柔道整復術&白隠禅師のナンソの法&PTSDの自力克服

柔道してると
怪我が多い
怪我を恐れていては
柔道ができない
それで柔道整復術
生まれた。

座禅は
狂気を取り戻すものだから
危険である。
しかし人間存在が
そもそも危険なのだから
(ニーチェ)
狂気を取り戻したうえで
その先に突き抜ける
必要がある。
禅病という名の
ノイローゼ
(存在の哲学と言ってほしいニコニコ
がある。

白隠禅師は禅病になり
ナンソの法で乗り越えた。

頭の上にナンソという架空のクリームを乗せる
この上もなくよい香りのするクリームが
自分の体温で溶け出して
全身よい香りに包まれる。

という瞑想法。

「お坊さんなのに
座禅じゃなくていいんですかぁ
道元は座ればいい。
勉強なんかすんな!って
言ってますよ!」

そういう野暮なことは言わないのむっ

前置きが長くなりましたが
言いたいのは…

PTSDに罹患したら
ありとあらゆる手を使って
自力で治し
後進
(人類がよほど進化しないと
いじめや虐待・無理解は無くなりませんから)の
助けとなる仕事を
自分ができる範囲で
することで

地球人と
なれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です