている)

「のびたとジャイ...」の画像検索結果

 

そのつらさに気づかれず

全く共感されず

(なんだかわからないフツーの子が増えてるんですよという論調)

 

勉強どころではない現実なのですが

ちょっと不適応を起こすと

発達障害扱いされたりしているのが現状なので

 

「お父さん

自衛隊員なのに

何甘えたこと言ってんだよ」

「さっさと病院行って治せよ」という風に

受け取られているからなのでしょう。

 

PTSD予防教育を徹底すれば

みんなが正しく理解しあえて

家庭も学校も円満になりますよ。

 

キーワードは

「PTSD」です。

 

福島原発に関する中傷で東電社員のPTSD予防が大切と順天堂大

福島第一

第二原子力発電所で

事故後も働く

東京電力社員が

中傷や批判に晒された

心の傷は

(トラウマはPTSD発症リスク)

 

 

津波や知人を亡くした被災体験よりも

根強く残るとする分析結果を

順天堂大学などのチームが

まとめ

英医学誌に発表しました。

 

長期にわたるこころのケアが必要とのことですが

この国の

PTSD予防や治療は

充分でしょうか?

 

小諸市動物園でもライオンにかまれた女性飼育係(22)重傷でPTSD予防中

午前9時35分ごろ

長野県小諸市丁の

小諸市動物園で

臨時職員の女性(22)が

園内で飼育しているライオン(雌、15歳)のおりを

1人で清掃中に

咬まれて重傷です。

 

先月23日にも

千葉県成田市の

湘南動物プロダクションで

飼育員の男女2人が

咬まれてますね。

 

死の恐怖を感じた

こころの手当も

お大事に✨

 

「ポーの一族」の画像検索結果

 

ポーの一族になっちゃうよ。

 

この場合

無意識的には

ライオン=吸血鬼です。

 

負の連鎖を断ち切るのは

光(自覚)ですね。

 

「足立区放火」で逮捕されたのは地元の消防団員(PTSDの放火依存症)

先月19日

東京・足立区の住宅で

落ち葉に灯油をまき

火を付けたのは

34歳の地元消防団員で

「他にも数件やった」とのことですが

 

消防団長は

勤務実態について

「真面目で

これまで不祥事はなかった」などと説明しています。

 

 

解離性同一性障害

多重人格という名の

PTSDですね。

 

時々

解離して

放火することで

幼児的万能感を満たさずにはおれなかった

依存症です。

 

 

匿名をよいことに

(教育委員会に

スクールカウンセラーと知られたら困る)

 

ネット上で名誉毀損という名の

落書きをするサイバーストーカーと同じ

心理です。

 

修明高校で職員切りつけの高2男子は発達障害なのかフクシマ放射能PTSDなのか

午前9時ごろ

福島県棚倉町の

県立修明高校の廊下で

2年生の男子生徒が

40代の男性職員を切りつけましたが

 

「金槌」の画像検索結果

金槌も持っていたようですから

ついかっとなってというような

短絡的なものではなく

一方的で歪んだ思い込みによる

ストーカー的な犯行のようです。

 

 

職員は頭部から出血

生徒も手を負傷しているそうですが

2人とも命に別条はないとのことです。

 

 

 

 

こんな心理学では解けない

 

PTSD解離事件です。

 

 

生徒たちを臨時下校させたとのことですが

こころのケアはあるのでしょうか。

PTSD解離事件と知らねば

予防もできません。

 

『かぐや姫の物語』小保方晴子さんの拒食とうつ(PTSD)にも「罪と罰」のマスコミ

婦人公論での

連載「小保方晴子日記」の

 

 

第一回目で

うつとPTSDで治療中であるが

「今は栄養療法による治療に取り組んでいる。

この一カ月で食事もかなり食べられるようになって

一日中寝込むこともなくなった」と

書かれましたが

 

第2回目で

理研退職直後の

2014年の大晦日頃

自宅を飛び出し

旅館に潜伏していた時の心境について

 

「この部屋にこのままいたら間違いなく死んでしまう

(中略)どこかに行かなければいけないと思う」と

 

死の恐怖について回想されています。

 

大変な状況のなかでも

日記等で記録し

それをあとで読み返したり

人に聴いてもらったりすることは

とても大事なこころの作業だと思います。

 

 

順調だった研究が

否定され

生命も脅かされている状態ですから

気持ちが落ち込んだり

食べられなくなったりすることは普通に起こります。

 

回復の過程で

料理のことを書くようになるのは

自然なことだと思うのですが

 

Yahoo!ニュースなどは

医療ガバナンス研究所の上昌広理事長の

「STAPのことには触れず

自身の周りや食べ物の話を書いています。

おそらく彼女には

我々には計り知れない自尊心

自己顕示欲があるのでしょう。

だから

あの事件を引き起こしたのだと

読んで分かりました」との言葉でまとめてしまいます。

 

拒食症には世間は厳しいものですね。

 

骨折した人に

早くオリンピックに出ろと言っているようなものなのに

なぜわからないのでしょう⁉と思いますが

 

 

仏性として自己実現しようとする存在だからでしょうね。

 

 

ジブリが

「罪と罰」と掲げた意味がわかりました。

 

闘病中の方々は

これらの現実を知りつつ

負けずにがんばりましょう✨