カテゴリー別アーカイブ: PTSD

『アサイラム』戦争PTSDの精神科医から負の連鎖してわけがわからなくなった精神病院

「アサイラム」の画像検索結果

 

 オックスフォード大学の

精神科講義で

教授が

本物のヒステリー女性イライザを登場させて

DVの後遺症で

少し身体に触れられただけで

硬直し震えだす。

説明するところから物語が始まります。

大変な倫理違反ですが

現在は

かたちを変えて行われているような…。

精神科医エドワードは

山奥にある精神病院に実習に行きますが

 

院長は実は精神病患者で

本物の院長やスタッフに毒を盛り

本物の院長の治療も

ロボトミーや頭蓋骨に穴を開ける方法で

人道的に問題があった。

地下の牢屋に閉じ込め

電気ショックで廃人にし

「お前は患者だ」と洗脳し

おとなしくさせたりしているのがすぐわかります。

 

ニセ院長に従っているフリをしながら

人々を助ける方法を考えているうちに

ニセ院長の診療記録を見つけ

元軍医であり

野戦病院で

傷に苦しむ5人の兵士を見かねて銃殺し

自分は自殺しそこなった罪悪感でこころを病んで

この病院につれて来られたのだと知りました。

 

秘密を知りすぎ

殺害されそうになりますが

婦長から

患者だと思って癒やしなさいと教えられていたので

 

殺害した兵隊の写真を見て動揺し

過去の記憶がフラッシュバックし

すっかり正気を失っているニセ院長を抱きしめ

「忘れるんだ。戦争は終わったんだ」と言います。

 

「マッドサイエン...」の画像検索結果「電気ショック ...」の画像検索結果

 「マッドサイエン...」の画像検索結果「マッドサイエン...」の画像検索結果

 

これだけでも

1つの物語になりますが

オチを知りたくない人は

以下を読まないほうがいいです?

 

実は

精神科医エドワードもまた

冒頭のオックスフォード大学の講義で

見世物にされていた患者で

イライザに一瞬で恋をし

 

エドワード教授になりすまして

山奥の病院に潜り込み

人々を助けるふりをしながら

最後は皆に毒を盛ろうとした。

イライザとともに

病院を脱走したというオチでした。

 

原作は江戸川乱歩だそうで

なんとなく現実にもありそうな

さすがの展開ですね。

 

『 健康で文化的な最低限度の生活』父親からの性的虐待でPTSDと診断され専門治療へ

「健康で文化的な...」の画像検索結果

前話の終わりで

父親から逃亡する途中

人身事故?と騒動になった青年は

 

実際は

ホームで倒れたのですが

錯乱していたので

現実のネットニュースでは

お客さま救護のため遅延となるのかも

精神科閉鎖病棟に入院となり

自殺前は考えないこと①

「身体拘束 イラ...」の画像検索結果

拘束され

自殺前は考えないこと②

眠っていましたが

 

起きた頃に

看護師が

おむつ交換しようとすると

自殺前は考えないこと③

暴れだしたことから

 

8歳から中学卒業まで

父親から性的虐待を受けていたことが判明します。

 

父親は

ケースワーカーからもらった名刺を悪用して

PTSDに理解がないので

青年が嫌がるのに

お役所仕事で連絡してしまった。

病院をつきとめ

ケースワーカーになりすまして

個室に侵入しようとしましたが

ここまでくると

ストーカーと変わりません。

「健康で文化的な...」の画像検索結果

 

役所の機転で阻止され

ここからは

現実にはありえない

幸福な展開❤

青年は

PTSDと診断され

PTSD専門の治療を受けることになりました。

 

つらい作業かもしれないが

役所が生活を守り

父親には居所を教えない。

バックアップするとのことなので

生活費を支給し自立を支援

暴露法かもしれませんね。

 

「暴露法」の画像検索結果

別名「虐待法」

トラウマの再演なので

「暴露法PTSD脱線...」の画像検索結果

方法論的に疑問視されている。

 

ケースワーカーというのも

本来はこういう仕事をするはずのもので

 

その調査の上で

精神病なら精神科医が

PTSDなら心理職が

対応する仕組みだったことを思い出しました。

 

 

『 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』漏れ鍋の亭主 交通事故でPTSD発症リスク

コメディアンで

ミュージシャンの

ジム・タバレ(54)氏は

 

「漏れ鍋」の画像検索結果「漏れ鍋の亭主」の画像検索結果

魔法界につながるパブ

確かに

飲みすぎると魔界が開きます?

