宮崎駿監督「児童文学はこころのつっかえ棒』

PTSD研究家翠雨の日記

監督は
児童文学が生きるうえで
「ずいぶんつっかえ棒になってくれた」と
書いてます。
 
「まじめに努力し続ければ
なんとかなるんだとかね。

もう解きほぐせないような
関係が                ←あきらめ
ひょっとしたら
緩やかにほどけて           ←予想外の展開
また
結ばれていくのかも知れないと   ←新しい関係
いうような終わり方がある」

                        ↑
                      東洋の三段活用 
iPadには辛口で

「知識をおもちゃにするだけだ。
動く辞書としてしか役に立たない。
僕らの仕事で一番知りたいことって
本に出ていない。
想像力を働かせるしかないんですよ

うつ病だ
新型うつ病だ
バイポーラだ
発達障害だ
ADHDだって
言葉をおもちゃにするような
専門家は相手にしないで

PTSDと見抜き
想像力を働かせながら
自力でなんとかしなきゃね。

童心にかえって
好きだった      ←これ思い出してください。
            ヒントになります。
児童文学を読みながら

あきらめないで
考え続ける。

それが秘訣ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です