「ハリー・ポッタ...」の画像検索結果

 

正面衝突事故に遭い

日本では

逆走事故が増加で問題に

「逆走」の画像検索結果

 

高齢者は

人生を振り返るうちに

「漏れ鍋」の画像検索結果

漏れ鍋に迷い込むのかも

肋骨15本や

胸骨、首の骨を折り

肺がつぶれるなどの大けがを負ったそうです。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

これは

PTSD発症リスクになりますね。

 

愛知県精神医療センター向精神薬盗んで服用の警備員の診断名はADHD?

名古屋市にある

愛知県精神医療センターの

警備員が

当直勤務中の深夜や未明に

薬剤保管庫に

自分が管理している電子キーを使って侵入し

21品目3794錠の

向精神薬などを盗みました。

 

「愛知県精神医療...」の画像検索結果

「自分で飲むために盗んだ」そうです。

 

向精神薬も依存症になると

麻薬患者同様

一番してはいけないことをするようになるようですが

警備員が窃盗

職権乱用もこの世界では流行中ですから

無意識のうちにマネたのでしょう。

 

こういうのは

言わずと知れたPTSDですね。

 

 

フロイトの時代にヒステリーと呼ばれたもので

予防も治療も可能です。

 

アメリカで整備士(29)が旅客機盗んでPTSD解離性墜落自殺

ワシントン州の

シアトル・タコマ国際空港

(Seattle-Tacoma International Airport)で

10日

航空会社の従業員が

航空機を盗み

墜落させました。

 

テロ行為の可能性も払拭できない段階で

F15戦闘機2機が緊急発進

 

PTSDは真似る病です。

「ドイツ航空機事...」の画像検索結果「ドイツ航空機パ...」の画像検索結果

うつ病誤診で

自殺するために飛行機を墜落させたパイロット

 

日本では

人身事故を真似ます。

 

PTSD予防で負の連鎖を予防しましょう。

 

安田純平さん死の恐怖から自殺未遂3回PTSD発症リスク

3年前から

シリアの武装組織に拘束されている

フリージャーナリストの

安田純平さんは

「精神的にかなり追い詰められている」ようです。

 

精神的に疲弊などという

生ぬるいものではなく

死の恐怖でしょう。

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

自殺未遂も3回という

耐えがたい恐怖です。

 

自業自得等と批判するのは

 

「イラク人質事件」の画像検索結果

このときから世論は成長していない。

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果「この世界の片隅...」の画像検索結果

海を見ながら絵を書いていたら

スパイ行為でもしているかのように怒鳴られる。

『この世界の片隅に』の時代の

憲兵みたいな時代錯誤だと思いますよ。

 

公認心理師の日本国は安田純平さんのPTSD発症リスクを救えるか

3年前から

シリアで行方不明になっている

フリージャーナリストの

安田純平さんが

 

一転して

 今年7月6日には

「私は純平です。私は元気です。

ここでの扱いは良いので

私は元気にしています」

「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください

助けを求めています。

 

菅官房長官は

解放に向けて全力で取り組む考えを示しましたが

後手後手すぎる?

 

「イスラム国日本...」の画像検索結果

 

T4首相の動きには要注意でしょう。

心理学を知らなさすぎで

公認心理師が国家資格になっても

おかしいと思わない。

 

銃を持った2人の人物に挟まれていて

「PTSD予防」の画像検索結果

PTSD発症リスクにさらされていることくらいは

酔った警官に銃を向けられ

帰国後

大学中退し

統合失調症と誤診され

子どもまで発達障害と誤診された

(情緒不安定のシングルファーザーなので)

ブロガーさんもいた。

わかってほしいものです。